インテリジェンスの「meetaMAGAZIN」とのコラボ調査!

都会で働く人、地方で働く人の住まい方都会で働く人、地方で働く人の住まい方

日々の暮らしを考える上で「住まい」はもちろん重要だが「仕事」も重要なのは言うまでもない。様々な住まいに関する調査が世の中で配信されているが、今回は住まい×仕事を切り口で調査。調査対象は全国だが、住まいや仕事や地区によって異なるので都会と地方に分けてそれぞれ500人ずつに聞いてみた。(詳しい調査対象は記事末を参照)

この調査は、住まいの「本当」と「今」を伝えるHOME'S PRESSと、適性や志向性から自分らしい仕事と出会えるインテリジェンスのmeetaMAGAZIN(ミータマガジン)のコラボ調査で実現。主にHOME'S PRESSでは住まい面を切り口にした情報をお届けする。仕事面を切り口にした結果についてはmeetaMAGAZINのほうで随時発表するので、あわせてご覧いただきたい。

今回は調査から都会VS地方で見えた、住み方の差について焦点を当ててみた。

meetaMAGAZINE:http://meeta.weban.jp/contents/magazine/

都会で働く人、地方で働く人の住まい方。間取りや費用面で大きな差

調査の結果、都会と地方では「住まい方」に大きく差が見られた。1点目は住まいの種類。地方は「持家一戸建て」が半数を超えたが、都会では「賃貸アパート/マンション」「持家一戸建て」が36.4%で並んだ。地方では一戸建てに住む方が多いためか、間取りに差が見られた。また都会に比べて広い家が多く、「4DK・4LDK以上」が39.8%と最も多くを占めた。

一方で費用面はどうだろうか?地方の方が安いと答えた人が多いことは想像できると思う。今回の調査結果では、特に賃貸において大きな開きが見られたのが特徴的だ。「4万円未満」「4万円以上6万円未満」のいずれも都会と地方とでは、10ポイント以上もの開きが見られた。地方では6万円未満をあわせると、6割弱にも達する。

家賃や価格が安くさらに広い家に住むことができるという、地方の利点が目立つ結果となった。

都会で働く人、地方で働く人の住まい方(単位:%)都会で働く人、地方で働く人の住まい方(単位:%)

住まい環境は都会が「充実」、地方が「安心」がキーワード

住まいの周辺環境はどうだろうか。差は大きいものの、1位はいずれも「スーパーやコンビニエンスストアが充実している」となった。ただし都会では4位に挙がったように「深夜まで営業しているスーパーや飲食店がある」という特徴も見られる。2位には「公共交通機関が充実している」、3位には「繁華街や都心に行きやすい」が挙がり、交通の利便性の良さが結果に表れた。

地方では、3位、4位に挙がった「犯罪が少なく、安全である」「街の雰囲気が落ち着いている」から伺えるように、治安や住環境の良さが特徴的のようだ。

住まいの環境ランキング【複数回答可】(n=1000住まいの環境ランキング【複数回答可】(n=1000

都会VS地方 設備で大きな差は「宅配ボックス」

車の所有率や駐車場で大きな差が見られた。都心での車の所有率が57.2%であるのに対し、地方では87.2%と大きな差が見られた。駐車場は、地方では2台以上が57.2%と多くを占める。一家に一台ではなく、一人に一台を所有する家庭も多いことが分かった。

設備や条件をもう少し具体的に見ていきたい。
地方では一戸建てに住む方が多かったため、「駐車場」以外に「庭(専用庭含む)」で都会と大きく差が開いた。「バス・トイレ別」「ウォークインクローゼット」「断熱サッシ窓」など広さが十分ある地方ならではの設備のある人が都会に比べて多いのが分かる。

マンションにお住まいの方が多い都会では、「宅配ボックス」で約10ポイントもの差があった。また「オートロック」や「防犯カメラ」など、セキュリティ面に考慮した設備が充実している点が特徴として見られる。

上:都会と地方の駐車場の割合
下:都会と地方の住まいの設備・条件上:都会と地方の駐車場の割合 下:都会と地方の住まいの設備・条件

調査概要

■調査概要
【調査実施期間】2015年8月14日~2015年8月15日
【調査対象者】20代~40代までの有職者
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】1000サンプル
うち、都会在住者 500サンプル、地方在住者 500サンプル(※)

※この調査における「都会」「地方」の概念

都会:
ご自宅から繁華街まで公共交通機関を利用して「30分未満」で行ける方
なおかつ以下の地域の居住者
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県

地方:
上記以外の地域の居住者

※この調査の分析上の区分であり、実際の「都会」「地方」に該当するものではありません。

2015年 09月15日 11時06分