「ヨコハマ都心臨海部のまちを楽しむ多彩な交通の充実」の一環として誕生したロープウェイ

横浜市・桜木町駅前と新港地区の運河パークを結ぶ日本初の常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」が2021年4月22日に開業する。片道630m、所要時間約5分、最高高さ約40m、ゴンドラ数最大36台、ゴンドラ定員8人、運賃は大人1,000円、子ども500円のロープウェイだ。

ロープウェイの事業主体は大阪市に本社を持つ泉陽興業株式会社。横浜市が2017年(平成29年)から進めているプロジェクト、「ヨコハマ都心臨海部のまちを楽しむ多彩な交通の充実」のひとつとして完成したものだ。このプロジェクト開始のいきさつ、ロープウェイに期待することなどを横浜市都市整備局企画部企画課の松井恵太さんに取材した。

運河パーク側から見た様子(イメージ/横浜市提供)。ルートや支柱の設置場所に配慮したほか、</br>ゴンドラのデザインにもこだわった。ゴンドラは冷房を完備。運行時間は午前10時~午後10時の予定運河パーク側から見た様子(イメージ/横浜市提供)。ルートや支柱の設置場所に配慮したほか、
ゴンドラのデザインにもこだわった。ゴンドラは冷房を完備。運行時間は午前10時~午後10時の予定
運河パーク側から見た様子(イメージ/横浜市提供)。ルートや支柱の設置場所に配慮したほか、</br>ゴンドラのデザインにもこだわった。ゴンドラは冷房を完備。運行時間は午前10時~午後10時の予定汽車道と並行するように運行される「YOKOHAMA AIR CABIN」。散策するも良し、ゴンドラからの景色を楽しむも良し。
横浜観光の楽しみがまたひとつ増えた

いかにして横浜観光の回遊性を高めるかがプロジェクトの課題

JR「桜木町」駅前の「YOKOHANA AIR CABIN」乗り場。本当に目の前JR「桜木町」駅前の「YOKOHANA AIR CABIN」乗り場。本当に目の前

2017年に開始された「ヨコハマ都心臨海部のまちを楽しむ多彩な交通」という名のプロジェクトの課題は何だったのか?

「横浜市の臨海部にはJRや市営地下鉄、みなとみらい線などの鉄道が走っていますが、海のすぐ近くまで意外と行きにくいのが実情です。私たちは縦軸と呼んでいるのですが、都市の構造として横浜駅や桜木町駅、関内駅などから水際線へと向かう縦軸の不足の解消が課題となっていました。横浜は日帰りの観光客が多いため、特に水際線へのアクセスを良くすることで回遊性を高め、より横浜の魅力を知っていただき、いかに長く滞在していただくかを重視してさまざまなプランを検討しましたが、市の予算やできることにも限りがあります。そこで多彩な交通の充実に向けた取組を2017年秋から『公募』という形で開始しました」と松井さん。

その公募のひとつの案として提案されたのがロープウェイだった。
「回遊性の高いエリアの形成というコンセプトが先にあり、初めから今回のロープウェイを考えていたわけではありません。ただ、私たちも漠然とプロジェクト当初からロープウェイを想定していたこともあり、公募の提案を見たときも、突拍子のないものが出てきたという感じではありませんでした」と話す。

今後横浜の人気スポットとして脚光を浴びるであろう「YOKOHAMA AIR CABIN」も、当然課題や難題がなかったわけではない。
「ロープウェイは途中でルートを曲げることができません。起点と終点が決まるとおのずとルートも決まります。当然ルートの下には支柱ができるので、ルート上の水域を利用する事業者や、沿線の地権者から、不安の声があったのも事実です。
そこで、起点と終点の位置、支柱の位置や間隔についてさまざまなシミュレーションを実施し、関係者への説明を繰り返し行いました。最終的にここしかないという場所に決まったのですが、針の穴を通すより難しかったというのが率直な感想です」

「YOKOHAMA AIR CABIN」のルートは道路、海、川、港と関わる場所が多いため法令や基準が多岐にわたり、それぞれの法に適合させることに苦慮したという。また常設式の都市型ロープウェイは前例がないため、どのようなことに注意を払う必要があるのか、まずその整理から膨大な作業が必要だったそうだ。

交通機関の需要予測よりも、民間企業のノウハウを受け入れながら楽しみの提供を優先

横浜駅と山下ふ頭を結ぶ連節バス「BAYSIDE BLUE」。写真は「赤レンガ倉庫前」バスストップ(横浜駅に向かう上り方面のみ設置)。横浜ならではの鮮やかな色も目を引く横浜駅と山下ふ頭を結ぶ連節バス「BAYSIDE BLUE」。写真は「赤レンガ倉庫前」バスストップ(横浜駅に向かう上り方面のみ設置)。横浜ならではの鮮やかな色も目を引く

「多くの公募をいただきましたが、実現できるかどうかはプロジェクトごとにアプローチも課題も異なります。採択する段階では一緒に事業を進めていくことを優先し、なるべくふるい落とさないようにしました。実際11あった提案のうち9つを採択しています」と松井さん。

