湿度が高く熱中症になりやすい日本の夏

熱中症などを予防するためにもこれからの季節、大活躍するエアコン。しかし、日中使いっぱなしでは電気代の負担も大きい。快適に過ごしつつも、節電もできる賢い使い方とは?熱中症などを予防するためにもこれからの季節、大活躍するエアコン。しかし、日中使いっぱなしでは電気代の負担も大きい。快適に過ごしつつも、節電もできる賢い使い方とは?

気温はそれほど高くなくても、湿度が高くて過ごしにくいと言われる日本の夏。体のだるさや食欲不振になる人も多いと思われるが、恐ろしいのは熱中症だ。熱中症対策は、こまめな水分補給と暑さを避けることが有効だから、エアコンを上手に利用したいものだ。
しかし、省エネ商品が増えたとはいっても、一日中エアコンをつけていると電気代の負担が大きくなってしまう。節電も考えた方がよいだろう。そこで、株式会社富士通ゼネラル 空調機営業推進部の茂田井麻美さんに、上手な使い方を聞いてみた。

最適な温度と風量の設定は?

株式会社富士通ゼネラル 空調機営業推進部の茂田井麻美さんにお話しを伺った株式会社富士通ゼネラル 空調機営業推進部の茂田井麻美さんにお話しを伺った

35℃以上の猛暑日も珍しくない真夏には、最高気温が30℃を下回れば「今日は涼しいな」と感じてしまうほどだが、さすがに室内温度が30℃では暑く感じてしまう。節電のために推奨されている設定温度は28℃だが、暑くてたまらないのに無理をする必要はない。ただし、1℃高めに設定すると、それだけで約10%の節電になるそうなので、「無理のない程度に控えめ」を心がけよう。

また、風量を強くするか弱くするかも迷うところだ。弱風や微風の方が節電になるような気がするものだが、実はそうではないという。
「運転開始直後から弱風や微風にしてしまうと、室内の温度が下がるまでの時間が長くなり、なかなか快適にならないうえ、却って消費電力が多いのです。ですが、十分温度が下がっているのに強風のままにしておくのも無駄になります。エアコンの風量設定には、風量『自動』という設定があるので利用すると便利で、節電になります」と、茂田井さん。

推奨温度に設定しているのに暑く感じる場合は、設定温度を下げる前に、風量を上げてみると良いという。風量を上げる方が、設定温度を下げるより消費電力がかからず、強風で体感温度が下がれば十分涼しく感じられることも少なくないそうだ。また、十分室温が下がったときは、スイッチを切るのではなく、設定温度を上げる方が良いとか。
「エアコンは運転を開始するときに多くの電力を使います。頻繁にスイッチを入れたり切ったりすると、却って消費電力量が多くなってしまいますから、注意してください」(茂田井さん)

冷房と除湿の上手な使い分けとは

エアコンには、冷房と暖房以外に「除湿」というメニューがある。冷房より除湿の方が節電になりそうなイメージだが、外気温や、除湿の種類によって変わってくるため、一概には言えないという。
茂田井さんに詳細を聞いてみよう。
「一言で除湿と言っても、エアコンの機種により、再熱除湿と弱冷房除湿があります。エアコンの除湿は、部屋の空気を取り込んで冷やすことにより、空気中の湿気を結露させて除湿するものですが、再熱除湿は、空気を室内に戻す際には暖めなおしますから、部屋の温度は下がりません。ただし、空気を暖めなおすために、環境条件によっては余分な電力を使う場合がありますから、注意が必要でしょう。これに対して弱冷房除湿は、取り込んで冷やした空気をそのまま室内に戻しますから、室内の温度は下がりますし、弱冷房なので電力消費は大きくありませんが、除湿量は再熱除湿に劣ります。」

また、そもそも除湿の機能とは、空気を冷やして結露により湿気を取り除くものだから、冷房運転にも除湿効果はある。まずは、エアコンの除湿が再熱除湿であるのか、弱冷房除湿であるのかを確認しよう。もし、再熱除湿なら、梅雨のシーズンなどの気温が高くない場合や部屋をあまり冷やしたくないときには除湿、真夏は冷房と使い分けると良いようだ。弱冷房除湿なら、部屋を少し冷やしたいときは除湿、十分冷やしたいときは冷房と使い分けることになる。

節電のためのお手入れとは

フィルターが汚れていると電気代が最大で25%も余分にかかる可能性があるという。こまめに掃除をしておけば、毎回の手入れも苦にならないので心がけたいフィルターが汚れていると電気代が最大で25%も余分にかかる可能性があるという。こまめに掃除をしておけば、毎回の手入れも苦にならないので心がけたい

エアコンの設定についてはわかった。それでは節電のためにできることは、それだけだろうか。
「室内機については2週間に1度以上の定期的なフィルターの掃除がお薦めです。また、室外機については吹き出し口に障害物があると冷暖房効率を弱め、電気代のムダになるので、ふさがないように注意が必要です」と茂田井さん。
室内機のフィルターが汚れてつまると、電気代が最大で25%も余分にかかる可能性があるという。さらに異常音や水漏れ、においの原因になるというから、こまめに掃除しておきたいものだ。

フィルターをはずすときは、まず掃除機などでエアコンパネルの埃を取り除いておくと、埃が降ってくるのを防げる。室内機からはずしたフィルターの埃は、掃除機で吸うか水洗いするが、このとき気を付けておきたいのが、掃除機をかけるならフィルターの外側から、水洗いでシャワーをかけるなら裏側からということ。内側から掃除機で吸ったり、外側からシャワーをかけたりすると、埃が目に詰まってしまう可能性があるからだ。
また、室外機の障害物は、エアコンのしくみによる空気の熱の移動の妨げになる。空調の仕組みは、熱を運ぶ物質「冷媒」により、冷房時には、室内から熱を奪って屋外まで運んで外気に熱を放出し、暖房時は、屋外の外気から熱を奪って室内まで運んで熱を放出するもの。つまり、室外機の周囲にものを置くと、冷房時に放出した熱を吸い直してしまい、エアコンの効きが悪くなるのだ。

加えて、タイマーの活用や、窓や戸の開閉を工夫することにより、使い方の節電につながる。おやすみ時やお出かけ時、タイマーを活用して必要な時間だけ運転することで電気代のムダが省け、消し忘れの心配もない。また、窓や戸の開閉をできるだけ少なめにすることで、外気の浸入による冷暖房効率の低下や電気代のムダを抑えられる。
その他、「内部クリーン機能」が搭載されているエアコンもある。内部クリーンは、室内機内部に付着した水分を蒸発させて乾燥させる機能で、カビや雑菌の繁殖を防止する効果があるので、これらを上手に利用したい。
 
また、プラグを入れているだけで、微量ながら電力が消費されてしまうから、冷房の季節が終わり、長期間使用しないときは、電源プラグを抜いておこう。

設定温度を1℃控えめにする、またフィルターをこまめに掃除するといった積み重ねで、大きな節電になることがわかった。今年の夏は節電をしながら上手にエアコンを使い、快適に過ごしたい。

2015年 06月11日 11時06分