「夏は外務省が日光に移る」と言われた華やかな国際避暑地・日光

栃木県の『日光』といえば、関東エリアを代表する観光地というイメージがあるが、実は軽井沢(長野県)・野尻湖(長野県)・高山(宮城県)などと並ぶ“国際避暑地”として外国人文化と共に地域発展を遂げてきた歴史があることをご存知だろうか?

国際避暑地・日光の歩みが始まったのは1872(明治5)年のこと。明治維新に大きな影響を与えたとされるイギリスの外交官、アーネスト・サトウが初めてこの地を訪れ、その後、横浜外国人居留地の英字新聞に4回にわたって「日光の魅力」を寄稿。1875(明治8)年には、サトウの旅日記をまとめた日光ガイドブック『A GUIDE BOOK TO NIKKO』が出版されたことによって日光の地名が駐日外国人のあいだで広く知れ渡るようになり、中禅寺湖畔に別荘を構える大使館関係者が増えたという。

明治中期から昭和初期にかけて、中禅寺湖畔に建ち並んだ外国人別荘は40棟以上。「夏は外務省が日光に移る」とまで言われていたそうだから、そのエピソードからも当時の華やかなりし国際避暑地の様子が窺える。

しかし、国際避暑地としての最盛期から約1世紀を経たいま、外交官の夏の社交場であったはずの別荘建物は、残念ながら老朽化が進みつつある。栃木県が管理運営する『イタリア大使館別荘記念公園』で、建物保存に関する取組みについて聞いた。

▲木立の中に佇む『イタリア大使館別荘記念公園』はかのフランク・ロイド・ライトに師事し、外交官でもあったモダニズム建築の巨匠、アントニン・レーモンドの設計。昭和3(1928)年、イタリア大使デラ・トーンからの依頼によって建てられた▲木立の中に佇む『イタリア大使館別荘記念公園』はかのフランク・ロイド・ライトに師事し、外交官でもあったモダニズム建築の巨匠、アントニン・レーモンドの設計。昭和3(1928)年、イタリア大使デラ・トーンからの依頼によって建てられた

駐日外国人が望郷の想いを寄せた奥日光・中禅寺湖畔の風景

▲栃木県 環境森林部 自然環境課 自然公園担当の和田匠子さん。「個人的にはここから眺める風景が一番好きです」と和田さんが語る、中禅寺湖と八丁出島を望むカフェスペースの窓辺にて撮影▲栃木県 環境森林部 自然環境課 自然公園担当の和田匠子さん。「個人的にはここから眺める風景が一番好きです」と和田さんが語る、中禅寺湖と八丁出島を望むカフェスペースの窓辺にて撮影

「山があって、湖があって…奥日光の風景はイタリアのコモ湖やフランス・スイスにまたがるレマン湖など、ヨーロッパの避暑地とどこか似ているところがあり、日本に駐在している外国人の方にとっては“故郷を想わせる風景”だったことからこの場所が好まれたと言われています。

当時は『内地旅行規制』という制度的な問題があり、外国人が日本国内で自由に旅行できる場所は限られていたのですが、そのなかのひとつが日光だったということもあって、大使館関係者が東京と日光を行き来するようになったようですね」

日光の国際避暑地の歴史について教えてくださったのは、栃木県環境森林部の和田匠子さんだ。和田さんによると、令和の現在も大使館別荘としての機能が存続しているのは『フランス大使館別荘』と『ベルギー大使館別荘』の2棟のみだという(※以下「」内は和田さんのコメント)。

「日光が観光地として注目されるようになると、日光東照宮のあたりまで一般客が多く訪れるようになったため、山の上のほうへと静かなエリアを求めるようになり、奥日光の入り口である中禅寺湖畔に駐日外交官の方たちの別荘が建てられるようになったようです。

その後、第二次世界大戦がはじまって別荘の主たちが国へ引き上げることになり、国際別荘地の風景は廃れてしまったのですが、戦時中は地元の管理人さんたちが別荘を守り、終戦後に再びここへ戻ってくる外国人の方もいたと聞いています。戦争に分かたれることなく、ずっと絆が続いていたということからも、地元の方たちと外交官の方たちの良好な関係性が窺えます。

