建物中央の大きな水たまりに子どもは大喜び

世界各国のメディアで取り上げられることも多く、海外での認知度も高い日比野氏世界各国のメディアで取り上げられることも多く、海外での認知度も高い日比野氏

普通、開閉式の天井は雨の時に閉じる。ところが、2015年に誕生、グッドデザイン賞に加え、アメリカ、中国などの建築賞も受賞した熊本県の「認定こども園 第一幼稚園」では逆だ。雨の日には天井が開くのである。当然、その下、建物中央には水たまりができる。大人は眉をしかめるかもしれないが、子どもたちは大喜び。自分が子どもだった頃を思い出してみれば良い。長靴でじゃぶじゃぶするのは楽しかったはずだ。

そんな子どもたちが夢中になる空間を作り続けているのが日比野設計+幼児の城の日比野拓氏だ。1972年創業の日比野設計はたまたま初期に公立幼稚園の設計に携わったことから、やがて子ども向け施設専業に。横のつながりの強い業界であることに加え、同種の建物を作り続けることで蓄積された独自のノウハウが高く評価されており、これまでに手掛けた幼稚園、保育園などは日本全国に430ヶ所以上。海外でも案件が進んでいる。

だが、日比野氏の作る施設は一般的な子ども向けという言葉の印象からは大きく異なる。子ども向けというと、多くの人はカラフルな色合いのキャラクターや動物その他が飾られた、かわいらしい空間をイメージするかもしれないが、日比野氏の手掛ける空間は大人にも居心地の良いシンプルなもの。

「壁面に装飾がなくてもそこに子どもがいれば、空間はカラフルになる。だったら、空間そのものを色とりどりにする必要はありません。それよりも子どもの五感を成長させるためにはどのような刺激を与えたら良いか、それを考えるほうが大事です」。

子どもの五感を育む素材で空間を作る

そこで日比野氏が内装に選んでいるのは本物。具体的には無垢の木だ。

「子どもの頃の体験はその後の一生を左右します。だとしたら、子どもの頃に良い空間を知ることは大事。住宅ではしばしば手入れしやすい、傷つかない、汚れにくいことを良しとして内装を選びますが、子ども用の施設を設計する際には温もり、肌触り、香りなどを考え、基本、本物を使います」。

もちろん、反対されることもある。子どもが吐いたり、お漏らしした時、それが木の床に染み込み、臭いや汚れの原因になる可能性があるからだ。

「場合によってはトイレの汚れやすい部分だけは掃除しやすい木以外の素材を使うこともありますが、手入れの仕方を知っていれば臭い、汚れは防止できます。それに昔の、ワックスをきちんとかけないと美しさを維持できない製品しかなかった時代と違い、今は手入れの楽な商品など各種揃います。ですが、建材メーカーがきちんと手入れ方法、デメリットなどを伝えていないせいでしょうか、昔のままの知識で『無垢の木は面倒』と思い込んでいるケースもあるのかもしれません」。

面白いことに無垢の木使用に反対が多いのは海外からの依頼だそうで、その理由は海外の保育園、幼稚園には公立が多いため。「役人気質とでもいうのでしょうか、子どもにとっての環境より、手入れの楽さが優先されるようです」。

イタリアレストランから保育園にコンバージョンされたクオリスキッズ上大岡(神奈川県)。木やスチールで組んだいくつものハウスという遊具で子どもの五感を育てる 写真/studio bauhaus Ryuji Inoue(以下すべて)イタリアレストランから保育園にコンバージョンされたクオリスキッズ上大岡(神奈川県)。木やスチールで組んだいくつものハウスという遊具で子どもの五感を育てる 写真/studio bauhaus Ryuji Inoue(以下すべて)

子どもの安全は誰が担保する?

もうひとつ、明らかに違うのは安全に対する意識だ。子どものためにと考えた時、多くの人は安全第一という言葉を思いつくのではなかろうか。段差のない、角のない柱や階段、家具などに守られた空間だ。だが、日比野氏はそれは違うと断言する。

「『ウチの園舎は安全です』というのは、管理者サイドの理想に過ぎません。子ども達は園の中だけではなく、その他の時間を社会の中で過ごします。そしてそこには危険がたくさんある。だとしたら、建物内だけを安全にしても子どもの人生においては役には立がないのではないかと思うのです」。

「ここには段差があるから躓かないように注意しようね」という大人の説明があれば、子どもは注意をするし、もし、一度躓いて痛い思いをしたら、次はより慎重に行動するようになる。そうした経験を積み重ねていくことが本当の意味で子どもの役に立つというのである。もちろん、痛い思いが取り返しのつかないようなものにならないような設計がなされていることは基本。その上で敢えて子どもに経験をさせる。それが将来に繋がるというのである。

