木造アパートでも騒音リスクは同じではない

騒音リスクは物件の特徴で変わる
騒音リスクは物件の特徴で変わる

木造アパートは、たとえば、深夜のお風呂の使用が続くことや、友人を呼んでホームパーティーをしたことなどがきっかけで、騒音を巡るトラブルに発展するケースがあります。確かに木造は、一般的に音漏れがしやすいとされる構造です。しかし、木造アパートなら遮音性はどの物件を選んでも低いというわけではありません。壁や床の遮音性に配慮しつくられた物件や、間取りの工夫で騒音リスクが軽減された木造アパートもあります。

遮音性が高いのはSRCやRC

遮音性が高いのはどんな物件?
遮音性が高いのはどんな物件?

遮音性能に影響するのは、梁や柱よりも、床や壁が何でできているかによります。基本的に、床や壁に使用している材料の質量に、遮音性能は比例します。木造や軽量鉄骨造よりも、質量の重いコンクリートを隣戸との境である界壁や床に使用した、SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)やRC(鉄筋コンクリート造)の方が遮音性は高いです。次項で、構造による遮音性の違いについてみていきます。

SRCとRCの遮音性能に違いはない

SRCとRCの遮音性能は?
SRCとRCの遮音性能は?

SRCとRCの構造の違いは、SRCに柱や梁に鉄骨が入っていることです。SRC・RC共に、隣戸との境である界壁や床はどちらもコンクリートで、遮音性に違いはありません。床のコンクリートのスラブ厚によっても遮音性に違いがあり、スラブ厚が15cmよりも、20 cmある建物の方が、遮音性能が高いです。また、直床直天井よりも、二重床二重天井の方が遮音性の方が遮音性は向上します。
ただし、SRCやRCの一部の高層マンションでは、界壁にALC(軽量気泡コンクリート)、あるいは、石膏ボードを使っている場合があり、壁がコンクリートの物件よりも遮音性が劣ります。

木造と軽量鉄骨造の遮音性能の違いは?

軽量鉄骨造は床にALCを使うことが多く、木造は構造用合板を使うため、やや木造の方が遮音性能が劣ります。界壁は木造も軽量鉄骨造も、石膏ボードや構造用合板などで構成されているため、構造による遮音性の違いは大きくありません。石膏ボードを二重張りにする、あるいは、界壁の内部に遮音材を入れると、遮音性が向上します。また、床にも遮音材を使用することで、音漏れの問題に配慮した物件もあります。

木造アパートの音漏れ問題や対策

木造のアパートは騒音の問題が起こりやすいですが、物件によって音漏れの問題の起こりやすさには違いがあり、自分でできる音漏れ対策もあります。

物件による音漏れの問題の起こりやすさの違い

水回りの位置で音漏れのリスクが変わります
水回りの位置で音漏れのリスクが変わります

遮音性が低いとされている木造のアパートでも、物件による違いがあります。古いアパートは、界壁や床に遮音材を入れていないことが多いため、音漏れがしやすいです。サッシの遮音性も、古いサッシを使っている物件は遮音性が劣ることが多いです。
間取りでは、パイプシャフトが居室にあると、上階でお風呂やトイレなどの水回りや洗濯機を使用したときに、水の流れる音が響きます。ユニットバスの近くなど、水回りの近くにパイプシャフトが設けられていることが望ましいです。また、隣戸との界壁を挟んで居室とユニットバスが隣り合っていると、使用時の音が気になりやすいため、ユニットバス同士が同じ位置に設置されていると、騒音リスクが抑えられます。

木造アパートでできる音漏れ対策

壁面収納は、音漏れ対策のひとつ
壁面収納は、音漏れ対策のひとつ

木造アパートでの暮らしは、自室からの音漏れに配慮して暮らしたいものです。窓まわりは、レースカーテンと厚手のドレープカーテンの二重掛けにすると、ブラインドを設置するよりも、音漏れが防げます。壁は本棚やクローゼットなど、壁面収納を置くと、音が伝わりにくいです。床の防音対策では、カーペットや置き畳、コルクマットなどを敷くと、階下への足音などが軽減できます。また、ダイニングチェアの脚に、脚カバーをつけておくと椅子を引くときの音が軽減されます。

内見の際に窓の遮音対策を確認しよう

内見で窓の性能確認を
内見で窓の性能確認を

木造アパートで、壁や床などに遮音対策が施されているかどうかは、不動産会社で目にする間取り図では判断できないことが多いです。仲介を行う不動産会社を通じて、壁・床・窓の遮音対策を施してしている物件か確認するとよいでしょう。界壁がコンクリートかどうかは、触れたときの感触で判断できることが多く、コンクリートの場合は固いです。

また、線路や幹線道路に近い物件は、電車・車が通る音が気になることがあります。窓ガラスは単層ガラスよりも、ガラスとガラスの間に空気層が設けられた複層ガラスの方が、遮音性が高いです。窓ガラスに複層ガラスを使用し、騒音への配慮がされている物件であれば、音漏れが抑えられています。内見の際に、物件が線路の近くや幹線道路沿いにあれば、電車が通るのを待って、窓を開けた状態と閉めた状態で、音の大きさに違いがあるかチェックしてみましょう。

全国の賃貸を探す
家賃相場を調べる

関連記事

近所との騒音トラブルに悩む前に!気を付けたいポイントと解決方法は?
建物構造の軽量鉄骨造、SRC・RC造、木造・合成樹脂造のメリット・デメリット
「コーポとハイツ」、「アパートとマンション」一体どんな違いがあるの?
良いところもあるんです!賃貸物件で1階に住むメリット・デメリットを考える
【賃貸連載①】理想の住まいを想像して、まずは情報収集!