五輪で活躍できるマラソン選手の育成を目指し、始まった箱根駅伝

箱根駅伝鶴見中継所につくられた箱根駅伝記念像。数々のドラマの舞台となってきた箱根駅伝鶴見中継所につくられた箱根駅伝記念像。数々のドラマの舞台となってきた

1月2日から3日にかけて行われる箱根駅伝を、毎年楽しみにしている人も多いだろう。箱根駅伝については、公式サイトを参考にしながら、箱根駅伝の概要と歴史を振り返ってみたい。

参考URL:箱根駅伝公式Webサイト 
http://www.hakone-ekiden.jp/

箱根駅伝の正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」という。
関東学生陸上競技連盟加盟大学のうち、前年の大会でシード権を得た10校、そして予選会を通過した10校、さらに関東学生連合の、合計21チームが出場する。東京都千代田区大手町にある読売新聞東京本社ビル前から、鶴見、戸塚、平塚、小田原中継所を経由して箱根町の芦ノ湖まで。2日は東京から箱根の往路(107.5キロメートル)、3日は箱根から東京の復路(109.6キロメートル)を走る。

箱根駅伝の開始は1920年2月14日。
五輪で活躍できるマラソン選手を育成したいという思いがきっかけとなっているようだ。発案者でマラソンの父とも呼ばれる金栗四三は、日本人初の五輪選手であり、1912年にストックホルムで開かれた五輪に出場した。残念ながら五輪の成績は途中棄権だった。後進の育成に尽力し、体力作りのための高地トレーニングを導入したことでも知られている。また、金栗らの呼びかけに、早大、慶大、明大、東京高師(筑波大学)が応じて始まったことから、第1回大会の名称は「四大校駅伝競走」だった。

一説では箱根駅伝は、観光客が減る冬に箱根に人を呼び込むためのイベントだったとも言われている。
たすきを手紙に見立て、選手が飛脚のように、東京から箱根までの宿場町を引き継ぎながら、届けるものだったとか。公の説ではないが、終着点が箱根宿のあった箱根町郵便局だったことや、中継地点が川崎宿のあった鶴見、戸塚(宿)、平塚(宿)、小田原(宿)であることから、まったく根拠のない説とも言えないかもしれない。

箱根駅伝は関東の地方大会だが、1987年に日本テレビが全国放送を初めてからは、全国的に正月の風物詩として知られるようになった。
出雲全日本大学選抜駅伝競走と、全日本大学駅伝対校選手権大会と合わせて「大学三大駅伝」とも呼ばれる。

日本書紀に始まる駅伝の歴史

ところで駅伝競走は、日本発祥の陸上競技であり、数人がリレー形式で長距離を走るものだ。
駅伝競技の始まりは箱根駅伝より3年早い1917年4月27日に開催された「東京奠都五十年奉祝・東海道駅伝徒歩競走」のようだ。京都の三条大橋から東京上野の不忍池までの516キロのコースで、関東組と関西組の対抗形式。昼夜を問わず走っても約3日間かかっていた。

駅伝という名称の由来は「駅馬」「伝馬」にあり、そのルーツは奈良時代までさかのぼる。
「宿駅伝馬制」とも呼ばれ、日本書紀の646年(大化2年)春一月一日に「京師(都城)を創設し、畿内の国司・郡司・関塞(せきそこ)・斥候(うかみ)・防人(さきもり)・駅馬(はいま)・伝馬(つたわりうま)を置き、鈴契(すずしるし)を造り地方の土地の区画を定める」(宇治谷孟訳 講談社学術文庫『日本書紀』より)と記録されている。

当時、宮と大和、山城、摂津、河内、和泉(五畿)および東海道、東山道、北陸道、山陽道、山陰道、南海道、西海道(七道)にあるすべての国府、そして大宰府を結ぶ道を「駅路」と呼び、30里ごとに「駅家」と呼ばれる中継所があって宿泊施設や役人、馬がおかれていた。そして朝廷からの使者は、駅家に着くごとに馬を乗り換えて旅したという。
30里は約16キロだから、古代の駅家は、東海道の宿場より数が多かっただろう。

道路交通法違反になることも?駅伝の応援は、ルールを守ろう

さて、箱根駅伝だが、お正月の風物詩となっており、コースの起伏が激しいことから見どころが多い。
さらに過去にも多くの大逆転劇が生まれる……といったドラマもあり、毎年たくさんの見物人が集まる。しかし、応援の仕方によっては、大学や選手にも迷惑をかけることがあるので、マナーは守りたいものだ。そこで次に、応援する際のルールを紹介する。

まず、沿道にあるガードレールや橋などの公共物に、応援のための横断幕や旗、のぼりなどをくくりつけると道路交通法違反になるから、特に注意が必要だ。また、スタート、ゴール、中継所の前後100メートル以内の区間では、出場校を示す旗や横幕を掲げたり、大学新聞などを配布することも禁じられている。

当然のことではあるが、応援は歩道で行うことが多いだろう。時折、選手と一緒に走ろうとする見物人もいるが、ほかの選手にぶつかる可能性もあるし、事故に巻き込まれるかもしれない。選手だけでなく、先導車や白バイも通行するから、間違っても、車道には出ないこと。また、歩道から応援していたとしても、上半身を乗り出したりして選手の邪魔をしないよう気をつけよう。また、脚立の上からの応援や、自動車や自動二輪などの車両による応援も、危険なので自粛したい。

また、コース周辺にドローンなどの無人飛行機を持ち込んだり、操縦したりすることは禁じられている。万が一操作ミスで応援の人混みに墜落すれば、大けがをさせてしまうかもしれないから、良識をもって応援をしよう。通常のカメラで撮影する場合でも、脚立はほかの見物人の邪魔になるので、遠慮する方がよいだろう。
さらに、小さい子どもは迷子になる可能性があるので、できれば留守番してもらうのがベター。もしどうしても連れていく場合は、決して目を離さないようにしよう。ペットの動物も同じだ。2016年のニューイヤー駅伝で、犬がコースに飛び出したため、選手がリードに引っかかって転倒する事件を覚えている人も多いだろう。ただでさえ警戒心の強い犬などは、人混みに興奮して吠える可能性もあるから、ペットは連れていかない方がよいだろう。

最後に、コース近辺の駐車場は数が限られているので、公共の交通機関かタクシーを使おう。タクシーを使う場合でも、近辺で待機させず、帰りもタクシーを使いたい場合は再び呼ぶようにする。もちろん、公共の交通機関も混雑するので、余裕をもって、ゆったりと帰る気持ちを持ちたい。

新年に開催される競技だからこそ、最後まで笑顔で応援したいものだ。

2021年1月2日・3日に開催する「東京箱根間往復大学駅伝競走」は沿道での観戦を控えるよう協力が呼びかられている2021年1月2日・3日に開催する「東京箱根間往復大学駅伝競走」は沿道での観戦を控えるよう協力が呼びかられている

2016年 12月27日 11時05分