こたつが生まれたのは、なんと、室町時代

室町時代のこたつは、囲炉裏の火力を落として灰をかぶせ、その上に簀の子に短い脚をつけた台を置き、衣服をかぶせたものだった室町時代のこたつは、囲炉裏の火力を落として灰をかぶせ、その上に簀の子に短い脚をつけた台を置き、衣服をかぶせたものだった

冬になると恋しいこたつは、日本の家庭ではおなじみの家電。その歴史は想像以上に古く、室町時代にまでさかのぼる。

室町時代のこたつは、囲炉裏の火力を落として灰をかぶせ、その上に簀の子に短い脚をつけた台を置き、衣服をかぶせたものだった。その後、床の一部を少し掘り下げて、低い位置に囲炉裏を設置する工夫もされた。
江戸時代になると、やぐらに組んだ台に布団をかぶせた「やぐらこたつ」が登場する。これは台部分が高くなったことから「高こたつ」とも呼ばれた。そして腰を掛けて座れるよう、床をさらに深く掘った「腰掛けごたつ」「切りごたつ」も誕生するが、このころまではこたつの位置を変えることができなかった。

その後、火鉢とやぐらを組み合わせた、可動式のこたつが誕生した。一般家庭に普及していたのは、このタイプのこたつのようだ。さらに瓦製の行火に布団をかける形式のものも発明されて、種類が増えていく。

一般家庭に掘りごたつが作られたのは、明治時代になってから。イギリス人陶芸家のバーナード・リーチが作ったと言われている。彼は、日本民藝館の設立にあたって尽力するなど、日本で活動していたが、どうしても正座が苦手だったので、腰掛けるタイプのこたつを提案したのだそうだ。
このころまで、熱源は木炭や炭団(たどん)だったので、誤ってさわるとやけどの危険性があったし、一酸化炭素中毒を起こす可能性もあった。熱源を電気にした、いわゆる電気ごたつが登場するのは戦後のことである。これにより、火事や事故の心配なく、こたつが安全に利用できるようになったのだ。

こたつは、文芸作品にも登場

時代を越えて愛されてきたこたつは、江戸時代の文芸作品にも登場する。
たとえば、近松門左衛門の名作『心中天網島』には、「時雨のこたつ」と呼ばれるシーンがある。紙屋治平は遊女と恋に落ち、商売をおろそかにし、経営難に陥ったうえ、厄介ごとを嫌った遊女屋からも出入りを禁じられてしまう。せっせと働く妻のおさんをよそに、こたつでふて寝している治平。なんとも情けない男ではあるが、時雨は治平を非難する世間、こたつは治平を保護して暖める妻のおさんを暗喩するものと解釈されている。
つまり、江戸の庶民にとっても、こたつは人々を暖かく包んでくれる存在だったのだろう。

落語の「按摩のこたつ」では、火事を恐れてこたつを使わない大店の番頭が、お酒を飲んで体温の上がった按摩の身体をこたつ代わりにするという、一風奇妙な風景が登場する。落語だから「めでたしめでたし」で終わらず、店中の若い連中が、われもわれもと「按摩こたつ」にあたりにきて、大騒ぎになるのだが、この落語からも、こたつが江戸の人々に愛されていたとわかるだろう。

また、陰陽五行説で、もっとも「陰」の気が強い干支は「亥」で、亥の月の亥の日を「亥の子の日」という。亥は陰陽五行説で水にあたり、こたつは火を使う家具だから、「亥の子の日」にこたつを出して、火事にならないようにとの願掛けをする家庭も多かったそうだ。

現代のこたつの仕組み

現代のこたつの発熱体には赤外線ランプヒーターと石英管ヒーターがある現代のこたつの発熱体には赤外線ランプヒーターと石英管ヒーターがある

現代の電気ごたつは、簡単に言えば、やぐらの中を温める「発熱体」と、温度調節をする「サーモスタット」、そして電源を入れたり切ったりする「コントローラー」の3つで成り立っている。サーモスタットは、やぐらの中の温度を逐次検出し、マイコン制御により発熱体への通電をこまめにON/OFFする方式のものが多い。

発熱体には赤外線ランプヒーターと石英管ヒーターがある。赤外線ランプヒーターは、ハロゲンヒーターを用いたものが多く、電源をONするとすぐに発熱するが、熱源の大きさと発熱性能が比例するので、体積が大きく、邪魔になるのが難点だ。

その点、石英管ヒーターは、石英管で覆ったニクロム電熱線が発熱するもので、発熱体が小さくて邪魔にならず、見かけもスッキリしている。やぐらの中が明るくならないので、暖かさを実感しづらいのは短所かもしれないが、夏場もこたつを収納せず、布団をはずしてテーブルとして使うなら、石英管ヒーターが適している。

インテリアとしても防寒具としても優れた最新の商品

近年、エアコンの暖房性能も向上し、スイッチを入れればすぐに部屋が暖まるため、こたつを使う家庭は少なくなった。しかし、暖かいだけでなく、居心地の良い空間を作ってくれる新しいこたつが登場しているので、紹介しよう。

まずは、フロアーコーナーソファーと一体型のこたつだ。ソファーでこたつを取り囲んだ形なので、フローリングにおいてもお尻の下がふかふか。子供が走り回ってもすべらず、騒音になりにくい。背もたれにもたれてのんびりくつろぐのも良いし、背もたれを枕にして横になっても良い。
また、ダイニングこたつもユニークだ。テーブルタイプのこたつに布団がとりつけられたもので、椅子に座ってこたつにあたれるもの。掘りごたつを設置するには工事が必要だが、これなら足をきゅうくつに折り曲げなくても、温まることができるだろう。脚元だけを暖める一人用の小型こたつもあり、勉強部屋などで活躍しそうだ。

日本の家庭に愛されてきたこたつ。その歴史や新しい工夫を知ることで、改めてこたつの魅力を見直してみてはいかがだろう。

こたつは古くから日本人に愛されてきたこたつは古くから日本人に愛されてきた

2016年 10月08日 11時00分