公家言葉の面影を残す船場言葉

船場言葉の商家の長女を指す「いとさん」は「愛しい人」からきた言葉であるようだ船場言葉の商家の長女を指す「いとさん」は「愛しい人」からきた言葉であるようだ

大阪の言葉といえば河内弁や泉州弁が有名で、少々言葉遣いが悪く、早口なイメージがある。地域外からきた人には、普通の会話さえ漫才のように聞こえるという。あるいは喧嘩をしていると思ったのに、よくよく聞いてみると日常会話だったことに驚く人もいるとか。

しかし、大阪にも優雅な雰囲気を与える言葉がある。大阪を舞台としたドラマや小説などで、「いとさんは、別嬪さんやさかいなぁ」などという柔和な言葉遣いを聞いたことがあるだろう。これは商人たちが使っていた「船場言葉」である。
よく聞く「いとさん」は「愛しい人」からきた言葉で、商家の娘を指す。特に長女に使われていた言葉だ。末娘は「こいとさん」が縮まって「こいさん」。中の娘は「なかんちゃん」などとも呼ばれる。

船場は江戸時代以降「天下の台所」とも呼ばれるほど繁栄した商業地帯で、客に対して丁寧な言葉遣いが求められたため、船場言葉は「かんにん(ごめん)」や、「おはようおかえり(いってらっしゃい)」、「いてさんじます(いってきます)」など、品の良い言い回しが多い。公家言葉の影響を強く受けているといわれており、生粋の公家言葉は、京都よりも船場に色濃く受け継がれたともいう説がある。御所のお膝元であるがゆえの遠慮からか、京言葉には、さむらい言葉も多く取り入れられているからだ。たとえば、主人の妻を、船場では「ごりょんさん」と呼ぶが、京都の商業地域では「奥様」と呼ばれることが多いとか。娘は「お嬢様」で、「奥様」「お嬢様」は旗本や小大名の言葉なのだという。

一方「ごりょんさん」も公家言葉でこそないが、鎌倉時代から使われていた「ご料人」から来ている。本来は「将来主君となるべき若君」を指す言葉だが、江戸時代になり、「将来嫁となる女性」を指すようになった。その後、大家のご料人が嫁に入るときには実家の女中が付き添って、嫁ぎ先でも「ごりょんさま」と呼んだことから、若嫁を意味するようになったと考えられている。

船場言葉には、商人らしい金銭感覚が強く反映されている

商人たちが使った言葉だからこそ、船場言葉には、商人らしい金銭感覚が強く反映されている。
たとえば「ええし」という言葉は「良い衆」が語源で、本来は「高貴の人」を意味する言葉だったのが、江戸時代初期には金持ちを指すようになった。上方落語でも、大店のご隠居さんは物知りで、ニコニコと他人の世話を焼くのがセオリーだが、船場では金持ちほど徳のある人格者である、あるいはあるべきだと考えられていたのだろう。

「ええし」の対語となるのは「がしんたれ」だろうか。「がしん」は「餓死」がなまったもので、「がしんたれ」は餓死寸前のような、よろよろとして頼りない様子のこと。「ケチ」と言われるよりもずっとひどい侮辱の言葉だったというから、船場の商人たちにとって、裕福で恰幅がよいことは、何より大切だったのだろう。

しかし、いくら裕福でも、無駄遣いをしていては尊敬されない。たとえば、「しまつする」という言い回しがあり、「しまつのよい人」は重宝された。「始末」は本来、一部始終を意味するが、始めと終わりをきちんと整えることから、船場商人たちは、「倹約」を「しまつする」と表現したのだ。親の世代に才覚を働かせて富を築いても、子の世代に無駄遣いをしては店が傾いてしまうから、「しまつ」が尊ばれたのだろう。だから、大根の葉っぱを捨てずにみじん切りにして炒め、ふりかけにしたり、沢庵はしっぽまで食べたりする。ウナギの頭も捨てず、ハモの皮は刻んで酢の物にして楽しんだ。「しまつや」は「ケチ」とは違うのだ。

大阪弁の「あなたさま中心」の言葉とは

船場言葉だけでなく、大阪弁は基本的に「あなたさま中心」の言葉だと言われる。
たとえば、河内弁の「われ」を標準語にすれば「おまえ」である。「しばいたろか、われ」など、喧嘩のシーンでよく使われる言葉なので、ガラが悪く感じるかもしれないが、日常会話でも使われる言葉だ。この「われ」は「我」が語源だし、大阪弁の「自分」も「あなた」を意味する言葉。「自分、甘い物が食べたい?」と尋ねられた場合、「私は甘い物が食べたいんですけど」と主張しているのではなく、「あなたは甘い物が食べたいですか」と聞かれている。つまり「われ」「自分」は、「あなたにとってのわれ(自分)」の略なのだ。「あなたさま中心」の意識があり、「あなた」の目線から見ているからこそ、第三者を呼ぶ言葉が「われ」「自分」になるのだろう。

お客様を相手にする船場では、その傾向がさらに顕著で、「させていただきます」を意味する「させてもらいます」という表現が多用された。この表現は卑屈すぎると嫌う人も多く、文化庁が発表した「敬語の指針」では、「適切な場合と、余り適切だとは言えない場合とがある(から注意して使うべき)」にと注意喚起されているほど。
しかし船場では、「勉強させてもらいまっさ」などと、日常的に使われていた。「勉強」とは「お値段を勉強する」の略で、値引きすること。お客様に喜んでもらうために値引きしているにも関わらず、「させていただく」になるのだ。それを卑屈であると違和感を抱かれないのは、船場言葉の柔らかさゆえかもしれない。

また、船場では「おいでやすにごめんやすは蔵が建つ」と言われていた。船場言葉の「おいでやす」は「いらっしゃいませ」、「ごめんやす」は「ごめんください」を意味する。つまり、客が「ごめんやす」という前に、店員が「おいでやす」と声をかけるような店は、蔵が建つほど繁昌するという意味だ。
お客様を第一とした、商人らしい考え方だろう。

船場では「おいでやすにごめんやすは蔵が建つ」と言われていた船場では「おいでやすにごめんやすは蔵が建つ」と言われていた

消えゆく船場言葉

船場独特のしゃれ言葉もある。たとえば「値段がもう少し安くなるなら買います」は、船場言葉では「ねえ(値段)と相談」と表現する。これは「姉(ねえ)と相談」に通じるから、「妹の嫁入り」としゃれるわけだ。
他にも、買いたいものがあるのにお金が足りないときは「足らいで泣いている」から「たらいで泣いてる」に通じて、「赤子の行水」としゃれた。

今やこんな言い回しを耳にすることはなくなった。現在の船場はすで商売の町ではなく、船場言葉を使うシーンも少なくなり、今ではほぼその面影を消しているのだ。

だが、たとえば谷崎潤一郎の『細雪』は、船場言葉で語られているからこそ、その情景が浮かぶ美しさもあるだろう。「いとさん」「こいさん」など、現在でも通じる言葉もある。

味のある船場言葉は大阪の文化として、今後も記憶に残していきたいものだ。

■参考資料
武蔵野書院『上方ことばの世界-懐徳堂記念講座より』 徳川宗賢編 昭和60年11月30日初版発行
浪速社『京ことば・大阪ことば』 大阪読売新聞社著 昭和40年8月15日 第一刷発行

文化庁『敬語の指針』

大阪船場に残るかつての商家を彷彿させる旧小西儀助商店大阪船場に残るかつての商家を彷彿させる旧小西儀助商店

2018年 02月22日 11時04分