成功事例として注目を浴びる出雲大社「神門通り」

2013年に遷宮を行った出雲大社。出雲大社に通じる参詣道「神門通り」も多くの人で賑わいをみせた。しかしこの参詣道は、数年前まで出店舗も少なく、人通りもまばらな閑散とした通りでしかなかった。それが、現在の神門通りは店舗も増え、人の往来も格段に増えている。

その変遷は、神門通りへの出店が2006年に22件であったものが、現在では72件。出雲大社周辺に訪れる人の数も、2011年247万人から2013年には800万人を超えていることからも分かる。もちろん2013年が遷宮年であったことも大きいが、2014年度もさほど数字の落ち込みがないことからも、賑わいを維持していると言えるだろう。

往来の少ない寂しい印象の参詣道が、いまや様変わりをして日々観光客の往来が絶えない賑わいのある街並みへと復活した。もちろんその影には、行政と地元住民あげての様々な取り組みがある。今回は、成功事例として他県からも注目される出雲大社神門通り再生について、出雲市 まちづくり推進課に話を聞いた。

数年前まで、神門通りは店舗も少なく、観光客の往来もまばらだった。それが現在では賑わいのある街並みに。2009年の神門通りの風景(左上)と現在の店舗が並ぶ様子(右上)、特にGWは見事な賑わいをみせる。2013年GWの通り(下)数年前まで、神門通りは店舗も少なく、観光客の往来もまばらだった。それが現在では賑わいのある街並みに。2009年の神門通りの風景(左上)と現在の店舗が並ぶ様子(右上)、特にGWは見事な賑わいをみせる。2013年GWの通り(下)

100年前から賑わっていた参詣道も、車社会の到来で人通りもまばらに

今回お話をうかがった出雲市 都市建設部 まちづくり推進課 大社門前町整備室 室長北脇正巳氏(左)、同市 都市建設部 建築住宅課 濱村里美氏(右)今回お話をうかがった出雲市 都市建設部 まちづくり推進課 大社門前町整備室 室長北脇正巳氏(左)、同市 都市建設部 建築住宅課 濱村里美氏(右)

10月は「神無月」と呼ばれるが、ここ出雲では「神在月」となる。10月には日本の神々が「出雲大社」に集まると言われているからだ。古より、日本の社寺の中でも特別視されてきた「出雲大社」。しかし、その参詣道を見るとつい数年前まで、人通りも少なく、寂しさを感じる通りになっていた。

筆者も、2011年に一度、出雲大社を訪れたことがあるが、参詣道の印象は正直あまり残っていない。店舗もまばら、数点の土産物屋があったように記憶しているが、特に店の中に入ることもなく通り過ぎた。参拝ついでに蕎麦屋で食事をした記憶があるが、それもメインの参詣道「神門通り」ではなく大社の横道にそれた店に入ったと思う。

かつての記憶を話すと、「その当時はまだ神門通りの再生が始まったばかり、寂しい印象というのは当然だったと思います」と出雲市 都市建設部 まちづくり推進課 大社門前町整備室 室長北脇正巳氏は話す。

「出雲大社の参詣道『神門通り』は今から約100年前の1912年の国鉄大社駅の開業を受けて翌年に整備されました。当時は参拝客で賑わっていたのですが、1960年代になり車社会が到来すると、参詣道を車で通過して参拝する形に動線が変わっていきました。1990年にJR大社線が廃止になったこともあり、2009年頃の神門通りは、ほとんど人の往来がない閑散とした状況になっていたのです」(北脇氏)

そこで、出雲市では県と地元も一体となり、この神門通りにかつての賑わいを取り戻す再生事業に取り組むことになる。道路幅員の見直しや、石畳化、電線の地中化のほか、沿道の街並みの景観づくりを進めたという。

地元の商店街や住民の取り組みを行政が助成でバックアップ

修景助成を利用して、外観のお化粧直しをした建物修景助成を利用して、外観のお化粧直しをした建物

出雲市 都市建設部 建築住宅課 濱村里美氏は、具体的な取り組みについて次のように説明する。

「神門通りの道づくりは、観光客はもちろんのこと地元の方々にも将来にわたって愛される道となるように、ワークショップなどを通し住民の方々と協働で検討を進めてきました。ワークショップは、2010年7月から複数回開催し、沿道の住民を中心に公募の方を含めて約30名が参加しています。そのほか専門家として公共事業における市民合意のあり方に詳しい東京工業大学の桑子敏雄教授、交通アドバイザーとして岡山大学の橋本成仁准教授、街並みデザインのアドバイザーには近畿大学の脇田祥尚教授の方々に協力をいただきました」

そこで意見がなされたのが、景観統一や歩車共存道路の必要性だったという。

「ワークショップが行われた2010年当時は、神門通りには22件の店舗がありましたが、景観はバラバラでした。高さや、壁面の材料、色彩なども十人十色、看板なども次から次へと大きく目立つようになっている状態。出雲大社の参詣道として、風格のある街並みとは呼べるものではありませんでした」(北脇氏)

