年間登山者数300万人。世界一の登山者数を誇る高尾山

高尾山の標高は599m。豊かな生物多様性に恵まれ、植物の種類は約1300種。その数はイギリス全土に自生する植物の種類に匹敵するといわれる高尾山の標高は599m。豊かな生物多様性に恵まれ、植物の種類は約1300種。その数はイギリス全土に自生する植物の種類に匹敵するといわれる

東京の都心に隣接し、関東山地の東端に位置する高尾山。新宿から電車1本で行けるアクセスのよさもあって、年間登山者数は300万人を超え、「世界一登山者数の多い山」といわれる。
その起爆剤となったのは、ミシュランガイド掲載という、降って湧いたような“事件”であった。「都心から1時間ほどの距離にありながら、これだけ豊かな自然が残されている」点が評価され、高尾山は2007年、ミシュランで最高ランクの3つ星を獲得。これを機に、高尾山は一躍、世界的な観光地として注目を浴びることになる。

だが、高尾山は都民にとっては“裏山”のような存在。「あの高尾山が。そんなにすごい山だったのか」と、衝撃を持って受けとめた人も少なくなかった。
その衝撃度は如実に数値となって表れ、2008年、高尾山への登山者数は前年の260万人から360万人へと急増した(東京都環境局調べ)。その後、東日本大震災を機に登山者数は減ったものの、外国人観光客の増加も追い風となり、現在は300万人まで回復。年間を通じて相変わらずの賑わいを見せている。

このように、ミシュラン効果は並々ならぬものがあったとはいえ、ミシュランが高尾山を「世界一の山」にしたわけではない。開山以来、高尾山は信仰の山として崇められ、時の為政者の保護政策によって手つかずの自然が守られてきた。だが、その自然美が今日まで保たれてきた理由は、それだけではない。ミシュラン最高評価の陰には、実は、半世紀にわたる地元の努力があったのである。
では、高尾山はなぜ、人々にこれほど愛される山になったのか。門前町で「十一丁目茶屋」を営む高城正守さんに、話を伺った。

高尾山口駅の開業による登山者の急増で、ゴミ問題が深刻化

高城さんが高尾山の門前町で生まれたのは1942年。当時、高尾山ケーブルカー(1927年開業)は戦争で休止しており、1949年に復活するまでは、一家総出で標高差270mの山道を往復しながら、食料やプロパンガスなどを担ぎ上げていたという。

「学校から帰るとすぐ、山に入って薪用の枯れ木を集め、ご飯を炊いたり、風呂を沸かしたりしていました。水道もないので、4号路の吊り橋の下の沢からヒューム管で水を引き、生活用水として使っていたんです。風呂の水を運ぶために何度も往復して……当時は苦労とも思いませんでしたけどね」

のどかな山の上での暮らしは、京王高尾線の開通とともに一変する。
1967年に高尾山口駅が開業すると、薬王院への参拝客が急増。電車とケーブルカーを乗り継いで山上まで行けるようになり、背広姿の男性やハイヒールを履いた女性の姿が目立つようになった。山上の門前町は好景気に沸いたが、一方で、新たな悩みも生まれた。「ゴミ問題」である。

「当時は、山にゴミを捨てていく人が多くてね。空き缶がそこら中に散乱して、ひどい状態でした。毛布なんかも、よく捨ててありましたよ。夜、山に泊まって星の観測やムササビの観察をした人が、朝になると泥だらけの毛布を捨てていくんです」

このままでは、天平以来の由緒を誇る霊山が、ゴミの山になってしまう――危機感を覚えた高尾山の人々は、ついに立ち上がった。高尾山薬王院、ケーブルカーを運行する高尾登山電鉄、山上に6軒ある茶店の3団体が、「パノラマ会」を結成。空に薄明が射す朝5~6時頃から、手分けして山の清掃を始めた。かくて、高尾山におけるゴミとの闘いの幕が切って落とされたのである。

高尾山薬王院の参道。この参道にも、かつてはゴミが散乱していた高尾山薬王院の参道。この参道にも、かつてはゴミが散乱していた

山上からゴミ箱を撤去し、「ゴミ持ち帰り運動」を展開

日本語と外国語でゴミ持ち帰りを呼びかける看板。近年、ライオンズクラブが設置したものだ日本語と外国語でゴミ持ち帰りを呼びかける看板。近年、ライオンズクラブが設置したものだ

「清掃日は月・金の週2回。最初の頃はゴミが多かったので、午前中いっぱいかかりました。薬王院からも、常時8~10人の職員が清掃に出ていましたね。中にひとり、“清掃の神様”のような人がいて、毎朝、ゴミを集めながら1号路を登ってくるんです。仕事帰りには、薬王院の職員が皆、大きなゴミ袋を持ち、ゴミ拾いをしながら山を下るのが日課でした。高尾登山電鉄の人は稲荷山コース、我々は表参道を中心に、皆で場所を分担しながら清掃していましたね」

拾い集めたゴミをどう処分するかも、頭の痛い問題だった。穴を掘ってゴミを埋めたり、缶プレス機を購入して空き缶を処理したりと、あらゆる手を尽くしたが、たちまちパンク状態となった。そこで、山頂のトイレの脇にゴミ集積所を作り、3団体が資金を出し合って、ゴミ搬出用の2tトラックを購入。八王子市の清掃工場にゴミを運び込み、処分してもらうところまでは漕ぎ着けたが、登山者によるゴミのポイ捨ては一向に止まず、イタチごっこの状況が続いた。

