運河沿いの住宅地

川崎に高級住宅地があった!と言われたら驚くだろう。
田園都市線でも戦後の住宅地でもない。戦前に川崎市川崎区と横浜市鶴見区にまたがる海沿いにあった「川崎住宅地」がそれである(のちに「八丁畷住宅地」と改称。最寄り駅は京急八丁畷駅)。

日露戦争後、国内工業が勃興すると京浜間を一大工業地域としようという機運が盛り上がった。当時の川崎町長・小林五助が運河開削を企画した。それは、「川崎・鶴見間の町田村(現・横浜市鶴見区)潮田海岸から川崎町八丁畷(現・川崎市川崎区)の国道付近に至る、延長3kmほどの運河を開削して、舟航運輸の便を開きその両側を埋築して工場用地とする」というものであった。
小林は構想を京濱電氣鐵道に話すと、同社は沿線開発の一環としてこれを位置付けられると考えて賛同した。

関連する土地の買収には、石井泰助(のちの川崎市長)があたり、1919年に着工、22年竣工。運河の両岸は掘り出された土砂で埋め立てられ、25万坪の工場用地ができた。
用地の販売は順調だった。だが23年、関東大震災が起こった。その後の経済不況で工場建設が遅延。工場用地として経営の見込みが立たなくなった。

そこで京濱電氣鐵道は、工場用地を住宅地に変更して売り出すことにした。これこそが「川崎住宅地」だった。

運河沿いにできた川崎住宅地(写真提供:京浜急行八十年史 (1980年) | 京浜急行電鉄株式会社)運河沿いにできた川崎住宅地(写真提供:京浜急行八十年史 (1980年) | 京浜急行電鉄株式会社)

京都風の町割り

現在の川崎住宅地。立派な一戸建てがある。開発当時の区割りのままか?現在の川崎住宅地。立派な一戸建てがある。開発当時の区割りのままか?

不況にもかかわらず売れ行きは好調であった。東京寄りの一帯を京町、横浜寄りを浜町(現在の平安町)と名付けた。
区画も京都風に碁盤の目の整然とした区画に整備し、通りも一ノ辻、二ノ辻、三ノ辻、一ノ通り、二ノ通りというように京都風にした(一の辻などの名称は今も交差点に残っている)。上下水道、電気・ガスが通じ、公園やテニスコートやプールもあり、川崎では高級住宅地として評価されていたというからびっくりだ。
分譲当初は、東京からの移住者が多く、有名な歌舞伎役者、画家、大企業のホワイトカラーなどの裕福な階層の人々が住んだという。
また、運河は本来の工場用の利用は少なかったが、船溜りに海水浴場が設けられ、釣り場もあって、住民に親しまれたという。

だがせっかくつくった住宅地も、周辺が工場地帯として発展していくと、排煙や周辺環境の悪化により、当初の住民は次第に去っていった。

現在の川崎住宅地はどうなっているかと思い、見に行ってきた。運河は埋め立てられていて、運河のいちばん北の部分は今はスーパーマーケットになっている。運河の左右に住宅地があるが、今は小規模な住宅が多い。それでも、いくつか広めの住宅や伝統的な様式の住宅もあって、これらはさすがに戦前から立っているのではないだろうが、敷地は戦前のものかもしれないと思われた。
古い商店街もあって、八百屋も靴屋も魚屋もあり、今もそれなりに賑わっている様子だ。
緑豊かな公園もあり、大工場地帯・川崎の横にこんなところがあるとは、驚きである。

行楽地としての郊外  

そもそも京濱電氣鐵道は、沿線への行楽客の誘致に熱心だった。今と違い、電車は通勤用ではなく、行楽用だったのだ。
すでに1899年には「羽田(今の東京国際空港敷地)に大運動場を設けて乗客の誘引を計り、羽田、大森、新子安には海水浴場を開設して客を誘致した。

また1910年に『京浜遊覧案内』と題する小冊子を発行し、「郊外生活に適した場所を京浜鉄道沿線の地に勝るものなし。西北に丘陵、東南に東京湾を控え、空気の清浄なることは言うまでもなく、魚介、野菜は新鮮」と沿線の特長を宣伝した。
「沿線は至ることに名所、旧跡があり、春は大森、池上、蒲田、原村の梅に始まり、六郷の桃、梨の花、大師道の花のトンネルあり、夏は大森、八幡ヶ濱、森ヶ崎、羽田、鶴見の海水浴、また池上、羽田、森ヶ崎の鉱泉浴。一身一家の幸福を望む人は一日も早くこの楽天地に住んで大自然の恩恵を享受せよ」と鼻息が荒い(言葉は現代風に改めた)。

さらに同社は「京濱地主協會」を設立し、京浜間の不動産を仲介し、協会の仲介による移住者には乗車券を割引きして通勤・通学の便を図った。日用品、家財器具の輸送にも特別の取扱いをしたり、沿線各地の医師・医院を紹介したりするなど、日常生活の便宜も図ったという。

川崎住宅地以前にも、横浜市鶴見区の生麦に「生麦住宅地」を開発している。これは関東の私鉄では最初の住宅分譲であった。
上下水道を整備した住宅地であり、購買者の希望する建物を建てる方法で売り出したところ、たちまち約半数が売約済みとなったという。
第一次世界大戦開戦時には一時売れ行きが落ちたが、その後回復し、18年には完売した。当時の生麦は海岸を見渡す景勝地で、移住者も満足していたようである。

さらに京濱電氣鐵道は、昭和初期に川崎大師近くに大師園住宅地を建設する計画も立てたが、これは実現しなかった。だが当時のパンフレットを見ると、多摩川沿いの桜並木に程近い理想的な住宅地が描かれている。

生麦住宅地の図面(写真提供:京浜急行電鉄株式会社)生麦住宅地の図面(写真提供:京浜急行電鉄株式会社)

楽しく働ける郊外

行楽地としての郊外というと、今の時代からはちょっと想像しにくいが、戦前は郊外といえば行楽地をイメージすることが多かった。井の頭公園も多摩川沿いも大森などの東海道沿いも海や川や池を中心とした行楽が売りだった。電車も行楽客目当てで建造されたケースは少なくない。

人口減少と高齢化に悩む現代の郊外であるが、おそらく今後必要なのは自宅や自宅周辺で働く人を増やす、そのために働きやすい、働くのが楽しくなるような街をつくることである。都心とは違ったリラックスした雰囲気で、自由な発想が浮かぶような仕事の仕方ができることが大事である。仕事に疲れたら、自然の豊かな周辺を散歩し、頭がリフレッシュして、アイデアが浮かぶ、そんな街にしていくことが求められる。

仕事が終わったら軽く一杯やれる店も欲しいし、いや、昼からビールくらい飲んだってかまわない。そういう自由な場所が、本来郊外にはふさわしい。行楽地としての歴史がある郊外を、楽しく働ける郊外として再編するというのも、ひとつの方向であろう。

昭和初期の川崎の行楽パンフレット。左に川崎運河があり、まわりに住宅地がある。右の多摩川沿いには桜並木があり、その左に大師園住宅地が計画された。(資料:川崎市民ミュージアム蔵)昭和初期の川崎の行楽パンフレット。左に川崎運河があり、まわりに住宅地がある。右の多摩川沿いには桜並木があり、その左に大師園住宅地が計画された。(資料:川崎市民ミュージアム蔵)

2019年 08月08日 11時05分