相鉄とJRの直通運転開始に合わせて「KNOCKS横浜弥生台」が開業

2019年11月30日に開始される相鉄(相模鉄道)とJRの直通運転。
相鉄を利用し、都内と行き来する人にとって、大幅な利便性向上につながるビッグニュースだ。利用者と同時に、今回の直通運転開始は相鉄にとっても悲願だったと言っても過言ではないだろう。直通運転で都心と直結し、沿線の利便性が向上して若い世代を中心に人が集まれば、高齢化が進む街に活気を取り戻すことが期待できる。また沿線の魅力が向上することで、駅を中心に長く資産価値を保てる街としてさらに人気が高まるだろう。

より魅力的な街づくりをするために、相鉄不動産が直通運転開始に合わせて建設した賃貸マンションが「KNOCKS横浜弥生台」(横浜市泉区)。
そこで今回は、相鉄線沿線の活性化を目的としたプロジェクトの一環で建設された「KNOCKS横浜弥生台」の開発に携わった相鉄不動産株式会社の伊藤浩明さんに、マンションの特徴や開業のいきさつなどを伺った。

「KNOCKS横浜弥生台」が立つ、相鉄いずみ野線「弥生台」駅前の様子。</br>商業施設「相鉄ライフやよい台」とデッキでつなぐことで、駅の改札口まで雨に濡れることなく行き来することができる「KNOCKS横浜弥生台」が立つ、相鉄いずみ野線「弥生台」駅前の様子。
商業施設「相鉄ライフやよい台」とデッキでつなぐことで、駅の改札口まで雨に濡れることなく行き来することができる

駅から徒歩2分の好立地。分譲マンション並みのデザインや設備、ブックカフェの併設、防災設備の充実も特徴

分譲マンション並みのスペックを持った賃貸マンション、「KNOCKS横浜弥生台」外観(完成イメージ)。弥生台駅の改札口まで雨に濡れることなく行き来できる。1階にはTSUTAYAのブックカフェが入る分譲マンション並みのスペックを持った賃貸マンション、「KNOCKS横浜弥生台」外観(完成イメージ)。弥生台駅の改札口まで雨に濡れることなく行き来できる。1階にはTSUTAYAのブックカフェが入る

相鉄とJRの直通運転開始に合わせて2019年11月に開業するのが、相鉄いずみ野線「弥生台」駅徒歩2分の立地に立つ賃貸マンション「KNOCKS横浜弥生台」(98戸、地上6階建て)。新入学生や新社会人など若い世代をメインターゲットに、子育てファミリーからシニア層に至る幅広い層に対応できるよう、1Kから3LDKまでの5タイプの間取りを用意している。

「この物件の一番の特徴は駅から2分でアプローチできる立地の良さ。屋根付きのルートを通れば雨に濡れずに駅に行けます。駅前にはスーパーやドラッグストア、レストラン、総合病院のサテライトクリニックなどが入った商業施設があるほか、1階にはTSUTAYAが展開するブックカフェを併設しています」と伊藤さん。

「KNOCKS横浜弥生台」はエアコンを全室に設置したほか、風呂・トイレ別の間取り、高級感のある水まわり、室内物干し金物の用意、全戸ウォークインクローゼット付き、24時間ゴミ出し可能、防災倉庫の設置、一般の人も使用できる井戸の準備など、分譲マンション並みのスペックを備えている。

「いつ起こるかわからない災害に備えるために、水とトイレは必須です。当社の他の分譲・賃貸マンションと同様に、井戸の水で流せるマンホールトイレのほか、炊き出しができるかまどベンチも備え付けられています」

高齢化が進む街や沿線の問題を打開するために。子育て世代を受け入れ、街を活性化する住み替えの手伝いも

相鉄いずみ野線が開業したのが1976年4月。高度成長期の真っただ中のことだった。
「バブル崩壊やリーマンショックなどがあって、社会環境や住宅に求める社会の価値観が大きく変わり、結果として現在、都心一極集中が一気に進んでいます。一方、弥生台駅を含めたいずみ野線沿線の住宅地は、郊外でありながら、都心への直結性がないのがウィークポイントで、都心一極集中が進む中で課題が露見していました」と伊藤さん。

いずみ野線の開業当時は高度成長期だったことから40代50代で家を求める人が多数おり、今もその多くが暮らしている。当時としては立派なマンションも一部のマンションにはエレベーターがなく、また戸建住宅も当時は階段をつくり道路からかさ上げしているのが高級と考えられていたため、40数年前に暮らし始めた高齢の人たちの生活とミスマッチを起こしているのが現状だ。

