3万人の村が50万人近い巨大な区になった

現在の江戸川区に相当する南葛飾郡は江戸時代は戸数5,000戸弱の農村地帯であった。
人口は明治初頭で3万人程度であり、増加し始めるのは明治末期から大正にかけて。大正10年(1921)には4万2,761人に増加したが、1923年の関東大震災後に急増し、30年には倍増以上の9万6,971人。32年に江戸川区となり、33年には総武線が電化されて増加が加速し、42年にはまたほぼ倍増して19万2,274人となった。

戦争による被害、疎開などでいったん減少したが、早くも49年には20万人を超し、高度経済成長の波に乗って75年には47万2,401人という巨大な区となったのである。

住宅建設の時代

松江の同潤会住宅地にあった食堂松江の同潤会住宅地にあった食堂

小松川町では、城東電車(1917年開業、52年まで継続。錦糸町駅前の江東デパートから西荒川まで、小松川橋から、松江、西一之江、一之江を通って今井まで存在した)の開通を機に住宅地として発展させるため、小松川町営住宅を造ることになった。

1920年、組合を結成し、東京府社会事業協会から低利資金を融資され、住宅建設が開始された。
町営住宅は総戸数66戸、総建坪数824坪だから、一戸当たり平均13坪(40m2)ほどであった。66戸中63戸は木造平屋一戸建てであり、二階建てが3戸だった。

また1924年から、同潤会が松江村字腰巻に住宅436戸、総建坪数3,880坪の住宅地を建設した。

耕地整理事業

小岩村は、大正元年(1912)に京成電車の押上—江戸川間が開通すると急速に発展した。23年には関東大震災、33年には総武線が電化されて人口が急増し、特に小岩町の南部が発展した。

大正から昭和にかけて耕地整理事業が行われ、中流以下の住宅1500戸を建設するために東京府社会事業協会から融資を受け住宅地もつくられるなど、住宅地も開発されて、人口は1915年から31年までに3.3倍に増えた。

しかし44年11月からの空襲により、1万戸以上の住戸が焼失、全壊し、戸数が回復したのは50年以降のことであった。

戦前に開発されたと思われる住宅地。「江戸川耕地整理組合地区」と書いてある。(『江戸川区史』より)戦前に開発されたと思われる住宅地。「江戸川耕地整理組合地区」と書いてある。(『江戸川区史』より)

大商店街の形成

下町の特性である工業であるが、江戸川区内に近代的な最初の工場ができたのは1870年。中平井村にできた松岡醤油製造所であった。小松川には日本人造肥料、日本製錬が進出。昭和になると化学・金属・機械工業が墨田区方面からあふれ出し、江戸川区内の工業化が進んだ。1930年(昭和5)には区内に107の工場ができ、うち66が小松川町にあった。

だが墨田区、本所区と比べると基本的には農村地帯であり、大工場地帯にはならなかったのである。そしてまだ農村地帯であったがゆえに、江戸川区は関東大震災の被害が少なかった。

むしろ被災した東京市内から転入してくる人が増え、駅前商店街が発展し、歓楽街もできて「東京の東の果ての楽天地」とすら言われた(『日本地誌7 東京都』)。
34年から37年で商店数は2,076軒から4,019軒に倍増。その多くが食料関係であり、菓子・パン屋が699軒、酒屋が240軒、米屋が199軒であった。

商店街のなかでも区内最古の商店街といわれるのが、総武線平井駅の春日町商店街である。
これは駅の南の小松川方面から北に延びてきた小松川春日町通り商店街と、先述した総武線の電化によって増えた駅周辺の商店街が南に延びていったのが結合してできた大商店街であって、1935年頃には区内最大のものであった。
平井駅の乗降客数は1923年1月には約4万人だったが、26年1月には約7万人に増加していた。平井は中川以東では最も早く開けた地域であるため、戦前は江戸川区の区役所、税務署、警察署、公会堂がすべて平井方面にあった。

花街も栄え都心の旦那衆がやってきた

娯楽産業も発展した。1920年前後、小松川から平井にかけては寄席が3軒あり、映画館・小松川電気館もあった。1931年には小岩映画劇場ができ、戦後は松江映画劇場、平井映画劇場、平井エトアール映画劇場など7館が存在した。

平井駅南には1927年に小松川三業株式会社が設立され、花街としても栄えた。昔から平井には粋な人が多かったといわれており、「文明開化の夜が明けりゃ 平井田んぼの蛙の子、三味の音色に踊りだす。天下晴れての太平町、平井田んぼに灯がついた」と歌われていた。田んぼの中に花街ができたらしい。

1930年代後半が全盛期らしく、芸妓250人、芸妓置屋45軒、待合30軒以上があった。日本橋や神田の旦那衆が、浜町や柳橋は人目につくというので、人力車に乗ってわざわざ平井まで遊びに来たという。

平井の花街の名残平井の花街の名残

2020年 06月27日 11時00分