男児なら3歳と5歳、女児なら3歳と7歳に祝う七五三

七五三のお参りは、初宮参りの神社のほか、その時に住んでいる地域の氏神、また家族の思い出の神社が選ばれるようだ七五三のお参りは、初宮参りの神社のほか、その時に住んでいる地域の氏神、また家族の思い出の神社が選ばれるようだ

11月の週末、着物や袴姿の少年少女が神社に向かうのを見かけたら、七五三のお祝いだろう。

七五三とは、子供の発育を祝い、さらなる成長を祝うもの。男児なら3歳と5歳、女児なら3歳と7歳になった年の11月に、晴れ着を着て氏神などに詣でる行事だ。この年齢は子供の厄年にあたると考えられており、厄除けの意味もあると言われる。
伝統的に、七五三は11月15日に祝われてきたが、現代では10月中旬から11月中旬の休日に祝われることが多い。どの神社に参るかは決められておらず、初宮参りの神社のほか、その時に住んでいる地域の氏神、また家族の思い出の神社が選ばれるようだ。

男児は羽織と袴、女児は着物を着てお参りし、長寿の願いがこもった縁起物の千歳飴を授与される。その後、晴れ着のまま写真館へ行き、撮影した写真を記念にする家庭も多いようだ。
七五三に、特別決まったしつらえはないが、神社参拝から帰った後、無事の成長を感謝し、両親や祖父母とともに内祝いの膳を囲む家庭もある。

「袴着」という儀式と「帯解き」の儀式

男児が5歳になった年の11月15日に、「袴着」という儀式が行われ、女児は7歳になると付け紐をとって帯を締めるようになるため、「帯解き(紐解き)」の儀式として行われるようになった男児が5歳になった年の11月15日に、「袴着」という儀式が行われ、女児は7歳になると付け紐をとって帯を締めるようになるため、「帯解き(紐解き)」の儀式として行われるようになった

平安時代、男女とも赤ん坊は頭を青々とそり上げ、3歳の誕生日、あるいは3歳になった年の11月15日を過ぎてから髪を伸ばし始めるのが一般的だった。このとき、白髪になぞらえた白糸を頭にかぶせて、てっぺんにお白粉を置き、くしで左右に梳いて祝う「髪置き」という儀式が行われた。これは「もう赤ん坊ではない」と区切りをつける意味があったようだ。

男児の5歳のお祝いが生まれたのも平安時代。男児が5歳になった年の11月15日に、「袴着」という儀式が行われ、初めて袴をはいた。当時は公家だけが行っていたが、江戸時代になると武家や庶民も祝うようになったようだ。
幼い女児は脱ぎ着しやすい紐付きの着物を着るが、7歳になると付け紐をとって帯を締めるようになる。これを「帯解き(紐解き)」と呼び、この後、一人前の人間として社会に認められるようになるのだ。「帯解き」の儀式は室町時代の公家が始めたとされ、江戸時代以降は武家や庶民も、男児の袴着の行事と対として祝うようになった。

ただし、7歳、5歳、3歳という年齢は主に関東のもので、地方により違う。たとえば長野県では、男女ともに3歳で帯解きの祝いをする地域もある。

11月15日に祝う意味は?

それではなぜ、11月15日に祝うのだろう。
諸説はあるが、この日が二十八宿の「鬼宿日」にあたるからというのが通説だ。鬼宿の日は鬼が出歩かないとされ、婚礼以外の祝い事全般に最良の日とされていたのだ。

江戸時代は暦と天文が一体となっており、縁起を担ぐ江戸時代の庶民たちは、二十八宿や六曜(星)を意識して暮らした。六曜の「大安」「仏滅」「友引」などは、現代でも気にする人は少なくないだろう。

二十八宿とは天の赤道を28に分割したもので、それぞれに「心宿」「危宿」「翼宿」といった星座が割り当てられている。方角ごとに7つの宿が存在するが、これをつなげて青龍(東)、玄武(北)、白虎(西)、朱雀(南)に見立てられた。暦では日替わりで宿が割り当てられており、旧暦の11月15日は鬼宿にあたるのだ。

また、月の満ち欠けを基にした旧暦(太陰暦)の15日は必ず満月になるから、お祝い事に適していた。そして11月は秋の収穫を神仏に感謝する月だったので、満月の日に、産土神や氏神に収穫の感謝をすると同時に、子供の成長を感謝して祈ったのだろう。

七五三の女児と男児の衣装

3歳のお祝いでは、女児は晴れ着に兵児(へこ)帯を結んで、「被布(ひふ)」と呼ばれる袖なしの上着を羽織るのが一般的3歳のお祝いでは、女児は晴れ着に兵児(へこ)帯を結んで、「被布(ひふ)」と呼ばれる袖なしの上着を羽織るのが一般的

七五三は髪の毛を伸ばし始めたり、大人の衣装に着替える日だったりしたのだから、おのずと衣装も決まる。現代では堅苦しいことは考えないご家庭も多いが、一般的な衣装を見直しておこう。
3歳のお祝いでは、女児は晴れ着に兵児(へこ)帯を結んで、「被布(ひふ)」と呼ばれる袖なしの上着を羽織るのが一般的。足袋をつけて草履を履き、ハンカチやティッシュは巾着袋に入れて手に持つ。

男児の七五三の衣装は、本来的にはまだ袴を身に付けない年の3歳の男児も袴を履くことが多いようだ。そして5歳のお祝いでは、正式に羽織袴を身に付け、足袋のうえに白い鼻緒の草履を履き、腰には懐剣をつける。羽織は色紋付が一般的だ。

7歳になった女児は、振りそでを腰上げし、帯を付ける。さらに扇子と「はこせこ」と呼ばれる紙入れを胸元に忍ばせるほか、履物もぽっくりにするなど、全体的に大人びた雰囲気になる。

地域ごとに多少違う七五三の風習

七五三のお祝いは、関東から始まったもので、地域ごとに少しずつ日程や風習が違う。
たとえば北海道や東北地方では寒い時期を避け、10月15日に行われることが多い。出雲地方では厄除け参りの意味が強いようだ。

また、関西には七五三とよく似た「十三詣」の風習があった。十三詣は、男女とも数え年で13歳になったとき、子供の福を祈って寺社に詣でるもの。京都嵯峨の虚空蔵法輪寺が有名で、大阪でも虚空蔵菩薩を本尊とする寺院に詣でることが多い。虚空蔵菩薩は智恵と福徳を授ける菩薩とされるため、十三詣りを「知恵詣」「智慧もらい」と呼ぶこともあり、鳥居をくぐる前に振り返ると、授かった知恵を返さなくてはならないという俗信もあった。「四つ身」といって、身丈の四倍の布地で見頃を裁った着物を着ていた子供が、13歳になると一反の反物から着物一枚を仕立てる「本裁ち」の着物を着るようになる。これを祝ったのが十三詣の起源とされる。

地域により、七五三の風習は多少違うが、子供の成長を喜び、さらに無事に育つように祈るのは同じ。家族や親戚に七五三を祝う子供がいたら、一緒に成長を祝いたいものだ。

最初は武家の儀式だったものが、一般庶民にも伝わり、明治時代から「七五三(しちごさん)」という言葉が使われだしたようだ最初は武家の儀式だったものが、一般庶民にも伝わり、明治時代から「七五三(しちごさん)」という言葉が使われだしたようだ

2016年 10月15日 11時00分