このままでは、ゴミ問題は永遠に解決しない――頭を抱えたパノラマ会は、ついに方針を180度転換。ゴミ問題の抜本的な解決を図るべく、「登山者にゴミを持ち帰ってもらう」ことを決めた。ちょうど、尾瀬発祥のゴミ持ち帰り運動が全国に広まり始めた、1975年頃のことだ。高尾山の清掃が始まってから、すでに10年近くが経とうとしていた。
手始めに、山頂の高尾山ビジターセンターで定期的に放送を流し、登山者にゴミを持ち帰るよう訴えた。また、ゴミを抜本的に減らすための方策として、クレーム覚悟でゴミ箱の撤去にも踏み切った。それと同時に、「商品の容器や包み紙などのゴミは、商品を買った店にお返しください」と、放送でアピールすることも忘れなかった。

成功の鍵は「団結力」。寺・鉄道・門前町が三位一体で運動を展開

高尾山で「十一丁目茶屋」を経営する高城正守さん。十一丁目茶屋の創業は明治32(1899)年。今年で創業118年目になる高尾山で「十一丁目茶屋」を経営する高城正守さん。十一丁目茶屋の創業は明治32(1899)年。今年で創業118年目になる

それにしても、10年間にわたり、3団体が足並みを揃えて清掃やゴミ持ち帰り運動を続けることは、口で言うほど簡単ではない。それを続けられた原動力とは、一体何だったのだろうか。
「団結力ですね。パノラマ会のメンバーは何かにつけて集まっては、花見や忘年会で親睦を深めた。今みたいに娯楽がない時代ですから、それが楽しみだったんです。結束はすごく強かったですよ。口喧嘩をしたこともありますけどね」

3団体の連携による地道な努力が実り、ゴミ持ち帰り運動はめざましい効果を上げた。登山者のマナーは向上し、ゴミのポイ捨ても激減。高尾山は見違えるようにきれいになった。高城さんはこう語る。

「我々が地道にゴミ拾いを続けたことも、ゴミ持ち帰り運動がうまくいった理由のひとつだと思います。夕方、薬王院の職員がゴミを拾いながら下山する姿を見て、登山者も何か感じるところがあったのでしょう。人間として、『この山を汚すことはできないな』と感じてもらえたのだと思います」

高尾山がクリーンな山だという印象が広まるにつれて、マスコミで採り上げられる機会も増えた。ミシュランが高尾山に注目したのも、こうした背景あってのことだといえる。
あの富士山でさえ、ゴミ問題が災いして「世界自然遺産」への登録は見送られ、目標を「世界文化遺産」に変えて再挑戦した結果、ようやく認められたという経緯がある。そのことを考え合わせると、ゴミ問題の解決なくして高尾山の“世界デビュー”はなかった、といっても過言ではない。

「高尾山がミシュランで3つ星に選ばれたときは、うれしかったですね。我々が一生懸命やってきたことが、ようやく報われた思いでした。山の上のゴミ箱を撤去したときは、『観光客の皆さんに申し訳ない』という気持ちもありましたから。でも、ここでやらなければ、同じことの繰り返しになってしまうと思い、思い切って実行したのがよい結果につながった。今までの苦労を思うと、感慨無量でしたね」
そう言って、高城さんは表情を和ませた。

ミシュラン3つ星は、半世紀にわたる地元の努力への勲章

十一丁目茶屋からの眺め。眼下には関東山地が広がり、東京の高層ビル群を遠望できる十一丁目茶屋からの眺め。眼下には関東山地が広がり、東京の高層ビル群を遠望できる

今、高尾山を訪れる人には、かつてここがゴミ溜めのような状態であったことなど、想像もつかないだろう。とはいえ、ゴミを捨てる人が全くいなくなったわけではない。最近は外国人観光客の増加でポイ捨ても増えているというが、それでも山内は美しく保たれ、清浄の気に包まれている。

「今はゴミが少なくなったので、定期的に皆で清掃する必要はなくなった。とはいえ、今も麓の店の奥さんや、健康登山でよく来られる方が、熱心に1号路の掃除をしてくれています。高尾山がこれだけ賑わうようになったのは、ゴミ持ち帰り運動のおかげ。今後も何らかの形で、取り組みを継続していく必要があると思います」

東京五輪を間近に控え、高尾山は今や、東京のインバウンドを担う輝ける星となった。だが、その隆盛の陰には、寺院・鉄道・門前町が三位一体となって続けてきた、半世紀にわたる努力があったのも事実である。ミシュランの最高評価は、その努力に対して与えられた勲章といってもいい。
現在、全国各地で、地域や門前町の再生に向けた取り組みが行われているが、付け焼刃の観光振興策では、人気も一過性のもので終わってしまう。「おらがまちをよくしよう」という人々の愛情と団結、そして地道な継続なくしては、多くの人に長く愛されるまちを作ることは難しい。そのことを、高尾山の例は私たちに教えてくれる。

2017年 03月31日 11時05分