日本で2番目に古い商店街

商店街のアーケードにも日本で2番目に古い商店街であることが垂れ幕に書かれている商店街のアーケードにも日本で2番目に古い商店街であることが垂れ幕に書かれている

「日本で2番目の古い商店街」というものが東京にある。台東区の佐竹商店街である。
地下鉄日比谷線の仲御徒町駅の東側、都営大江戸線新御徒町駅の南側にある。住所では台東区台東3丁目。清洲橋通りに佐竹通り南口という信号があるのが、商店街の南端である。

佐竹商店街の竹盛会(関東大震災以前は共睦会)の設立は明治31年(1898)だが、1番目はどこかというと、明治23年に組合をつくった金沢市の中心街の片町商店街だという。36年には長崎市の浜市、37年には心勇会(心斎橋筋商店街)、38年には大分市の尚栄会、40年には東京神田の小川町連合会、京都の新京極連合会、横浜の馬車道商栄会が設立。42年には東京の人形町商誠会、横浜の伊勢佐木一丁目・二丁目会が、43年には心斎橋筋・戎橋筋連合会や栄商会(道頓堀商店街)、44年には三泉市場通商店街、45年には共栄会(渋谷道玄坂商店街)等が設立された(佐竹商店街ホームページより)。

佐竹という地名は秋田藩主佐竹氏から来ている。佐竹商店街一帯は、江戸時代には佐竹藩の上屋敷だったのだ。
以下、都市史家の小林信也の著書『江戸の民衆世界と近代化』により概説する。屋敷の敷地面積は1万6千坪。それが建物ごと陸軍省のものとなった。陸軍省が何もしないうちに、建物は1869年の火災によってほぼ焼失し、荒廃した土地だけが「佐竹が原」と呼ばれて残っていた。ぼうぼうと雑草が茂り、ヘビや蛙がはびこっていた。

1879年に土地は陸軍省から東京府に移管され、東京府のものになり、竹町12番地となった。翌年、そこは東京府勧工場付属地として民間に貸し出された。
勧工場とは百貨店の原型のようなものであり、当時流行した博覧会を常設化し、展示だけでなく販売する場所だった。工業を勧業する場所という意味であろう。1902年時点で銀座、浅草などに27ケ所の勧工場ができ、最盛期を迎えたものである。

岩崎弥太郎から花やしきの経営者へ

佐竹商店街入口佐竹商店街入口

土地を借りたのは三菱の岩崎弥太郎。岩崎が社長を務める郵便汽船三菱会社が神田に設立した商業学校の移転用地としてだった。

ところが岩崎と東京府は借地条件のことで調整が付かず、学校は建てられなかった。そこで今度は東京憲兵本部が岩崎の許可を得て練兵場として借地を願い出た。だが東京府は、岩崎と憲兵本部が勝手に交渉を進めたとして願い出を拒否した。
結局明治15年(1882)に岩崎は東京府に土地を返還。翌83年には熊谷直温ら4名が借地を願い出て許可され、彼らが土地を整備した。

熊谷らは、武家屋敷であるから、池や築山があったのを整地して、井戸を掘り、街路を格子状に造り、まわりの堀にかかる橋を架け直した。
そして熊谷らが物品陳列所委員を務める勧工場をつくり、三井呉服店の三越得右衛門をはじめ、11の業者が陳列所を設けた。休息所を兼ねた茶店、弁当店、盆栽や盆栽鉢の店、写真店、魚問屋・乾物屋が営む諸国名産販売店、小鳥屋などがあった。

業者の中に盆栽店を出した森田六三郎と、盆栽鉢店を出した島田惣兵衛がいた。森田は浅草で花やしきを経営する人物であり、島田は森田の後ろ盾、代理人であった。

遊園地のような場所

だが当初は、佐竹が原は、道化などの芸能や見世物、遊技場、温泉場などの興行地としても開発されようとしていたという。つまりミニ浅草であり、花やしきのようなものだったのだろう。

実際の興行については、浄瑠璃も公演があったようだが、面白いのは大仏である。これは、彫刻家高村光雲の発案で、高さ18メートル近い張りぼての大仏を光雲自身が制作し、大仏の中を人が見られるようにし、物品も展示し、大仏の上から展望する場所を設け、最後には閻魔大王の踊りを舞台で披露するという、何だかハチャメチャなものだったらしい。

そもそもこうした興行は、それ以前は秋葉原で行われていた。秋葉原は、1869年の大火で消失した神田相生町一帯が火除明地となり、鎮火神社が創設された場所であるが、そこに浅草、両国の広小路、筋違い橋の広小路で興行していた芸能、見世物が移転してきたのである。
ところが佐竹が原が開発されると、それらの興行が佐竹が原に移転したのだという。

佐竹商店街近くの街並み佐竹商店街近くの街並み

人が急増し商店も激増

アメ横アメ横

だが佐竹が原は1884年9月の台風で大きな被害を受ける。興行も消え失せてしまった。
すると今度は、人家が建ち始めた。家が増えると店も増え、大衆的な飲食店もでき、最後には竹町という市街地、つまり「新開地」ができたという。興行小屋の復活も企図されたがうまくいかなかったらしい。

1890年代に入ったころには人口は3000人近くに増えた。そのころ『最暗黒の東京』の著者でジャーナリストの松原岩五郎が佐竹が原を取材している。
2,000軒の棟割りの連続した商店があり、馬肉屋が繁盛を極め、そば屋、うどん屋、寿司屋、煮売り屋、揚げ物屋、飯屋、餅屋、居酒屋、よろず屋、がらくた屋、芝居小屋など無数の店が毎月のようにどんどん新しく出店し、「一種異様」な雰囲気を生み出していたという。
何だか展開がものすごく速いが、これが急激に変貌する明治の東京のパワーなのであろう。実にダイナミックで活気に溢れている。

さらに1897年に出された『新撰東京名所図会』によると、佐竹が原は、中央を貫通する道路(つまり今の佐竹商店街であろう)の両側の裏手には棟割り長屋が並び、今風に言えば、土木作業員、日雇い労働者、あるいは人力車の車夫、辻芸人、占い師、縁日商人、あんまなどの職業の貧しい人々が密集して住んでいたらしい。

今の佐竹商店街は、シャッター通りと言うほどではないが、正直寂れた感じは否めない。それがむしろ味を出しており、痛切なる感覚があって散歩をするにはふさわしい、などと言っては失礼か。

貧しい人々が密集していたという場所も今では多くがマンションに建て替わりつつある。近くのアメ横の、買う方だけでなく売る方の人も世界中から集まっている活気溢れる状況が、現代の佐竹商店街なのであろう。

2020年 02月26日 11時05分