学生と社会人のコラボレーション。これまでは縦割りなものが多かったが…

プロジェクトは物件ごとに社会人・学生混合の2チームで進められる。一つのチームは、毎週水曜に定例ミーティングを設けているそうだプロジェクトは物件ごとに社会人・学生混合の2チームで進められる。一つのチームは、毎週水曜に定例ミーティングを設けているそうだ

学生の柔軟なアイディアと、企業が持つプロのノウハウをコラボさせる、いわゆる「産学連携」のプロジェクト。現在、神奈川県で進められているのは横浜国立大学大学院の建築都市デザインスクールY-GSAと、リノベーションや不動産仲介事業を主とする株式会社NENGO、そして住宅の分譲や仲介など総合不動産会社のリスト株式会社の三者によるものだ。

HOME’S PRESSでは、これまでにもいくつか産学連携プロジェクトを紹介してきた。その多くは、企業が提供する物件に、若い人が好むような内装デザインや設計を学生が企画して施すものだった。プロジェクトの中ではそれぞれの専門分野によって役割が分かれており、どちらかというと縦割りな仕組みのものが多かったように思う。
一方で今回は、「賃貸物件のリノベーションを通した地域活性化」をテーマに、リノベーションのコンセプトを決めるところから、社会人と学生がチームを組み意見交換をして進めていくという方式だ。

社会人と学生がスケジュールを合わせるだけでも大変そうだが、日中は通常業務や授業をこなしながら、夜の時間や休日を利用して集合し、打合せを重ねているという。その様子を取材した。

スペックではなく、「コミュニティ」のリノベーション

横浜国立大学大学院のY-GSAは、建築都市文化専攻のコース。工学や芸術学の分野ではなく、「都市」を学領域とした建築を学ぶ学生と住宅のプロが企画する、「地域活性化」が目的の賃貸物件リノベーションとはどのようなものなのだろうか?
今回、リノベーションするのはリスト所有の2物件で、空室もあれば居住中の部屋もある、稼働中の集合住宅だ。リノベーションのコンセプトは、それぞれ以下のように定義された。

① コットンハウス
築26年の、1Kを中心とした単身向けマンション。コミュニティを表す「村」、多様性を表す「ムラ」など複数の意味をもたせた「mura」がコンセプトだ。
1Kの2部屋を改装で合体させ、LDK+2部屋のシェアハウスのような居室をつくる他、「建物全体のリビングスペース」と位置づけた共用空間を設けるリノベーションをする。縦横・上下左右の住人同士が行き交い、コミュニケーションが活発になるようなプランニングだ。住まい方の多様性を大切にしつつ、入居者みんなの頼れる存在として「村長」を入居者から決める予定だといい、「物件の中での交流だけでなく、地域とも繋がれる人に入居してほしい」と、リスト株式会社の白武泰三氏は話す。

② ヒルトップマンション
こちらは築44年で、1DK以上のファミリー世帯も入居する物件だ。古くて駅から遠く、賃料が下がり続ける…。そうした課題を抱える物件だったが、他の付加価値をつけることで再生を試みる。駐車場や屋上が外から見えるという建物の特徴を活かし、イベントを開催することで地域住民や商店街を巻き込み、まち全体の底上げを図るランドマーク的存在を目指すというのだ。コンセプトは、「まきこむチンタイ」。入居希望者には“まきこみたい人”であるかどうかを基準に、面接なども行う予定だという。

いずれも表層やスペックの変更だけでなく、入居者同士や地域の人との関わりをポイントとしている。その意義について、株式会社NENGOの宮永翔氏は「コミュニティを活性化することで物件の価値を高め、その物件が存在することで地域が盛り上がる。そんなかたちでの”リノベーションによる地域活性”を目指しています」と説明した。

