災害時に凶器ともなるブロック塀

住宅街では当たり前に見かけるブロック塀。いかにも頑丈そうに見えるが、地震で倒壊する例は少なくない。
昭和53年の宮城県沖地震では28名がブロック塀などの下敷きとなって命を落としている。
その後、昭和56年には建築基準法が改正され、安全性が見直されたものの、2016年4月に発生した熊本地震でも倒れたブロック塀による死者が出たと報じられている。
コンクリートブロックは厚み10cmのもので一つ10kg程度にもなる。それがさらにセメントで固められているのだから、塀全体の重量は相当なものになるだろう。もし倒れてきた場合、即座には防ぎようがないのは想像に難くない。
しかし、すべてのブロック塀が危険なわけではなく、現行の建築基準法に則って建てられたものなら、瞬時に倒壊する可能性は極めて低い。それでは、建築基準法でブロック塀はどのように定められているのか、具体的な内容を見てみよう。

身近にあるブロック塀だが、震災の際は倒壊の心配がある身近にあるブロック塀だが、震災の際は倒壊の心配がある

建築基準法が定めるブロック塀

建築基準法施工令 第六十二条の八では、ブロック塀について次の基準を満たすよう定められている。

(以上、建築基準法施行令 第六二条の八より引用)
=====================================================
一  高さは、二.二メートル以下とすること。
二  壁の厚さは、十五センチメートル(高さ二メートル以下の塀にあつては、十センチメートル)以上とすること。
三  壁頂及び基礎には横に、壁の端部及び隅角部には縦に、それぞれ径九ミリメートル以上の鉄筋を配置すること。
四  壁内には、径九ミリメートル以上の鉄筋を縦横に八十センチメートル以下の間隔で配置すること。
五  長さ三.四メートル以下ごとに、径九ミリメートル以上の鉄筋を配置した控壁で基礎の部分において壁面から高さの五分の一以上突出したものを設けること。
六  第三号及び第四号の規定により配置する鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げて、縦筋にあつては壁頂及び基礎の横筋に、横筋にあつてはこれらの縦筋に、それぞれかぎ掛けして定着すること。ただし、縦筋をその径の四十倍以上基礎に定着させる場合にあつては、縦筋の末端は、基礎の横筋にかぎ掛けしないことができる。
七  基礎の丈は、三十五センチメートル以上とし、根入れの深さは三十センチメートル以上とすること。
=====================================================

つまり、外見だけ見た場合でも、高さ2.2m以上、もしくは厚み10cm未満のブロック塀は、法律に従わず建てられているか、改正法施工前の建造物である可能性が高いので、注意が必要だと即座にわかるだろう。
構造内部の仕様も具体的に定められており、この基準が守られたブロック塀ならば、震災で倒壊する心配は少ない。私たち個人が内部のチェックをするのは難しいが、安全な生活のためにも知っておきたい。次の章では、法律に則ったブロック塀構造について、一通り説明しよう。

ブロック塀の基本的な構造

まず基礎部分は、35cm以上の高さを持つI型、逆T型、L型の鉄筋コンクリート造か型枠ブロック造布基礎。これらを30cm以上地中に埋め込んで、ブロック塀を安全に支えているが、I型はほかの2つに比べると強度が劣るため、高さ制限が厳しい。
基礎には鉄筋が配され、垂直にも80cm以下の間隔で伸びているので、ここにブロックをはめ込んでいく。
鉄筋は横にも80cm以下の間隔で配されていくが、縦と横の鉄筋が交わる部分は、しっかりと固定。上辺の横筋には、縦の鉄筋をフック状にして掛けられる。さらにブロックの空洞部分にはモルタルが充填されて鉄筋とブロックを一体化するが、これは鉄筋が錆びないように保護する役目もある。
さらに、塀の転倒を防ぐために「控壁」と呼ばれるブロックを、塀面に対して垂直方向に立てる。控壁同士の間隔は3.4m以内と定められており、幅は塀の高さの5分の1以上。控壁のない方向への転倒を防ぐため、基礎や鉄筋も塀本体と同等にして、強固な構造にせねばならない。
最後に、モルタルが詰められたブロックの空洞部分を隠すためと、ブロック塀内部に雨水が浸入するのを防ぐために、「かさ木」と呼ばれる、コンクリート造の飾りが乗せられる。かさ木の接着が不十分だと、震災の際にはがれて落ちてくる恐れがあるので、モルタルでしっかりくっついているかどうか確認が必要だ。

個人宅でブロック塀を施工する場合、DIYも可能だが、上記の基準を満たすのは難しく、震災の際に崩れたブロックの下敷きになったり、避難の妨げになるなど問題が発生することもある。施工会社に依頼すれば、地盤の掘削費用とコンクリート基礎工事の費用、ブロック塀の施工費用などがかかるものの、安全を考えると検討すべき事項だろう。

ブロック塀の構造 出典:(一社)全国建築コンクリートブロック工業会 HP ブロック塀大辞典参照ブロック塀の構造 出典:(一社)全国建築コンクリートブロック工業会 HP ブロック塀大辞典参照

ブロック塀の安全性を確認する場合にチェックしたい部分とは?

最後に、外部から見てもわかる、ブロック塀の安全性チェックポイントを見てみよう。
ブロック塀が安全かどうかをチェックするには、まずは高さ2メートル以上ないかどうか確認しよう。ただし厚みが15cm以上なら、高さ2.2m以下であれば要件を満たしている。また、塀が前後、もしくは左右に傾いている場合や、押してみてぐらつく場合は、鉄筋が錆びている可能性があるから、改修工事が必要だ。
次に、ブロックに空洞部分がある「すかしブロック」の配置を確認しよう。横や縦に連続して使われている場合は強度不足の可能性がある。また、控壁の間隔が3.4m以上空いていたり、まったくなかったりする場合や、亀裂や目地部分に隙間ができている場合なども倒壊の危険がある。もちろんこれに当てはまらなくても心配がないわけではないが、もし一つでも当てはまるのならば、地震の際に十分な注意が必要だろう。

個人宅によく見かけるブロック塀だが、震災の際には倒壊する心配がある。日ごろから、身近にあるブロック塀が安全かどうか、チェックしておいてほしい。

2016年 07月08日 11時08分