「賃貸物件を借りられない」という課題

福岡市博多区にあるガンツ不動産本社の入り口。「ユニバーサルマナー認証店舗」の表示があり、車椅子でも入りやすい福岡市博多区にあるガンツ不動産本社の入り口。「ユニバーサルマナー認証店舗」の表示があり、車椅子でも入りやすい

「ユニバーサル賃貸」と銘打ち、業界ではあまり積極的に取り組まれることのなかったサービスを展開する不動産会社が福岡市にある。掲げるコンセプトは「すべての人に賃貸入居を提案する」。健常者はもちろん、障がい者や高齢者、生活保護受給者、外国人など、一般的に賃貸物件を借りることが難しい人でも入居できるようにサポートしている。

福岡市出身の森田光俊さんは、不動産会社勤務を経て、2009年4月に株式会社ガンツ不動産を開業。「ガンツ」はドイツ語で「全部」を意味し、不動産売買と開発、賃貸物件の仲介を行ってきた。森田さんがユニバーサル賃貸を打ち出したのは、2017年11月のこと。「困っている人を助けたいという福祉的な考えではなく、賃貸物件の入居率を改善したいというのが大きな動機でした」と打ち明ける。

不動産業界では障がい者に対する入居審査が非常に厳しく、「障がい者がスムーズに賃貸物件に入居できるケースは珍しい」と森田さん。理由は、周囲とのトラブルや家賃滞納などを懸念して、物件のオーナーや管理会社が許可しないから。そのため、森田さんも先輩の教えに従い、会社に勤務していたときは審査の段階で断ってきたという。

入居率改善のために門戸を広げる

20代は研究職に従事し、スマートフォンに使われる物質で特許まで取得した森田さん。「地道な研究に失敗はつきものでした。だから、今でもうまくいなかければ別の方法を考えて何度でもチャレンジできるのかもしれません」と優しい笑顔で話す20代は研究職に従事し、スマートフォンに使われる物質で特許まで取得した森田さん。「地道な研究に失敗はつきものでした。だから、今でもうまくいなかければ別の方法を考えて何度でもチャレンジできるのかもしれません」と優しい笑顔で話す

4年ほど前のこと。肢体に障害のある人が家族と一緒に来店し、「私は将来入院しなければいけないけど、数年はひとりで住みたい」と相談された。一度断ったものの、他社を回った後に再度来店し、「どうにかならないか」と懇願された。「現実問題として、障がいのある人は家賃保証会社の審査を通らないため、オーナーの理解を得ることができない…。再び断るしかなかったのですが、これではいけないと重い気持ちをひきずっていました」

2016年には障害者差別解消法が施行されたものの、不動産業界に変化の兆しはない。一方、福岡の不動産は供給過多で、賃貸物件は空室が増え、オーナーの安定収入が見込めなくなってきた。入居率をいかに上げるかと考えていた森田さんの頭に浮かんだのが、これまで入居しにくかった障がい者などにも門戸を広げることだった。

とはいえ、具体的にどうすればいいか分からず、不動産以外の銀行や保険、サービス業界の人たちに話を聞いて回った。「皆さんはすべてのお客様に対して、サービス向上のために努力されていた。その価値観に触れて、そうあるべきだと思いました」

聴覚障がい者への対応からスタート

2017年11月、ガンツ不動産はすべての人に賃貸物件を提案することを目指し、「ユニバーサル賃貸」を始めると宣言した。不動産業界やオーナーからの反発は予想以上に強く、3人のオーナーからは「そんな会社に任せられない」と契約を解除された。

それでも森田さんの意志は固かった。まずは社員11名が全員「ユニバーサルマナー検定」を取得して、基本的な知識を身に付けた。そして第1弾として、聴覚障がい者のための遠隔手話通訳サービスを導入した。「これまで一番来店されないのは聴覚障がいの方でした。どうせなら、そこからチャレンジしようと思ったんです」

耳が聞こえない人でも来店できるように、手話サービスの会社と契約した。だが、ハードルはまだある。家賃を滞納した場合に電話で督促ができないため、引き受けてくれる保証会社がいない。スマートフォンなどを通じて手話で督促する仕組みを整えたことで、名古屋の保証会社が対応してくれることになった。最後の関門は、賃貸借契約の締結に先立ち、重要事項を説明しなければならないという法律があること。「口頭でなく手話でもいいのか、省庁に何度も問合せましたが、結局は『前例がないから、いいとも悪いとも言えない』という返答で…。前例を作ろうと覚悟を決めました」

幸せのたねから生まれた同社のキャラクター・たねぱん。ツイッターには5,600フォロアーがいる人気者だ幸せのたねから生まれた同社のキャラクター・たねぱん。ツイッターには5,600フォロアーがいる人気者だ

連携先とともに取り組みを拡大

数々のハードルを越えて、2018年9月にサービスを開始。すでに2人の聴覚障がい者が賃貸物件に入居した。うち一人は、それまで実家から1時間ほどかけて通勤していたが、職場近くの物件が見つかった。「福岡市ろうあ協会の会長には、泣いて喜ばれたんです。これまで聴覚障がい者が部屋を借りるなんて考えられず、学校を卒業すると実家近くの職場しか選択できなかった。でも、これで好きな仕事を選べるようになる、と」

さらに、高齢者が賃貸物件に入居して安心して暮らせるような体制を整え、元受刑者などにも物件を紹介している。福岡市や社会福祉協議会、ろうあ協会、見守りサポートの会社など、連携先も増えてきた。物件紹介のホームぺージは誰にでも見やすいユニバーサルデザインにして、物件情報に部屋の段差や間口などを明記しているのも同社ならではだ。

取り組みについてツイッターで発信していたら、ガンツ不動産で働きたいという人がやって来た。車椅子を利用している30代の女性だ。「これまで働いたことがないけど、手話ができるし、自分の経験が役に立てばと来てくれたんです。手話で接客したり動画に出たり、車椅子での現場確認にも活躍し、イキイキと働いてくれています」

誰にでも見やすいように工夫された「ユニバーサル賃貸」のホームページ誰にでも見やすいように工夫された「ユニバーサル賃貸」のホームページ

幸せの好循環を生む

「ユニバーサル賃貸」は福岡市が開催する「ユニバーサル都市・福岡賞」にエントリーして、多くの人に活動をアピールした「ユニバーサル賃貸」は福岡市が開催する「ユニバーサル都市・福岡賞」にエントリーして、多くの人に活動をアピールした

今後、ますます空き家の増加が見込まれる中、高齢者や障がい者などが入居しやすい社会になれば、当事者・不動産会社・オーナーの三者にとって好循環が生まれる。森田さんの活動がマスコミで取り上げられたことで、不動産会社から問合せが相次ぎ、一緒にやりたいという会社も出てきた。ユニバーサル賃貸を始めた当初に離れていったオーナーの1人から「自分が分かっていなかった」と連絡があり、再び契約したという。

「まずは僕が先陣を切り、形を作って広めることで、ユニバーサル賃貸を当たり前にしていきたい。課題はたくさんあるけれど、今後は精神障がい者や外国人などの賃貸入居にも、一つ一つ取り組んでいきます」。

ビジネスの一環で取り組み始めたユニバーサル賃貸に、今では大きな使命感を抱いている森田さんは、これからも挑戦を続けていく。

取材協力 ガンツ不動産
https://www.ganzfudousan.jp/

2019年 02月17日 11時00分