家庭菜園はベランダからキッチンへ?

専用のプランターや肥料などを必要とせず、もっと気軽にシンク周りで育てられるのが、キッチン菜園専用のプランターや肥料などを必要とせず、もっと気軽にシンク周りで育てられるのが、キッチン菜園

"野菜を育てたい"と思っても、庭があれば小さな畑をつくり育てられる人もいるが、都市圏でのマンション暮らしでは、難しい場合も多いだろう。それでも植物を育てる楽しみや身近にグリーンがある癒し効果などを求めて、ベランダや室内で花や観葉植物を育てる人も多い。

育てる楽しみだけでなく、実用を兼ねているのが、ミニトマトやパセリ・バジルなどの"食べられる"植物である野菜やハーブである。ベランダや室内の一角など、少しのスペースであまり手間なく育てられ、食事に彩りを添えられるものが人気のようだ。

ベランダ菜園も楽しいが、専用のプランターや肥料などを必要とせず、もっと気軽にシンク周りで育てられるのが、キッチン菜園である。しかも、特別な苗や種がなくても、買ってきた野菜の捨ててしまう部分を再利用して簡単にできるという。
今回は、このキッチン菜園についてお伝えしたい。

意外に多い?キッチン菜園に適した“野菜の捨てる部分”

ネギは簡単に再生栽培ができる。キッチン菜園には最適だネギは簡単に再生栽培ができる。キッチン菜園には最適だ

キッチン菜園は、もちろんバジルやルッコラ、ベビーリーフやパセリなどのフレッシュハーブもできる。栽培セットなどが、園芸店やインテリア雑貨などのお店で売っているので、栽培方法に従って育てることができる。
今回は、そういった栽培セットになっているようなフレッシュハーブなどではなく、料理で使った捨ててしまう野菜を"再生栽培するキッチン菜園"をお伝えしよう。

ネギは、比較的簡単に再生栽培ができる野菜である。料理に利用しない根の部分を捨てずに少し深めのお皿やコップに水をはり、つけておくだけで根の部分からまた新しい葉が生えてくる。本格的に再生させるならば、プランターに植えればもっとしっかりと栽培できる。葉ネギくらいであれば、簡単な100円ショップの園芸用品などで鉢と鉢底石、培養土を用意し、根を植えればよい。

また、大根やニンジンなどの根菜類であればやはり捨ててしまうヘタの部分を平皿に水を張ってつけておくだけで、葉っぱが生えてくる。大根の葉は、塩でもんでお漬物に添えたり、お味噌汁の具としても重宝する。ちょっとした薬味がほしい場合に最適だ。ニンジンの葉は独特な香りがするようだが、刻んでスープやポテトサラダに入れても良いだろう。かいわれ大根はスーパーなどで、スポンジやネットのような土台について売っていることが多いが、その根の部分を土台ごと捨てずに水につければ新しい大根が生えてくる。

レタスやキャベツなどは捨ててしまう芯の部分を芯が浸かる程度の水を入れる。だいたい1週間から10日ほどで、新しい葉が生えてくる。また、バジルやパセリなど、茎の部分をのこして水につけておくと、やはり1週間ほどであたらしい葉が出てくるようだ。もちろんレタスやバジルなど買ったときほどの収穫はできないが、少しであればお弁当の添え物や揚げ物のいろどりに使うことができる。

キッチン菜園を行う際の注意点

毎日のこまめな水換えや容器の水洗いは忘れないように毎日のこまめな水換えや容器の水洗いは忘れないように

手軽に始められるキッチン菜園だが、注意点もある。一番大切なのは置き場所だろう。どんな植物も、栄養がなければ育たない。キッチン菜園は水耕栽培が多く、太陽の光による光合成が必須だ。キッチンでも、窓辺などの日当たりの良い場所を選んで置きたい。

日当たりのいい場所は、野菜が育ちやすい環境であるが、同時に菌が繁殖する条件も整っている。毎日のこまめな水換えや容器の水洗いは忘れないようにしたい。とくに夏場は、2日も放っておけば水が腐り、異臭がするばかりか、せっかく伸びた根も腐ってしまう。腐ってしまったら、もったいないと思わず、すぐに廃棄するようにしたい。

再生栽培が可能だからといって、無限に再生できるわけではない。水栽培で栄養をあまり与えずに育てるため、だんだん細く弱弱しいものになっていくことはしかたがない。1・2回ほど再生栽培したら、欲張らず新しいもので育てるようにしよう。

キッチン周りのグリーンとして、インテリアに活かす

手軽に始められるキッチン菜園だが、同時にキッチン周りをおしゃれにすることも考えたい。
空き瓶などを使っても良いのだが、たとえば容器に工夫するだけでもインテリア雑誌にでてくるような演出が可能だ。100円均一のお店などでは、ロゴやイラスト入りのマグカップなどいろいろな容器が手に入る。ちょっとした工夫でネギやニンジンなどが、キッチン周りをいろどるグリーンにも見える。
また、海外の缶詰などの空き缶を利用しても良い。缶詰の蓋を切り離し、プランター替わりに再生栽培の野菜などを入れれば、ちょっとした観葉植物風になるから試してみてほしい。

捨ててしまう部分を再利用できるだけでなく、ちょっとした料理に添える野菜が収穫でき、インテリアにもなるキッチン菜園。
節約する心がけだけでなく、インテリア感覚で楽しみながら始めてみてはいかがだろうか?

容器を凝ることで、ちょっとしたキッチン周りのインテリア小物にもなる容器を凝ることで、ちょっとしたキッチン周りのインテリア小物にもなる

2016年 08月27日 11時00分