縁側の起源と種類

宮殿を模したひな人形。殿上人のいる母屋の前に板敷の「ひさしの間」がある宮殿を模したひな人形。殿上人のいる母屋の前に板敷の「ひさしの間」がある

日本家屋の特徴ともいえる縁側だが、その誕生は建物の床が板で造られるようになってから。しかも土地に余裕がなければ設けられないものであるから、縁側が一般庶民に馴染みの深い存在になったのは、実はそう古い時代のことではないのだ。
しかし、貴族や武家、裕福な商家などは早くから取り入れており、現存する最古の縁側は、奈良時代に建立された法隆寺東院の伝法堂とされる。

当時の仏堂は入母屋造か寄棟造が一般的で、木の床がなかったため、切妻造りで床のある伝法堂は、住居として作られたものを改造したと考えられる。外壁の周囲には、床より一段低い板敷の縁側が取り囲んでおり、落ち着いた雰囲気の建物だ。
平安時代になると、貴族の住居は板敷の床が一般的になり、母屋の周囲に「ひさしの間」が作られるようになったのが、縁側の起源とされる。京都にある桂離宮や二条城にもひさしの間が存在するから、興味のある方は見学してみてほしい。
縁側には、建物の外周に造られた「濡れ縁」や、書院造りで濡れ縁と座敷の間に設けられた「入側縁」など、いくつかの分類がある。また床板の貼り方によっても呼び名が変わり、敷居と並行に貼ったものを「榑縁(くれえん)」、直角に貼ったものを「木口縁」、「切り目縁」という。
濡れ縁は屋根がなく、その名の通り風雨にさらされるため、腐食や風化に強い素材を選ぶのが必須。入側縁には畳を敷いた「縁座敷」もある。

西洋建築に見る「縁側」

ウッドデッキと縁側の機能は似ているウッドデッキと縁側の機能は似ている

縁側は日本建築独特のものだが、西洋建築の「ウッドデッキ」や「ベランダ」「テラス」「ポーチ」「バルコニー」などは、縁側に似ている。
特にウッドデッキと濡れ縁は、一見するだけでは明確に区別するのが難しい場合もある。
濡れ縁には軒がついていることから、家の一部として設置されるのに対し、ウッドデッキは、家から独立しており、後付けも可能だ。椅子とテーブルを置いて食事をしたり、炉をつくってバーベキューをするほか、デッキチェアに座って読書をしたり、天体望遠鏡を設置して星空観察をしたりと、日本における縁側と似た目的で使われてきたようだ。
ちなみに、西洋建築で「テラス」「ポーチ」は一階の側面にあるものをいい、二階以上にあるものは「ベランダ」「バルコニー」という。それに対し、日本家屋では二階にあっても「縁側」だ。

季節の情緒を感じ、社交の場としても機能する縁側

縁側には夏の暑さと冬の寒さを和らげる機能がある。室内に造られた縁側なら、戸外と縁側の間に一つ、縁側と室内の間に一つ、戸や壁があり、縁側部分に空気の層ができる。これにより夏は太陽の熱を和らげ、反対に冬は断熱材となって外界の寒さを遮断してくれるのだ。
また、夏の夜には縁側で涼しい夜風にあたるなど、外界の空気を取り入れる場所としても利用できる。秋の夜長は縁側で月見をしたり庭の虫の声を鑑賞したり、春は庭木に咲いた花を家の中から眺めたりするなど、縁側は、季節の情緒を感じるのに最適な場所にもなる。

縁側は社交の場でもあった。『枕草子』第八段には、中宮定子が出産の里帰りで平生昌の家に泊まったとき、女房達がひさしの間で寝ていたら、主人の平生昌が忍んでやってきたと書かれている。
江戸時代の長屋に縁側はなかったが、「縁台」と呼ばれる木製の長椅子を玄関に出し、夕涼みや休憩の場としていた。俳句で「縁台」は夏の季語とされており、浮世絵などにも多く描かれている。
大正時代に入ると、庶民の家でも庭に面した部屋に縁側が造られるようになり、縁側に座ってお茶を飲みながら雑談をするシーンがよく見られた。また、秋になれば干し柿をつるしたり、干し芋をかけたりし、近所の子どもたちが集まってそれらを食べたりした。庭から出入りできる縁側は、気軽に集まれる場でもあったのだ。

暑い夏、縁側で風に当たれば涼しさを感じることも暑い夏、縁側で風に当たれば涼しさを感じることも

現代の縁側

国土が狭い日本にあって縁側は「無駄な空間」と、徐々に姿を消してきたが、近年その良さが再認識されつつある。また、古民家のリフォームの流行で、縁側の有効利用が注目されている。
たとえば、静岡県大沢村が毎月第2・第4日曜日に実施している「縁側カフェ」は、縁側の良さを味わえると評判だ。あちらこちらの農家の縁側をお店として利用するのだが、日本茶の名所だけあって、各家庭に茶畑があり、自宅でとれたお茶とお菓子を出してくれる。お休み料は300円。参加者数は季節により増減するが、「昔ながらの日本の余暇を楽しみたい」と、各地から多くの人が訪れているようだ。
自宅に縁側があるなら、たとえば夏場は庭に向かって座り、たらいなどに入れた水に足を漬けながら、スイカやかき氷を食べれば、涼を得られるはず。庭がせまくて樹木を植えられなくても、へちまや朝顔を植えれば、緑を楽しむことができるだろう。夜は縁側に腰かけて花火はいかがだろうか。お友達を招待した際は、縁側でゲームやトランプをしてみてはいかがだろうか。一昔前までは、縁側で囲碁や将棋を打つ風景をよく見かけたものだ。
月見の夜にはススキを飾るのも良いし、冬の雪見も縁側からなら寒さを感じずに済む。そのほか、雨の日は洗濯物を干せるし、晴れた日は日向ぼっこをしたり、本や衣類の虫干しをしたりできる。

しかし、縁側のない住宅に住んでいる人が縁側を楽しむにはどうしたらよいのだろう。利用方法は欧米におけるウッドデッキと似ているから、スペースがあるならDIYでウッドデッキをセットしても良いかもしれない。日本の風景にこだわりたいなら改築するしかないが、その余裕がないなら、縁台を購入してはいかがだろう。
庭や玄関に縁台を置き、夏の夜に夕涼みを楽しめば、ご近所との交流も生まれるかもしれない。

2016年 04月09日 11時00分