中庭を囲んで園舎が配された土合舎利保育園(茨城県)。見て分かるようにバリアフリーというわけではない中庭を囲んで園舎が配された土合舎利保育園(茨城県)。見て分かるようにバリアフリーというわけではない

住宅の変遷と重なる子ども空間の変化

日比野氏の設計した子ども施設ではトイレやキッチンの明るさなども目につくところ。これは日本の住宅の変遷とも重なっている。

「かつての日本では居間のちゃぶ台でご飯を食べ、そこで遊び、布団を敷いて寝ていました。生活の全部を同じ空間で過ごしていたわけです。その住宅が欧米化し、DKと寝室が別になってきたように、子どものための空間でもランチルームと遊びの場は別々に用意されるようになっています。

また、かつてのトイレは家の外にあって暗くて怖かった。室内にあっても北側の湿っぽい場所。怖くていけないと子ども達は便秘になったりしたものですが、それを太陽光の入る南側に配置、開放的な大きな窓のある空間にしたところ、恐怖心は薄らぎました。同様に見えないところにあったキッチンも今では玄関近くにガラス貼りの、誰もが見える場所に配するようになってきています。作っている人と会話できるような仕組みを作ることもあります。食育は興味を持ってもらうところから始まりますから」。

明るいトイレが子どもの恐怖心を無くしたように、明るいランチルームは子どもたちの食欲を刺激するようで、「ご飯をたくさん食べるようになった」「好き嫌いが無くなった」などの反応もあるとか。良い空間は子どもの健康に寄与するのだ。

左下から時計回りに豊野保育園(三重県)、はなぞのこどもえん(沖縄県)、小浜こども園(長崎県)のランチルーム、右下は土合舎利保育園(茨城県)のトイレ
左下から時計回りに豊野保育園(三重県)、はなぞのこどもえん(沖縄県)、小浜こども園(長崎県)のランチルーム、右下は土合舎利保育園(茨城県)のトイレ

世界で評価される要因は建築と教育の連携

日比野氏の元には建築の依頼だけでなく、視察も多い。しかも、中国、韓国などアジアのみならず、福祉先進国と言われるスウェーデンその他北欧からの視察もあり、今や、子どものための空間では日本が最先端だという。その理由としては細かい部分のデザイン的な配慮が行き届いていること、建てる側が保育論、教育論などに精通していることが挙げられるが、ひとつ、印象的だったのは日本では建築と教育、言葉を変えればハードとソフトの連携がうまく行っているという点。それは、民間が主体になっているからだいう。

「全てとは言いませんが、全体として見ると公立より民間はこれから子どもの数が減る現実をよく知っていて、差別化など様々な経営努力をしています。園舎を建てる際にもどうしたら自分たちの教育方針にベストな建物になるかを考え、また、それに基づいて建物を使います。ところが、海外の保育園・幼稚園は公立が中心で、建てる人と使う人の連携がなく、使う人の意見が建物に反映されない。そのため、工夫のない、大人の都合による建物になってしまうのです」。

世の中には民間は公立に劣るという言説があるが、日比野氏を評価する世界の見方はそれとは全く逆。面白いことである。取材の最後に日比野氏に質問をした。これまで建てた園の中でベストと思われるのはどれですか?と。

答えが良かった。

「とても難しい質問です。すべての施設に全力で取り組んでいますから、ベストという言い方は難しい。その中で私が良いと思う園は、建築としてどれというのではなく、園長先生を始め、関係者がとてもクリエイティブで一緒になって作り上げることができた園だろうと思います」。

これが世界で評価される建築と教育の融合ということだろう。こうした園で育つ子どもたちが羨ましい。ちなみに画像は首都圏以外の園が中心になっているが、実際に手がけた数では首都圏をはじめとする関東圏が7~8割とのことである。

*海外での子ども向けの施設は国によって制度、名称などが異なるが、ここでは詳述を避け、子ども向け施設としてまとめてある

日比野設計+幼児の城
http://e-ensha.com/

左/宮古島特有の光、風、大地、地域といった特徴を積極的に取り込んだデザインのはなぞのこどもえん(沖縄県) 右/高さが異なる空間が遊びのきっかけになっている阿久根めぐみこども園(鹿児島県)左/宮古島特有の光、風、大地、地域といった特徴を積極的に取り込んだデザインのはなぞのこどもえん(沖縄県) 右/高さが異なる空間が遊びのきっかけになっている阿久根めぐみこども園(鹿児島県)

2016年 10月18日 11時05分