ちなみに、今もフランス大使館別荘とベルギー大使館別荘の2棟は別荘としての機能が存続しており、大使館職員の方が訪れていらっしゃいますが、その他の多くの外国人別荘は残念ながら無くなってしまいました」

「地元のものを使うから面白い」レーモンドのこだわりが詰まった杉皮張り

今回和田さんに案内していただいた『イタリア大使館別荘記念公園』は、昭和3(1928)年に建築家のアントニン・レーモンドの設計で建てられ、平成9(1997年)まで歴代の大使や関係者が別荘として使用していた。しかし、平成10(1998)年に栃木県がイタリア政府から建物を買い受けることが決まり、現在は県の管理の下で保存・運営されている。

「イタリア大使館のほうから“建物が老朽化して維持が難しいので売却先を探したい”との要望があり、民間からも何件か申し込みがあったようです。しかし、民間の手に渡ってしまうと、建築学的にも大変貴重なこの建物を、当時の姿のままで保存できるかどうかがわからない。そこで、県が建物購入を申し出てイタリア大使館別荘は廃止に。平成12(2000)年から『イタリア大使館別荘記念公園』として一般公開することになったのです」

イタリア大使館別荘が「建築学的にも貴重」とされているのは、その設計意匠に理由がある。外装・内装ともに地元特産の日光杉を使った『杉皮張り』で、中でも印象的なのは、外装の戸袋部分が『杉皮』と『こけら板』を組み合わせた市松模様になっている点だ。この『杉皮張り』こそ、設計者であるアントニン・レーモンドのこだわりだったという。

「当時の記録によると、建物は地元の大工さんが建てて、杉皮は地元の職人さんが張っていったもの。“材料も、技術も、地元のものを使って建てるから面白い”とレーモンドは語っていたようです。しかし、県が建物を買い受けた時には、杉皮の市松模様が見えなくなるほど色褪せ、苔むしてボロボロになっていましたから、一度建物をすべて解体し、調査研究を行ったあと、極力当時のものを使ってそのままの形で再現したのです」

▲「レーモンド設計というと、石造りの重厚なイメージがありますが、日光杉の杉皮を使った建物はおそらくここだけでしょうね。地元の材料を使用し、地元の大工さんを使うことで、地元の職人さんたちの技術も継承していきたいという想いがあったと思います」と和田さん。左上の3枚は戸袋の市松模様が特徴的な本館。右下は大使に随行した使用人が宿泊するために建てられた副邸だが、副邸の外装・内装にも当時から杉皮が使われていたという(現在副邸は資料館として公開中)▲「レーモンド設計というと、石造りの重厚なイメージがありますが、日光杉の杉皮を使った建物はおそらくここだけでしょうね。地元の材料を使用し、地元の大工さんを使うことで、地元の職人さんたちの技術も継承していきたいという想いがあったと思います」と和田さん。左上の3枚は戸袋の市松模様が特徴的な本館。右下は大使に随行した使用人が宿泊するために建てられた副邸だが、副邸の外装・内装にも当時から杉皮が使われていたという(現在副邸は資料館として公開中)

湖を“主体的な風景”として採り入れたピクチャレスクな設計思想

県が建物を買い取った際、別荘内で使われていた家具の多くがイタリア大使館から寄贈されたため、別荘内ではまるで時が止まったかのように当時の様子を窺い知ることができる。

明治期の設計概念では、社交場として使われる『居間』と、家族が使用する『食堂』は別々に配置される間取りが一般的だったが、この別荘の1階には居間と食堂を組み合わせたいわゆる“リビング・ダイニング”があり、当時としては画期的なプランニングだったという。また、中禅寺湖を望む2階主寝室や子ども部屋にも杉皮の内装が施され、網代張り・矢羽根張りと各室で張り模様が変えられるなど、技巧を凝らした意匠も当時のままだ。