そのためワークショップでは、専門家も踏まえて街並みの景観形成のルールづくりが進められた。例えば看板は大きさ・色合いに制限を設け、外壁は漆喰・板張りなどの和風仕上げで色彩も統一、空調の室外機などの建築設備は木製格子で覆うなど、そのほかにもいくつもの項目で門前通りにふさわしい和風建築のデザインが自主規制として取り決められた。

「市では、それを修景助成事業としてバックアップしました。神門通りの沿道を中心に2011年から2020年の10年間、店舗や住宅外観の修繕費用において対象経費の2/3(200万円を限度)を助成しています。これまでの実績としては22件が助成の対象となっています」(濱村氏)

そのほか、出雲市では空き店舗への出店助成制度があり、出店に必要な家賃の2/3(月額10万円が上限)が2年間にわたって支給される。

「こうした制度もあり、現在、神門通りの店舗数は修景助成をはじめた2011年の40店舗から現在では72店舗まで増え、いまではほぼ空店舗はなくなっている状況です」(北脇氏)

賑わいのある街並み復活させた、地元と行政のきめ細やかな取り組み

街並みの景観にアクセントとなる日よけ暖簾。各店で個性を出すが、大きさなどは統一のルールがある街並みの景観にアクセントとなる日よけ暖簾。各店で個性を出すが、大きさなどは統一のルールがある

実際に、神門通りを歩いてみるとズラリとお土産店や飲食店が並び活気に溢れている。どの店舗も木製格子や漆喰の壁で落ち着いた表情を見せ、思わず1軒1軒覗いてみたくなる装いだ。通りにはスターバックスなどのチェーン店もあるが、通常の都会的な外観ではなく、街並みに馴染んだ和風建築の店舗になっている。これも、景観形成のルールに準拠して外装を行っているという。

「そのほかにも、地元の自主的な動きとして、街並み形成のための「日よけ暖簾」の統一設置やにぎわい形成にむけた「置座」の設置など細部に気を配っています。日よけ暖簾は、色やデザインは各店舗個性を持ってつくっていますが、サイズが統一されているため、街並みとして一体感が出ています」(北脇氏)

出雲大社を背に神門通りを見渡すと、下り坂になっていることからもよく通りが見渡せる。昔ながらの風情にスッキリとした印象だ。各店舗の統一的な景観によるところも確かに大きいのだが、それだけではなさそうだ。

「神門通りでは、電柱を廃止し、電線の地中化工事を進めています。また、道路の幅員についても、それまで車道が7.0m、歩行空間が両脇に2.5mずつでしたが、これを車道5.0mに、歩行空間をそれぞれ3.5mに広げています。しかも、道路としてはワークショップで検討されたシェアド・スペースを採用しています。シェアド・スペースとは、歩行者と自動車を分離する段差などの構造をやめ、双方の安全意識を高め、人と車が空間を共有する整備手法です。車道の中央線も取りやめ、車道を狭くしていることで自然に車の速度低減が図れ、歩行者が歩きやすい道になりました。1つ課題として、大型車同士のすれ違い時の歩道へのはみ出しが懸念されましたが、その点は、観光バスに関して北進方向への一方通行に自主規制してもらうなど解決策を図っています」(北脇氏)

このほか、神門通りのシンボルとして大正時代に寄贈された松並木があるが、松の根元にはリサイクル木炭を活用し、玉砂利を敷き詰めるなど雨水が浸透しやすい配慮もされている。こうした見えないところでもきめ細やかな配慮がなされ、門前の古き良き時代の景観を造り上げている。

住民アンケートでも高い評価

1990年に廃止になったJRの旧大社駅駅舎。現存する駅舎は1912年(明治45年)開業当時のものを1924年に改築したもの。宮殿造りの建造美を誇り、2015年正月に放映されたドラマ『オリエント急行殺人事件』のロケでも使用された。こうした古い建造物とマッチする「神門通り」は、歩いているだけで楽しい1990年に廃止になったJRの旧大社駅駅舎。現存する駅舎は1912年(明治45年)開業当時のものを1924年に改築したもの。宮殿造りの建造美を誇り、2015年正月に放映されたドラマ『オリエント急行殺人事件』のロケでも使用された。こうした古い建造物とマッチする「神門通り」は、歩いているだけで楽しい

住民アンケートでも、こうした、行政と地元が一体となった数々の取り組みは高く評価されているという。神門通りの「歩行環境満足度調査」では、“通りの魅力”について2005年には、「満足している」と回答した人は全体の3.7%に過ぎなかったが、2013年には67.6%まで向上、“イベントなどの通りの賑やかさ”についても「満足している」と回答した人が、2005年の14.1%から2013年には52.0%まで向上するなど高く評価されている。

「神門通りの再生については、本当に行政と地元の歯車がうまく噛み合った好例だと思います。ワークショップをはじめ地元住民の声を聞き、市政としてバックアップできたことなどが神門通りの賑わいを取り戻せた一因だと感じています」(北脇氏)

島根県では、神門通りの再生への取り組みを紹介する「神門通りPR館」などを沿道に開設している。出雲大社を訪れる際には、参詣道の変遷の歴史もこうした施設でインプットしながら土産物屋めぐりをすれば、街並み散策としても楽しめるのではないだろうか。

2015年 03月23日 11時10分