発生場所の特定が困難な建物の不具合

一戸建て、マンション問わず建物に雨漏りなどの構造的な不具合が生じた場合、その発生場所を特定するのは難しい。建築した会社が探っても分からないことがあるほどだ。中には発生場所を突き止められずに、その場しのぎで対処し、長期間不具合に悩まされるケースもある。
このような不具合の発生場所の特定などに役立つのが、「赤外線サーモグラフィカメラ」だ。

すべての物体は赤外線を発しており、その強さは高温な物体ほど強くなる。サーモグラフィカメラは、この赤外線を特殊なレンズとセンサーで映像化することで、温度分布を表示・記録できる装置だ。最近はこの特性を生かして建物診断に用いられるケースが増えている。

不具合の発生場所を温度差で特定するカメラ

赤外線サーモグラフィカメラは、次のような不具合の発生場所を突き止める際に役立つ。

・外壁の漏水/滞水
・外壁の剥離
・外壁の断熱不良
・内外壁空気漏れ
・内外壁の湿気(雨漏りや結露などによるもの)
・太陽光パネルの不良
・窓の断熱/遮熱不良
・床暖房など屋内配管からの漏水

上記のような不具合は設計・施工不良のほか、経年劣化などでも生じる。これらは、いくら経験を積んだ専門家が目視しても発生場所を特定するのは至難の業だ。しかし、赤外線サーモグラフィカメラを利用すれば、暗闇の中でも建物や設備など対象物の温度差が色分けして表示されるので、比較的容易に特定できる。

ただし、建物の構造を熟知した専門家が扱わないと、それが雨漏りによる温度差なのか、それとも断熱不良による温度差なのか、といった判断は難しい。これは一般人がレントゲン写真を見ても、どのような病気なのかが分からないのと似た理屈だ。そのため赤外線サーモグラフィカメラは、扱いに慣れた専門家とセットでないと実力を発揮できないと言える。

赤外線サーモグラフィカメラによる建物診断例。左:外壁の漏水/滞水。右:外壁の剥離。どちらも人間の目では分からない<BR />(資料提供:日本アビオニクス)赤外線サーモグラフィカメラによる建物診断例。左:外壁の漏水/滞水。右:外壁の剥離。どちらも人間の目では分からない
(資料提供:日本アビオニクス)

赤外線サーモグラフィカメラのメリットと注意点

日光が当たらない場所の剥離例(鉄筋コンクリート)。通常の色分けした画像だと見分けがつかないため、あえて白黒画像としている。それでも熟練した専門家でないとどのような不具合か判断できない(資料提供:日本アビオニクス)日光が当たらない場所の剥離例(鉄筋コンクリート)。通常の色分けした画像だと見分けがつかないため、あえて白黒画像としている。それでも熟練した専門家でないとどのような不具合か判断できない(資料提供:日本アビオニクス)

赤外線サーモグラフィカメラの大きな特徴は、測定対象物から離れていても診断が可能であるということだ。その結果、以下のようなメリットが生まれる。

・足場の設置や高所作業車が不要なため、安全に診断が可能
地面から2階以上の部分の診断が可能なので、足場の設置や高所作業車が不要になる。

・費用や診断時間の削減
足場や高所作業車が不要なため、その費用や設置時間などもかからない。

・建物を傷めない
通常、室内の壁や外壁などの診断を行う場合は、特殊な器具で叩いたり、一部を破壊したりする場合がある。一方で赤外線サーモグラフィカメラによる診断は、非破壊診断なので建物を傷めない。

・客観的判断が可能
特殊な器具で叩くような診断では、専門家の知識や経験によるブレが生じる危険性がある。しかし、赤外線サーモグラフィカメラでは、不具合部分が画面上で色分けされて表示されるので一目瞭然。客観的判断が可能となる。

このようにメリットの多い赤外線サーモグラフィカメラによる建物診断だが、注意点もある。
まず、温度差がない場所では診断ができないということだ。例えば、日光が当たらない北側の外壁や夕方などでは、不具合部分とそうでない部分の温度差が少なくなるため、診断が難しくなることもある。また、反射しやすいタイルを貼った外壁なども正確な診断ができない場合があるので注意しなければならない。

中古住宅市場の活性化で活躍が期待される

とはいえ、条件さえ整えば赤外線サーモグラフィカメラによる診断が有用だ。中古住宅を購入する際や、現在住んでいる住宅の不具合の原因を突き止める際に利用したい人も多いはずだ。
実際に診断会社へ依頼したい場合は、一般社団法人 赤外線構造物診断研究会の会員から選ぶという方法もある。
http://www.tvs-bld-isp.gr.jp/

今まで日本における赤外線サーモグラフィカメラによる建物診断は、主にビルやマンションなど比較的大規模な建物に対して行われてきた。しかし、欧米では住宅の売却時に同診断が法律で義務付けられ、不具合の少ない住宅に対して適正な値付けをしようとする国もある。
現在、日本では住生活基本計画の閣議決定によって、2013年に4兆円だった中古住宅市場を、2025年には倍増の8兆円にする目標がある。つまり、今後は日本でも安心した中古住宅の流通のためにも、住宅の状態をより正確に把握したいというニーズが高まっていくはずだ。

このような追い風にある赤外線サーモグラフィカメラ。中古住宅を買う予定がある人、または現在住んでいる家に不具合が生じている人は、検討してみてはいかがだろう。

■取材協力
日本アビオニクス株式会社
http://www.avio.co.jp/

赤外線サーモグラフィカメラは小型化や低価格化が進み、以前に比べてより安価に診断が行えるようになってきている
<BR />(資料提供:日本アビオニクス)赤外線サーモグラフィカメラは小型化や低価格化が進み、以前に比べてより安価に診断が行えるようになってきている
(資料提供:日本アビオニクス)

2017年 09月29日 11時05分