昭和30年代、団地は憧れの住まいだった

当時の入居者募集の告知。意外に今見ると新鮮な驚きのあるデザインもある当時の入居者募集の告知。意外に今見ると新鮮な驚きのあるデザインもある

日本の住宅が大きく変化したのは昭和30年代。戦後の住宅不足を受け、住宅金融公庫法(昭和26年)、公営住宅法(昭和27年)、日本住宅公団法(昭和30年)が施行され、低所得層には公営賃貸住宅を用意し、中流層には他の2法を用意することで住宅取得を後押しするという方向が定まって以降である。それまでも住宅を取得すること自体が促進されていなかったわけではないが、供給、融資の体制が整備されていない状況では住宅取得は難しい。それが可能になったとあって昭和30年代以降は住宅取得熱が一気に過熱。首都圏では住宅開発が急ピッチに進んだのである。

初期の立役者となったのは昭和30年に設立された日本住宅公団の公団住宅や、県及び市による公社住宅と公営住宅で、象徴ともいうべき風景は鉄筋コンクリート造の集合住宅が並ぶ団地である。横浜でも昭和32年の日吉団地などに始まり、各地に続々と団地が登場する。その当時から現在までの団地の歴史を、横浜都市発展記念館で開かれている「あこがれの『団地』 高度経済成長とベッドタウン横浜」からご紹介しよう。

さて、今の感覚からすると展示のタイトルとなっている「あこがれの『団地』」という部分に違和感を感じる人がいるかもしれない。住宅そのもので考えても、当時の標準的な間取りは6畳、4畳半にダイニングキッチンの2DK。今の感覚からすると広くはない。だが、何といっても住宅の足りない時代である、20回、30回応募しても入れないという人が続出したという。

それにそもそも、それまでの住まいに比べると団地の部屋は格段に合理的で使いやすかった。「それまでの食べる、寝るが同じ部屋という暮らしからすると、食寝分離の2DKは全く違う世界。トイレ、バス、キッチンも住戸内にあり、ステンレスの流し台、食事用のテーブルなど従来にないものもありました。また、シリンダー錠の付いた金属のドアで仕切られた住戸は初めて日本人の暮らしにプライバシーというものをもたらしたとも言えます。多くの人が憧れ、住みたいと思ったのは当然だったと思います」(横浜都市発展記念館調査研究員・岡田直さん)。

市街地近くからバス便利用へ。団地はどんどん遠くなった

当時、暮らしで使われていた品の展示も。たかが50年前の品なのに、信じられないほど大きかったり、単機能だったりする当時、暮らしで使われていた品の展示も。たかが50年前の品なのに、信じられないほど大きかったり、単機能だったりする

昭和30年代の宅地開発は怒涛と言うにふさわしかった。「横浜市の場合、昭和32年にまちづくりの将来図(都市計画地図)が作られているのですが、そこでは横浜の旧市街地を中心とした放射線状に核となる衛星市街地がいくつか配されています。計画的には人口を吸収し、分散して配置する構想でした。ところが、実際には東京からの人口流入が想定以上で、市内各地で急激に宅地開発が行われ、デザインの通りにはなりませんでした。また、特に初期には公団でさえ、とにかく住宅の供給量拡大を優先して、開発が行われていました。そのため、学校や道路、公園、水道など、行政によるインフラ整備が追い付かず、昭和40年頃には千葉県や町田市のように『団地建設お断り』を言い出す自治体もあったほどです」

また、当初開発されたのはもとからあった市街地の周辺。横浜市で最初に500戸を超す規模の団地となった公団日吉団地や、1000戸超の同南日吉団地は東急東横線日吉駅から歩いて30分ほど。決して近くではないが、公団以外の団地も大半が駅からそのくらいの範囲内に生まれている。

ところが昭和40年代に入ると、さらに団地は遠くなってくる。規模が大きくなり、高層化も始まったことから、広い土地が必要になり、市街地周辺では適地がなくなってきたからである。駅からバス20分などという場所もあり、起伏の激しい山林を切り開いたような場所もある。また、この時期には住宅団地の開発に合わせて鉄道が計画されている場合もある。

「たとえば根岸線は洋光台、港南台などの団地の建設と同時に開通した鉄道です。東急田園都市線も沿線の宅地開発を目的にしていますし、戦後に開通した県内私鉄の多くは住宅地開発をセットで敷設されたものと言えます」。

相鉄、京急先行。ついで東急が田園都市構想実現に着手

会場入り口近くでは当時のニュース映像などを流しており、水筒持参でおやつに外でパンをかじるかぎっ子の姿などが映し出されている会場入り口近くでは当時のニュース映像などを流しており、水筒持参でおやつに外でパンをかじるかぎっ子の姿などが映し出されている

