2019年の台風19号で、12年ぶりに水門を閉じた岩淵水門

2019年10月、千曲川や阿武隈川などの氾濫を引き起こした台風19号。長野県や福島県、宮城県をはじめ、各地に大きな被害をもたらしたことを覚えている人も少なくないだろう。その台風19号が東京に接近した際に、12年ぶりに水門を閉鎖したのが岩淵水門だ。荒川と隅田川の分岐点に設けられている水門は、ふだんは開放されているが、降雨などによって荒川の水位がA.P.+4m※に達すると、水門を閉じて隅田川に流れ込む水を止め、墨田川を氾濫から守るようになっている。
※A.P.は荒川の基準水準面(Arakawa Peilの略)

「台風19号では荒川の最高水位はA.P.+7.17mを記録しました。これは隅田川の堤防を27cm超える高さなので、もし、岩淵水門を閉じていなかったら、氾濫していたかもしれません」と、当時の緊迫した状況を振り返るのは、荒川下流の管理を担当している国土交通省荒川下流河川事務所地域連携課の藤原健治氏だ。岩淵水門を閉鎖したおかげで、隅田川の水位は次第に下がって事なきを得た。荒川と隅田川の水位の差は荒川水位がピーク時にA.P.+5.55mにもなった。なぜ荒川が洪水に強く、どうして隅田川を守る必要があるのか。その理由を知るには、江戸時代までさかのぼる必要がある。

荒川の水位と隅田川の堤防高(岩淵水門付近)<br>隅田川の堤防は荒川の堤防より5m以上低く、岩淵水門で守る必要性がよくわかる<br>「令和元年10月台風第19号による 荒川下流管内の出水状況などについて」 荒川下流河川事務所資料より荒川の水位と隅田川の堤防高(岩淵水門付近)
隅田川の堤防は荒川の堤防より5m以上低く、岩淵水門で守る必要性がよくわかる
「令和元年10月台風第19号による 荒川下流管内の出水状況などについて」 荒川下流河川事務所資料より

明治時代の荒川の氾濫から生まれた荒川放水路と岩淵水門

上/水門が赤いことから「赤水門」の名がついている初代の岩淵水門<br>
下/初代水門の下流側に設けられた二代目の岩淵水門。「青水門」と呼ばれている上/水門が赤いことから「赤水門」の名がついている初代の岩淵水門
下/初代水門の下流側に設けられた二代目の岩淵水門。「青水門」と呼ばれている

江戸時代から昭和のはじめまでは、隅田川が荒川だった。つまり岩淵水門から下流の荒川は、当時は存在しなかったのだ。江戸時代の隅田川は水運を担う重要な存在だったが、氾濫することも少なくなかった。徳川幕府も堤を築くなどの治水対策はしていたが、氾濫を防ぐことは難しかったようだ。明治時代に入っても隅田川はたびたび氾濫し、特に1910年の氾濫では、流域の広い地域が甚大な被害を受けた。この氾濫を契機に荒川の抜本的な改修が計画され、始まったのが現在の荒川下流部である荒川放水路の建設だ。隅田川に流れ込む水の量を減らすために、約22kmの人工河川をつくるという計画で、当時としては一大土木事業だった。完成は1930年。着工から約20年後のことだった。

岩淵水門も改修計画に基づいて1916年から建設が始まり、8年後の1924年に完成した。戦後の1970年代になって荒川の治水計画が改定され、堤防を高くすることになったが、岩淵水門の高さが足りないことや、設備が老朽化したことなどから、新たな水門を建設することになった。それが1982年に完成した現在の岩淵水門で、二代目ということになる。ちなみに初代の水門は「赤水門」、二代目は「青水門」と呼ばれ、「赤水門」は東京都の歴史的建造物に選定されている。

荒川と隅田川、岩淵水門を知るなら「荒川知水資料館アモア」へ

荒川知水資料館アモアの1階は「荒川の自然環境」、2階は「荒川の治水」に関連した情報が展示されていて、3階は地域交流などのスペースになっている荒川知水資料館アモアの1階は「荒川の自然環境」、2階は「荒川の治水」に関連した情報が展示されていて、3階は地域交流などのスペースになっている

「川幅が広く直線的な荒川放水路に対して、隅田川は川幅が狭く曲がりくねっています。どちらが洪水に強いかは、地図を見るとよく理解できますよ」と藤原氏。また、隅田川の流域はもともと低地が多いうえに、明治から昭和の高度経済成長期まで、さかんに地下水を汲み上げために地盤沈下が進み、「今も洪水や高潮などに対する危険性が高いエリアといえます」と指摘する。

こうした荒川や隅田川の歴史、流域の特徴、岩淵水門の概要、治水対策や水害リスクなどについての資料、さらには流域の自然環境などに関する情報を、わかりやすく展示しているのが、岩淵水門の近くにある「荒川知水資料館」、通称「アモア」だ。

荒川知水資料館の開館は1998年。荒川下流河川事務所と東京都北区が運営にあたっている。入館は無料だが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、当面は事前予約制となっていて、開館時間も短縮されている。入館にあたってはマスクの着用も必要だ。事前予約の方法などについては、荒川下流河川事務所のホームページにある荒川知水資料館アモアのページを見てほしい。

洪水ハザードマップをもとに、安全な場所へ早めの避難を!

現在の荒川や隅田川の治水対策について、同事務所の副所長である辻勝浩氏は「堤防や水門を設けるだけでなく、さまざまな対策を組み合わせた複合的なものになっています」と説明する。埼玉県にある荒川第一調節池も、その複合的な対策のひとつ。ふだんは水辺の公園として利用されているが、荒川が増水したときには、貯水池である「彩湖」を中心に、4000万m3近くの水を貯める仕組みになっている。台風19号でも約3500万m3の水を貯め、下流の洪水防止に貢献した。さらに上流部には治水のためのダムも設けている。

「ハード面での治水対策は重要ですが、それだけで洪水被害を防ぐことができるとは考えていません。早めの避難を呼びかけたり、避難に関する情報を伝えたり、河川の状況やデータを自治体やマスコミに提供したりするソフト面での対策がより重要です」と辻氏。「令和2年7月豪雨」でも、対策を施していたにもかかわらず熊本県の球磨川が氾濫した。最近では、2015年の「関東・東北豪雨」、2017年の「九州北部豪雨」、2018年の「西日本豪雨」と、毎年のように豪雨による河川の氾濫と、それに伴う大きな被害が発生している。辻氏は「豪雨災害は、もはや特異なものではなくなってしまいました」と言い、堤防は決壊する可能性があることを常に考えた上で、避難などの行動をとってほしいと呼びかけている。

避難を考えるうえで、辻氏が参考にすることを勧めているのが、自治体などが公表している浸水のハザードマップだ。「これまでの浸水被害は、ほぼハザードマップどおりになっていることが多く、正確といえます」と話し、地震と違って浸水被害は、ある程度予測することができるので、ハザードマップをもとに、早めに安全な場所に避難することが大切と強調している。

荒川知水資料館アモア荒川知水資料館アモア

2020年 08月13日 11時05分