そのような問題を相鉄グループとして打開したい。都心との直通運転により便利になっただけで終わりではなく、新たな住宅を用意して魅力的な街にしたいというプロジェクト「いずみ野線沿線駅前街区リノベーション計画」の一環としてつくられたのが「KNOCKS横浜弥生台」だ。

「老朽化した駅前の商業施設を解体し、建て替えを行いました。近所の相鉄ローゼンをその商業施設内に移し、相鉄ローゼンが元々建っていた場所に賃貸住宅を建てるというモデルが、南万騎が原駅に続き弥生台駅で2例目になります。
駅前の便利なところに分譲マンションではなく賃貸マンションを建てることによって、『便利になったから戻ってみよう』『横浜勤務だから、弥生台の駅前なら便利だから考えてみよう』という感じで試しに住んでいただきたいというのが私たちの狙いです。そして弥生台の街を気に入ってくださり、戸建住宅や分譲マンションに住み替え長く暮らしていただければ大変ありがたいこと。沿線外に出て行った方にも戻ってきてもらいたいですし、また新たに沿線に住んでもらいたいという想いもあります。

同時に、駅から少し離れた戸建住宅にお住いの方へ、このマンションへの住み替えのお手伝いも積極的に行っています。空いた家に、街を気に入ってくれた若い子育て世代が入居していただけるのが一番いい流れだと思いますし、そのような流れをつくりたいというプロジェクトのひとつになります。高齢化のスピードを緩め、地域の経済活性化、街の活性化につなげたいと考えています」

写真左上から時計回りに、外観、エントランスホール、エントランスラウンジ、中庭(完成イメージ)。</br>分譲マンションを思わせる高級感のあるつくりだ写真左上から時計回りに、外観、エントランスホール、エントランスラウンジ、中庭(完成イメージ)。
分譲マンションを思わせる高級感のあるつくりだ

「選ばれる沿線」を実現する取り組み

お話をうかがった、相鉄不動産株式会社 開発計画部 賃貸施設センターの伊藤浩明さん。「『KNOCKS横浜弥生台』は売って終わりではなく、私たちがずっと運用し続けます。街の活性化のひとつのきっかけとして有効に活用したいですね。弥生台のマンションの建て替えや大規模修繕などのお手伝いも行い、より住み良く魅力的な街に進化させていきたいと考えています」お話をうかがった、相鉄不動産株式会社 開発計画部 賃貸施設センターの伊藤浩明さん。「『KNOCKS横浜弥生台』は売って終わりではなく、私たちがずっと運用し続けます。街の活性化のひとつのきっかけとして有効に活用したいですね。弥生台のマンションの建て替えや大規模修繕などのお手伝いも行い、より住み良く魅力的な街に進化させていきたいと考えています」

子育て世代の流入、地域活性化などを考えた「KNOCKS横浜弥生台」の評判はどのようなものなのだろうか。
「都心への直通運転を見越して、若い世代の方から多くのお問合せをいただいています。これまでの相鉄線のように横浜駅で乗り換えて都心に通勤されていた他路線の沿線にお住まいの方々にも、相鉄沿線が便利になりそうだと期待していただいているようです。

今回と同様のモデルは南万騎が原と弥生台でしばらくお休みになると思いますが、相鉄グループとして様々な方法で沿線の魅力を高める街づくりを続けていかなければなりません。仮に当社が携わらなくても、街が新しく生まれ変わることのきっかけをつくれるだけでも私たちの役割は果たせると考えています」

相鉄グループは、相鉄・JR直通線車両「12000系」、相鉄デザインブランドアッププロジェクト、複合施設群を内包する駅と駅における諸活動「二俣川ゲートステーション」、集合住宅群「みなまきみらい多世代共生モデル」~グレーシア、ノックス他~の4件で(公財)日本デザイン振興会主催の2019年度グッドデザイン賞を受賞している。

目に鮮やかで印象的なネイビーカラーの車両が都心を走ることで、都内でも相鉄の認知度が高まるだろう。都心との相互直通運転を契機とした沿線の魅力向上を図る相鉄グループの取り組みに、今後も注目したい。

■取材協力:KNOCKS横浜弥生台
https://www.sotetsufudosan.co.jp/yayoidai/

2019年 12月07日 11時00分