柳川、大牟田にみるDIYリノベーションによる空き店舗活用

全3回に渡って連載する「FUKUOKA DIYリノベWEEK 2015」。第2弾の今回は、バスツアー「筑後地方のDIYリノベ1泊2日の旅」の後編である柳川、大牟田エリアをレポートする。

前回の記事(【筑後DIYリノベ旅①】八女福島の町家建築の保存活用に向けて)では、いまも白壁土蔵の町家建築が100棟以上残る八女福島で、空き家をリノベーションし、その町並みを保存しようとまちづくりを推進しているNPO 八女空き家再生スイッチの取り組みをお伝えした。

今回お伝えする柳川と大牟田エリアでは、どういった取り組みがされているのか。バスツアーの様子をお伝えしたい。

柳川商店街の未来の起業家を創出するコミュニティ拠点

柳川は八女と同じく、古くは柳河藩の城下町で、商業の中心地として栄えた地である。城下町には堀が張り巡らされ、その堀を船で下る川下りは、まちを代表する観光アクティビティとなっている。
そうした観光資源を持つ柳川市の人口も、昭和35年の86,888人をピークに平成22年の国勢調査では71,375人と減少し続けており、住民の高齢化も大きな課題としてのしかかっている。市内にある柳川商店街に至っては、こうした人口減に加えて店舗の後継者不足、郊外型ショッピングモールなどの進出による顧客の流出で、空き家や空き店舗が増加、シャッター通りとなっているのだ。

そうした中、商店街には柳川の特産品や土産品を取り揃えるアンテナショップがオープンするなど、新たな動きを見せている。そして今回、柳川商店街にある築80年以上の空き家を活用した新しいスポットとして「KATARO base 32」が企画されている。
柳川の伝統的な家屋の形である「鰻の寝床」と呼ばれるこの建物は、間口が狭く奥行きの長い形状をしている。入り口からの奥行きは実に32メートルもあり、家屋の一番奥は堀に隣接している。堀を交通路や生活用水、貯水池として使っていた当時の生活様式を今に残す建物である。
「KATARO」=「かたろう」、柳川言葉で「参加しよう、仲間に入ろう」という意味が込められたこの施設は、将来的に柳川商店街への正式出店をする「起業家の創出」を目的としており、オフィススペースの提供や起業支援イベントの開催などを通じて、起業を目指す人々のコミュニティ形成のサポートをしていくという。

また施設内には、昭和2年頃に作られたとみられる大きな樽が設置されてある。元々は酒蔵で使用されていた酒樽を、このプロジェクトを推進する柳川市地域おこし協力隊 阿部昭彦さんが一人用オフィスとして活用する試みをしている。

柳川の伝統的な商店の形である「鰻の寝床」と呼ばれる建物。奥行きは32mもある。柳川の伝統的な商店の形である「鰻の寝床」と呼ばれる建物。奥行きは32mもある。

”ビンテージのまち”として生まれ変わりつつある大牟田

バスツアー最後の訪問先となった大牟田。この大牟田は今から50~60年前、炭鉱の街として栄えていた産業都市である。
しかし石炭産業の衰退と共に炭鉱が閉山、急速な地域経済の衰退と人口減が始まり、柳川と同じく昭和35年のピーク時には20万人いた人口も、現在は6割まで減少(参考:平成23年大牟田市住民基本台帳人口)し、2010年には過疎地域に指定された。まちを見渡すと、商店街にある店舗のシャッターがほとんど閉まっており、残されたアーケードの名残などから大牟田がいかに急速に衰退したのかを感じることができる。

そうしたまちの遺構を残しつつ、DIYリノベーションによって逆に味わい深い「ビンテージのまち」を目指そうと発足したのが代表の冨山博史さんを中心とする「大牟田ビンテージビルプロジェクト」である。
平成26年5月、今回のFUKUOKA DIYリノベWEEK 2015を主催するNPO法人 福岡ビルストック研究会理事長吉原勝己氏の指導の元、大牟田ビンテージのまち株式会社を設立し、まずは3棟の自社ビルのテナント店舗やマンションを中心にDIYリノベーションを実施した。

冨山さんたちはリノベーションなどの施工を専門業者には頼まず、あくまで自分たちの手で快適な生活空間を作るという点にこだわっている。入居者に対して月に2回程度、ワークショップとしてDIYの作業に参加してもらい、その活動で家賃が安くなるという仕組みを作った。DIYの活動自体がコミュニティとして機能し、実際にその部屋に住まない人にとっても愛着が生まれるような部屋や店舗づくりを目指しているという。
DIYのワークショップだけでなく、テナントの貸主は地域のゴミ拾いボランティア活動「グリーンバード」に参加することで同じく賃料の減額がされるシステムを導入している。ごみ拾いを通じてまちを清掃し、”まちづくり”に参加することで、住民同士のコミュニケーションが取りやすい環境を提供している。

大牟田市内の商店街。ほとんどの店舗は閉まっており、シャッター通りになっている大牟田市内の商店街。ほとんどの店舗は閉まっており、シャッター通りになっている

リノベーションを通じて、それぞれに共通するまちへの想いを実現する

今回紹介した阿部さん、冨山さんの二人にはある共通する想いがある。

柳川の「KATARO base 32」を推進する阿部さんは横浜出身の元教師である。30年近く東京の中高一貫校で教師をしていたが、協力隊員として訪れた柳川に張り巡らされた堀の水の流れそのままの、東京とは異なるゆっくりとした生活に惹かれ、東京と柳川を往復する生活、いわゆる「二拠点居住」を開始したという。
そして、柳川商店街が直面しているシャッター通りという現状に対して、自分にできることはないかと進めたのが、将来の商店街の起業家を育成する起業支援だった。
「自分の故郷である大牟田の地が今後なくなるかもしれないという危機感を抱いたのがきっかけでした」と語るのは大牟田出身で「大牟田ビンテージビルプロジェクト」代表の冨山さん。
もともと大牟田で繁華街の飲食店経営や貸店舗を営んでいた冨山さんは、せめて自分が所有するビルの空き店舗だけでも若者が集りやすい環境を作りたかったのだという。

東京と柳川の二拠点移住をして、柳川商店街で起業支援をサポートする拠点を生み出そうとする阿部さんと、大牟田の老朽ビルを住民や仲間同士でリノベーションし、まちの治安と住みやすさの両方を解決していこうと地元への想いを持ち続ける冨山さん。
一見すると、取り組みの内容はそれぞれ異なるものの、どちらもその土地の良さや個性を見直し、古くからある資産を再活用して、それらを活用していきたいという強い思いは共通していた。

今後、プロジェクトの進行と共に、それぞれのまちが人々の想いをかたちにしつつ、どのように活性化していくのかに注目していきたい。

最終回となる第3弾は、久留米で開催された今回のFUKUOKA DIYリノベWEEK 2015のメインイベントでもあるシンポジウムの様子をレポートする。

「KATARO base 32」を推進する阿部 昭彦さん(左)と「大牟田ビンテージビルプロジェクト」代表の冨山博史さん(右)「KATARO base 32」を推進する阿部 昭彦さん(左)と「大牟田ビンテージビルプロジェクト」代表の冨山博史さん(右)

2016年 01月07日 11時00分