賃貸住宅物件を探す際に、重視することの一つに「防音」を挙げる方も多いのではないでしょうか。自分自身が静かな落ち着いた環境で暮らしたいからという理由もあれば、ファミリーの場合だと赤ちゃんの泣き声や子供の足音で迷惑をかけたくない、楽器演奏の音で周辺住民に気を遣いたくないなど、防音性の高い賃貸住宅物件を希望する理由は人それぞれです。住んでから後悔することのないように、防音に優れた物件選びのポイントを紹介します。

家賃が安いからといって防音性の低い物件を選ぶと、思わぬ騒音トラブルに発展する可能性があります。物件は自分が騒音を発する側にも、悩まされる側にもなる可能性があるということを考えた上で慎重に選びましょう。

 

 

後で騒音に悩まされたないためにポイントは抑えて選びたいです

後で騒音に悩まされたないためにポイントは抑えて選びたいです

 

物件の構造によっては洗濯機を回す音や、掃除機をかける音などの日常のなにげない生活音が響きやすい分、騒音トラブルのリスクも高まります。音の感じ方は人によって異なるため、神経質な住民がいる物件では度々近隣トラブルが起きています。また、ペット可物件に住んでしまったがために、自分は飼っていなくても、周囲に住んでいる人のペットの鳴き声に悩まされることもあることに留意しましょう。

 

確実に防音性の高い物件に住みたいなら、木造や鉄骨造よりも、外からの音が伝わりにくい鉄筋コンクリート造の物件を選ぶことをおすすめします。それが予算的に厳しい場合、なるべく自分と似たような住民の属性が多く暮らす物件を選ぶようにしましょう。ファミリーと単身者とでは、生活時間帯が違うことが原因となり、やむを得ない生活音であっても騒音トラブルが起きやすくなるようです。

 

ここでは、それぞれの建築構造がもつ特徴や、防音性がある物件の選び方や見分け方についてみていきます。

 

一般的な集合住宅の建築構造は以下の3つに分類されます。

 

・木造
・鉄骨造(S)
・鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC

 

木造より鉄骨造の方が静かというイメージですが、足音などの振動に関しては、木造・鉄骨造共に大差はないといわれています。遮音性は同じ鉄骨造でも壁にALC(エーエルシー:発泡性の軽量コンクリート)が入っているかどうかで変わるようです。

 

 

防音性も考慮して建築構造もチェック。

防音性も考慮して建築構造もチェック。

 

鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリートとは、壁・柱・床・梁が鉄筋コンクリートでできているものことをいいます。SRCはRCの建物より規模の大きい場合に、鉄骨の周りをさらに鉄筋コンクリートで強化したものですが、防音性能はRCとほとんど変わらないといわれています。壁の密度が高いため、ドアの開閉や普段の生活音などはほとんど響くことはないでしょう。

 

ただし、鉄筋コンクリート造でも隣人の生活音が聞こえるというケースも少なくありません。その原因として、RCマンションでも防音性が低い構造で建てられているものがあることが挙げられます。

 

RCマンションには、柱が無く、壁と床だけで建物を支えるものと、柱と梁で建物を支えるものの2種類があります。前者を壁式構造、後者をラーメン構造といい、壁式構造の方が壁がコンクリートで厚さがある分、防音性は高くなります。防音を意識する方の場合は、壁式構造のRCマンションを探すとより安心です。

 

ネットやチラシで気になる物件を見つけたら、実際に現地に足を運んで防音性があるかどうかを確認することが大切です。

 

・部屋の真ん中で手を叩いてみる
音の響きが返ってこない場合、外部に音が抜けているので、防音がきちんとなされていないという判断材料になります。

 

・四方の壁を軽くコンコンと叩いてみる
コンクリート壁の場合、叩くと硬く、詰まった感じの音がします。叩いた感じが軽く、裏側に響くような高い音がなったら、コンクリート壁ではなく、石膏ボードなど、防音性が低い壁である可能性があります。

 

防音性が低い壁かどうかは軽く叩けばわかります。

防音性が低い壁かどうかは
軽く叩けばわかります。

 

・窓の遮音性
見落としがちな窓の遮音は、外からの騒音が原因でストレスになることも。防音性は窓が取り付けられた場所や範囲によって大きく左右されます。線路沿いや幹線道路沿いの場合は、許せる範囲の騒音かどうか現地で確認しましょう。

 

・分譲賃貸を狙う
賃貸物件は防音性をあまり重視していない物件が多いです。予算が合うなら、構造がしっかりしている分譲賃貸に住むことをおすすめします。管理会社がきちんと機能していることが多く、比較的住民の生活水準が高いので、住人同士のトラブル発生の可能性が低いことが特徴です。

 

防音に強い物件と言えば、本格的に楽器を演奏したいという方もいるでしょう。一口に楽器可賃貸物件といっても、防音設備付で24時間演奏してもよいところは少なく、練習可能時間帯を決めてその範囲内でなら演奏を許可されている物件もあるようです。また、一概に「楽器可」といっても、ピアノはよいが打楽器は禁止など、演奏できる楽器を制限している場合もあるので、入居前に確認しましょう。

 

楽器可物件は主に音楽大学の近くに点在していることが多いのが特徴です。音大近くに多いのが、特別な防音設備が備わっていなくても、音大生ばかりが入居しているので多少の練習音はお互い様、というスタンスで楽器演奏が許可されているという物件です。住民同士が納得した上でルールを守って楽器を扱えばいいだけなので、家賃も抑えることができます。

 

注意したいのが“楽器相談可”と明示された物件。これは楽器演奏をする方向けに募集しているのではなく、楽器を演奏しない方も多く入居されている可能性が高いです。本格的に楽器を演奏する方にはおすすめできません。楽器可物件は全体数が少ないので、防音を優先的に考えたら、立地や設備、間取りなどはある程度妥協する必要性がでてくるでしょう。

 

”楽器可”の範囲は、入居前に確認。

”楽器可”の範囲は、入居前に確認。

 

公開日: / 更新日: