侘び寂びを感じる日本庭園

近年、古い建物のリノベーションが人気で、町屋を再生した食事処やお店を利用したことがある人も少なくないだろう。古い建物自体も魅力だが、家の中から庭を見るのが楽しみだという人もいる。縁側や大きな窓のある町屋では、ひなたぼっこをしながら庭を眺められることも多く、侘び寂びを感じさせる和風の庭園をただ見ているだけでも気持ちが落ち着くのではないだろうか。それもそのはず、そもそも日本の庭園は、仏教の天国である「極楽浄土」や、仙人が住むと言われる「蓬莱山」などを模してつくられたもので、家にいながらにしてその景色を楽しもうとするものだからだ。
家にいる時間は落ち着いてくつろぎたいもの、新築の際は日本庭園とはいかないまでも、和風の庭園を造りたいと思う人も多いのではなかろうか。もちろん新築時だけでなく、リフォームも可能だ。造園業者に頼めば本格的な日本庭園にすることも可能だが、ガーデニングの普及によりDIYで和風の庭園をつくることも可能となった。そこで、和風庭園のしつらえについて見てみよう。

庭の広さを考えて工夫する

砂利で水を表現した「枯山水」は「築山」の庭になる砂利で水を表現した「枯山水」は「築山」の庭になる

本格的な日本庭園は、眺望園と逍遥園に区別できる。眺望園は、その名の通り座敷や客間から眺める庭のこと。それに対して逍遥園はそぞろ歩きもできる程度の広さをもった庭を指す。現代の日本で逍遥できるほどの庭スペースを確保するのは難しいだろうから、ここでは主に眺望園について説明していこう。
面積の限られた日本では、いわゆる「坪庭」が多い。坪庭とは建物の間にある土地に作られた庭や、垣根や塀の中にある小さな庭のことだが、工夫次第では風雅な庭になる。
日本庭園は、築山と平庭にも分類できる。築山は山を作り、水や砂利などで池や滝を表現するもの。平庭は平坦な土地に景色を作るものだ。
「狭い庭に山や池を作るなんて無理」と思われるかもしれないが、配置によっては広く見せられる。たとえば池を作る場合、端が見えないように岩や植え込みを置くだけで、広がりを感じさせることができるし、塀にかぶせるように土を盛れば山もできる。工夫次第で、狭い土地でも山や池を作れるのだ。

日本庭園に必要なもの

池はDIYで造るのが難しい池はDIYで造るのが難しい

日本庭園と言えば、敷石や飛び石、そして砂利だろう。縁側などの出入口から庭に出たところには大き目の敷石が置かれている場合が多い。ここは履物を脱いだり履いたりする場所で、「沓脱石(くつぬぎいし)」とも呼ばれている。庭を通過する経路には、丸い飛び石などを配置すると良いだろう。石の上だけを通れば、周囲の砂利や植物を荒らさずにすむからだ。この時、石の置き幅はなるべく狭めにしておくと良いだろう。せっかく日本庭園を造ったのだからと、とことん和風気分を味わいたくなっても、着物では大股で歩けない。せっかく和服で日本庭園を楽しもうとしても、これでは台無しになってしまう。
また、庭を造る前に防草シートを敷き詰めておくと雑草が生えにくくなり、草刈りの手間が省ける。その上に灯篭や石などを配置していくのだが、できれば、庭のシンボルとなる樹木を一本植えてみよう。庭の雰囲気を象徴する樹なので、選定は慎重に。伝統的な日本庭園では、松や槇(まき)、榧(かや)、櫟(いちい)、樫の木などが好まれてきたが、あまり大きくなると落葉が近隣の迷惑になる可能性もあり、掃除も大変になるから、庭の広さを考慮して選ぼう。

せっかくの日本庭園だから池を造りたいという希望もあるだろう。しかし、池はDIYで作るのは難しい。排水を考えずに土を掘ればすぐに苔や藻が生えて濁ってしまい、透明度を保つのが難しいし、夏にはボウフラが湧き、蚊が大量発生する恐れもある。こればかりは造園業者に頼む方が無難だろう。

ししおどしを置いてみる

ししおどしがあると日本庭園らしさが高まるししおどしがあると日本庭園らしさが高まる

ただし、ししおどしなら樋によって排水ができるので、DIYでも設置が可能だ。そこで次にししおどしの設置方法を見ていこう。
ししおどしの「しし」は、獅子ではなく、鹿や猪のこと。本来は野生の動物が庭に入り込んで荒らすのを防ぐために設置されたものだ。節のある竹の先端を斜めに切り、真ん中あたりに支柱をつけて、先端から少しずつ水を流し込むと、ある程度溜まったところで重さに耐えられなくなり、水をこぼす。そして竹が元の位置に戻ったとき、底部分が石などに勢いよくぶつかり「カーン」という鋭い音を立てるものだ。
竹の部品から自作するとなると、バランスや、良い音を立てるための錘などに試行錯誤が必要だが、市販のものもあるので利用すると手軽だろう。庭に設置する際は、竹の底部が当たる場所に大き目の石を置き、竹の先端に水が少しずつ流れ込む仕掛けを作れば良い。水道のそばに設置すれば簡単だが、それでは雅趣に欠けるので、竹で支柱と注ぎ口を作って、中にホースを通せば本格的になる。もちろん、造園業者に依頼すれば本格的なものができるが、市販のものを利用して自作すれば、格安で設置できるので、挑戦してみるのも良いだろう。

花壇を作って、スイセンやフクジュソウ、ホトトギスなどの和の花を植えても、季節折々の風景を楽しめるだろう。
そして最後に、全体に砂利を敷き詰めるとグッと日本庭園らしくなる。

DIYで日本庭園をつくる予算は?

造園業者に依頼すれば、本格的な日本庭園ができるが、坪庭でも50万円程度はかかるうえ、維持費用も必要となる。DIYでつくる場合、どの程度の予算を考えればよいだろうか?
もちろん、グレードを上げれば際限がないが、砂利を3センチの厚さで敷き詰めるとしたら、1平方メートル2,500円程度から。ホームセンターやインターネットで購入できる。敷石も300×600ミリの御影石で3,000円、サイズの小さい飛び石なら、1枚1,000円程度で見つかる。ししおどしをつくるなら、部品や石などをふくめて1万5,000円ほど。松も苗木から育てるなら500円もかからない。
庭の広さにもよるが、小さな坪庭ならば、5万円強でもDIYができそうだ。

大がかりな工事は難しくても、松などの樹を植えて飛び石を置き、砂利を敷き詰めるだけでも十分和風の庭になる。日常に侘びや寂びを採り入れたい人は、試してみてはいかがだろうか。


参考図書 澁谷五郎・長尾勝馬共著『新版日本建築 下巻』株式会社学芸出版社

2015年 11月22日 11時00分