「イタリア大使館別荘は、一見したところ洋風ではあるものの、実は欄間や縁側を採り入れるなどして和洋折衷のデザインになっています。また、縁側の大きな窓も、湖面を上から見下ろすのではなく、まるで湖面へと続くかのように目線が揃えてありますから、中禅寺湖を“建物の主体的な風景”として採り入れたレーモンドのピクチャレスク(絵画的な風景を尊ぶ美的概念)な設計思想が窺えます。

県としても、極力その設計思想を受け継いでいきたいと思ってはいるのですが、杉皮を含めて県産の材料だけでそれを維持するのが難しくなってきていますので、せめて意匠性だけでもより長く後世へ受け継いでいきたいと考えています」

▲イタリア大使館別荘内の様子。展示の都合で一部板張りに変更した箇所もあるが、居間や食堂、縁側、主寝室の内装は、当時のまま杉皮張りの意匠で再現されている▲イタリア大使館別荘内の様子。展示の都合で一部板張りに変更した箇所もあるが、居間や食堂、縁側、主寝室の内装は、当時のまま杉皮張りの意匠で再現されている

「愛される建物にしていくこと」が担当者としての使命

「丁寧に造られた建物だからこそ、守りたいという気持ちになる」と和田さん。イタリア大使館別荘は平成13(2001)年に国の登録有形文化財となり、定期的にこまめなメンテナンスを繰り返しながら建物保存に努めているが、湖の畔ならではの立地特性で湿気が多く、今後も約20~25年に一度の大規模修繕は欠かせないという。

「伊勢神宮でも20年に一度の遷宮が行われますし、やはり技術の継承も含めた建物保存について考えると、それぐらいのタイミングで大掛かりな修繕を続けていかなくてはいけないんでしょうね。日光は“和”のイメージが強いと思いますが、国際避暑地としての“洋”の面影が残っているのはこのエリアだけ。日光の歴史を伝える意味でも多くの方に観ていただきたいと思います。

ただし、どうしても保存のための予算的な課題はついてまわりますから、皆さんに観ていただいて、この建物を好きになってもらわないと、いつか“あんな建物、もう要らない”と切り捨てられてしまう可能性があります。そうならないように、愛される建物にしていくことが私たち県担当者の使命だと考えています」

==============================

栃木県では、今後『イタリア大使館別荘記念公園』の一部をワーケーション対応の公共施設とする計画があり、本館に隣接する副邸は『Wi-Fi完備のコワーキングスペース』として2020年秋頃から運用開始予定。より多くの人たちに観てもらい、使ってもらい、知ってもらうことで、建物保存につなげようと考えている。コワーキングスペースというのは少々意外な活用法ではあるが、こうした新たなアプローチによって“建物への愛着”を受け継ぐ次世代を育んでいくことが、未来の建物保存活動への第一歩となるのかもしれない。

■取材協力/イタリア大使館別荘記念公園
https://www.nikko-nsm.co.jp/italy.html

▲イタリア大使館別荘記念公園から中禅寺湖を望む窓辺の風景(和田さん撮影)。国際避暑地華やかなりし頃は、各国の大使たちが集まり、中禅寺湖でヨットレースなどが繰り広げられたという。「別荘の窓からは湖と山しか見えません。この風景は明治の当時からずっと変わっておらず、時代を経ても変わらないもの。きっと歴代の大使の方たちは、この風景を眺め、愛しんできたのだと思うと浪漫がありますよね」と和田さん▲イタリア大使館別荘記念公園から中禅寺湖を望む窓辺の風景(和田さん撮影)。国際避暑地華やかなりし頃は、各国の大使たちが集まり、中禅寺湖でヨットレースなどが繰り広げられたという。「別荘の窓からは湖と山しか見えません。この風景は明治の当時からずっと変わっておらず、時代を経ても変わらないもの。きっと歴代の大使の方たちは、この風景を眺め、愛しんできたのだと思うと浪漫がありますよね」と和田さん

2020年 09月03日 11時05分