これから開業する「YOKOHAMA AIR CABIN」のほかにも、臨海都心部を回遊する「オープントップバス」、横浜駅と山下ふ頭を結ぶ連節バス「BAYSIDE BLUE」のバス停上屋の設置など、すでに実現したプロジェクトもある。
「まちを楽しむ多彩な交通」のプロジェクトを進める中で松井さんが痛感したのがマネジメントの難しさだった。

「交通の利便性を高めるためには、鉄道のような大量の輸送機関があり、そこからバスのような地域の交通、補完するためのベイバイク※などを考えます。通常は需要と供給のバランスを考えながら体系的に整備を進めていきますが、今回のアプローチは民間の事業者様から提案をいただき、それぞれ特色の異なる交通モードを市のプロジェクトとして体系化するのが大変でした。ただ、今回のプロジェクトに関しては交通機関の需要予測や推計などのデータは優先せず、あくまで横浜に来た人に喜んでいただきたいということを最優先にして1つ1つ進めていきました」

※ベイバイク/横浜の街中に設置された自転車のレンタル・返却ができるポートを使ったシェアサイクル。借りた場所に返却する必要はなくどこのポートでも借りて・返せるのが特徴。

横浜駅と山下ふ頭を結ぶ連節バス「BAYSIDE BLUE」。写真は「赤レンガ倉庫前」バスストップ(横浜駅に向かう上り方面のみ設置)。横浜ならではの鮮やかな色も目を引く「BAYSIDE BLUE」は人気スポットの山下公園前も運行ルートに(山下ふ頭に向かう下りルートのみ)。
横浜駅から「山下公園前」バスストップまで大人220円でアクセスできる

ロープウェイが観覧車と並ぶ観光スポットになることを期待。今後は水上交通の整備などにも注力

お話をうかがった、横浜市都市整備局企画部企画課 課長の松井恵太さん。「『YOKOHAMA AIR CABIN』の建設など民間企業様がこれだけの投資をしてくれるのは観光客が多い大都市・横浜だからということもあり、本当にありがたいと思います。これからも横浜の都心、そして郊外の魅力アップに貢献できるように尽力していきたいと思います。ぜひ『YOKOHAMA AIR CABIN』に乗って横浜の景色を楽しんでいただきたいですね」お話をうかがった、横浜市都市整備局企画部企画課 課長の松井恵太さん。「『YOKOHAMA AIR CABIN』の建設など民間企業様がこれだけの投資をしてくれるのは観光客が多い大都市・横浜だからということもあり、本当にありがたいと思います。これからも横浜の都心、そして郊外の魅力アップに貢献できるように尽力していきたいと思います。ぜひ『YOKOHAMA AIR CABIN』に乗って横浜の景色を楽しんでいただきたいですね」

桜木町駅前と新港地区の運河パークとを約5分で結ぶ「YOKOHAMA AIR CABIN」。新港地区には商業施設の「ワールドポーターズ」や、人気の観光スポット「赤レンガ倉庫」などがある。汽車道をブラブラ歩いて向かうのも気持ちいいし、ロープウェイを利用すれば桜木町駅からの移動時間を大幅に短縮できるため、景色を楽しむほか多くの場所を観光したい場合にも有効だろう。また前述した連節バス「BAYSIDE BLUE」は赤レンガ倉庫付近にバスストップがあり、横浜駅または山下公園・中華街方面へと向かうことができる(上りと下りで走行ルートが異なる)。バスに揺られて横浜観光が楽しめるはずだ。

「『YOKOHAMA AIR CABIN』に期待するのは、まずロープウェイに乗ることを目的に横浜に遊びに来ていただくこと。または横浜観光のついでに利用していただくなどして、観覧車と並ぶ横浜のシンボルになってほしいと思います。観光客の方に楽しんでいただき、その結果、街全体の活性化のひとつの材料となってくれればと考えています」と松井さん。

現在横浜市では紹介した臨海部をはじめ、市庁舎が移転した関内駅周辺や山下ふ頭などで大規模な再開発が進行中だ。
「例えば歴史や文化の薫りが漂う関内地区は、先進的なオフィスが立ち並ぶみなとみらいとはまた別のアプローチでの開発が求められます。また水上交通の整備にも力を注いでいるところで、陸海空の3つの視点で横浜の街をより良くしていきたいですね」と松井さん。

横浜の美しい街を高所から移動しながら楽しめる「YOKOHAMA AIR CABIN」。「まちを楽しむ多彩な交通」のひとつとして、また新たな観光スポットの誕生がさらなる街の活性化につながることを期待したい。

■取材協力:横浜市都市整備局企画課

お話をうかがった、横浜市都市整備局企画部企画課 課長の松井恵太さん。「『YOKOHAMA AIR CABIN』の建設など民間企業様がこれだけの投資をしてくれるのは観光客が多い大都市・横浜だからということもあり、本当にありがたいと思います。これからも横浜の都心、そして郊外の魅力アップに貢献できるように尽力していきたいと思います。ぜひ『YOKOHAMA AIR CABIN』に乗って横浜の景色を楽しんでいただきたいですね」「YOKOHAMA AIR CABIN」を利用すれば、新港パークにある赤レンガ倉庫にも行きやすい。
より多くの観光スポット巡りにも有効な交通手段だ

2021年 04月15日 11時00分