もちろん、公的な住宅や集合住宅ばかりが建てられたわけではない。昭和30年代、一般の住宅地分譲のほか、鉄道会社が中心となって公庫の融資を利用できる戸建ての建売住宅も建設され、横浜市内では相鉄が先行した。「鉄道会社などの民間は主に一戸建ての住宅団地を供給しており、その当時開発されたのが相鉄沿線の万騎が原、瀬谷、希望ヶ丘など。京急も富岡、上大岡などで住宅地の開発をしています。東急はより大きなスケールで昭和28年に東急田園都市構想を発表していますが、実際の居住開始はだいたい昭和40年代以降です」。

昭和40年代に横浜周辺で開発された鉄道会社以外のデベロッパーによる宅地としては、野村不動産の港南台、本郷台、三井不動産の片瀬山、大林不動産(大林組)の湘南桂台などなど。鎌倉や横須賀方面にかけての広範なエリアで複数の会社が事業を展開していたわけである。

ちなみに当初の東急田園都市構想では現在の港北ニュータウンのエリアも含まれていた。もし、その計画通りに港北ニュータウンが開発されていたらどうなっていただろう。ひょっとしたら今以上に人気エリアになっていたかもしれない。また、昭和40年代以降、駅からさらに遠くなり、今ではそれが原因で今ひとつ、入居希望者の少ない旧公団住宅の中にあって、いまだに人気を誇るのが昭和43年入居開始のたまプラーザ団地。駅前立地はいつの時代も強い。

ところで、ちょっと脱線するが、たまプラーザ団地では平成26年に団地再生に向けた検討報告書を公表しており、今後、様々な検討を行っていく予定とか。建替えだけを前提としているわけではないようだが、どうなるのか、動向が気になる。

憧れから社会問題へ。早すぎる団地の毀誉褒貶

1階では今回の展示に関連した書籍が並べられている。その他横浜関連の資料、図書が多く揃う1階では今回の展示に関連した書籍が並べられている。その他横浜関連の資料、図書が多く揃う

その供給増の中、憧れの団地には問題を指摘する声が上がり始める。昭和33年にはダンチ族なる言葉が流行語になり、昭和38年にはカギっ子が社会問題となった。当時の団地入居者には20代~30代のビジネスマンが多く、大半が東京、特に都心3区に勤務していたそうで、共働きも少なくなかったため、子どもが一人、家や社会に取り残されるのが問題とされたのである。また、昭和40年代には安倍公房が「燃えつきた地図」で、後藤明生が「私的生活」で孤独や不安など団地の生活のネガティブ面を小説に描き、その頃から団地という言葉から憧れというニュアンスは薄れて行く。

団地が登場した時期には同時に民間の分譲マンションの供給も始まっている。ただ、初期は都心の高額所得者向けが中心で、それが一般の人にも手が届くようになるのは昭和40年代後半から。以降、多少の波はあるものの、民間分譲マンションの供給はコンスタントに伸び続けているが、立地面で劣る団地の中には高齢化もあり、人口の減少傾向が見られるのが現状だという。

たかだかここ50年で憧れられたり、貶められたりと毀誉褒貶の激しい団地だが、このところ、見直される傾向もある。「当時撮影された場所に行ってみると、ここ50年で植栽が根づき、コミュニティもできてゆったりした雰囲気。当時からずっと暮らしている方も多く、住みやすいという声を聞きます」。高度経済成長、バブルと忙しい時期には利便性が重視されたものの、低成長下で暮らしの豊かさが問い直される時代には団地の意味もまた変わるのかもしれない。最近では団地のレトロなデザインを楽しむマニアもおり、今後、もう一度団地に脚光が当たる日もあり得るかもしれない。

ところで、展示で面白かったことをいくつか。ひとつは団地建設がラッシュだった高度経済成長期、首都圏のサラリーマン(最近はサラリーマンよりもビジネスマンという単語が一般的。この言葉の違いにも意識の変化が見られる)の通勤先は大半が東京の都心部だったのだが、現在では横浜も含め、勤務先が分散してきており、また、鉄道の整備が進み、かつてほどの通勤ラッシュも見られなくなってきているということ。日本全体で言えば東京一極集中といえるのかもしれないが、首都圏で見た場合には少しずつ分極化しているようだ。その点からも首都圏のあちこちに建設された団地が見直される可能性はあるかもしれない。

もうひとつは展示の中に当時の暮らしに使われた品があるのだが、その中に懐かしいものがあった。百科事典のセットである。今どきの家にはまずないものだが、昭和30~40年代には百科事典を買うのが流行った。といっても利用するためではなく、家具の一部としてである。「展示しているものも買っただけで飾ってあったようで、開けた形跡はあまりありません」……。面白い時代だったわけだ。

最後にぜひご紹介したいのが1階にあるミュージアムショップ。団地関連の書籍が集められているほか、団地独自の3種類の建造物をアレンジした手拭いがある。さて、その建造物とは何か?見て分かるようなら、あなたは団地の達人だ。

横浜都市発展記念館 http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/
「あこがれの『団地』 高度経済成長とベッドタウン横浜」
会期は2015年1月12日(月・祝)まで。

2014年 11月04日 11時20分