(上)「コットンハウス」のイメージ図。単身世帯向けの住戸のみだったものが、</br>徐々に改装することで複数名でも暮らす多様性のある物件に変化していく</br>(左下)コットンハウスの共用部のイメージ。完全分離型の住戸から、シェアハウスのように人が集まる空間をつくる</br>(右下)ヒルトップの屋上をイメージした模型。イベントを行い、地域の人が集まる空間として盛り上げたいという(上)「コットンハウス」のイメージ図。単身世帯向けの住戸のみだったものが、
徐々に改装することで複数名でも暮らす多様性のある物件に変化していく
(左下)コットンハウスの共用部のイメージ。完全分離型の住戸から、シェアハウスのように人が集まる空間をつくる
(右下)ヒルトップの屋上をイメージした模型。イベントを行い、地域の人が集まる空間として盛り上げたいという

既存のコミュニティに手を加えるハードル

しかし、想像してみてほしい。自分が住んでいる賃貸マンションが、それまで関わりの少なかった入居者同士の交流を活発にして、さらに地域活性の拠点になります、となったら、それが良い取り組みでも多少は戸惑うものではないだろうか。中には反発を感じる人もいるかもしれない。稼働中の集合住宅のコミュニティにを変えるということは、とてもチャレンジングな取り組みに感じる。

ではなぜ、敢えて高いハードルに臨むのか?
宮永氏は「“コミュニティ賃貸”と呼ばれる賃貸物件が注目を集めていることからも、これからの賃貸物件にはコミュニティの充実が必要だと感じています。しかし、それを新築だけで実現しても、市場の課題である空き家・空室問題の対策にはなりません。コミュニティ賃貸を既存物件のリノベーションで昇華させることで、そうした解決策になればと考えています」と説明する。

既存の入居者も巻き込んだ運用方法の詳細はこれから決めていくという。建物工事の完了後、物件コンセプトを実現させるための運用サポートが、このプロジェクトの肝になるのかもしれない。メンバーも「それが最も大切なポイントだと考えています」と口を揃えた。

年齢と立場を超えたチームワークでつくる、「社会とつながる賃貸住宅」の今後に期待

図面上の計画にとどまらない今回のプロジェクト、Y-GSAの学生にとって発見の多いものとなっているようだ。
「社会と建築物との関わりについては、大学院の課題や活動でも考えてきました。しかしコミュニティや人と人の繋がりをリアルに捉え、建物が持続するためにどう使われるべきか?という事の難しさを、今回のプロジェクトで実感しています」と、白鳥恵理さんは実感を込めて話す。
また、小林しほりさんは「お金の動きや物件の管理については、これまでの課題ではあまり触れてこなかった部分でした。私たちが感覚的に“良い!”と思ったものでも費用面の問題があったり、第三者に説得力のあるプレゼンをする事がこんなに難しいものだとわかったり…。建築をビジネスとして運営する大変さを学べています」と話す。

一方社会人にとっては、それらが真逆の意味の発見となる。
「業務では、コスト面が厳しいと判断して、浮かんだ意見を出さないという場面も多いものです。しかし学生は“良い!”と感じる物を発信してくれます。議論の土台に上がると実現可能性を検討しますし、そうした彼らの姿勢に刺激を受けて私たちの考えや発言も柔軟に変化したように感じます」(宮永氏)

学生はビジネスの現場を学び、社会人は学生のコンセプチュアルな部分に刺激を受ける。お互いを尊重する姿勢から、良いチームワークでプロジェクトが進められていることが想像できる。

集合住宅と社会とのつながりを考えたリノベーション。白武氏は、「築年数や駅からの距離を優先する一般的な価値観から抜け出すためにソフトも含めて住まいを考えないと、いずれ住宅は廃れてしまうのではないでしょうか。建物が廃れれば、その地域にも影響する。私たち住宅を供給する者はこれから、住まい方の提案や住んだ後のケアをする事も必要です」とその意義を話してくれた。社会人と学生のスキルを集結した、チャレンジングなプロジェクトはこれからが本番だ。その行方に今後も注目したい。

■取材協力
株式会社NENGO:http://www.nengo.jp/
リスト株式会社:http://www.list.co.jp/
Y-GSA:http://www.y-gsa.jp/

左から、リスト株式会社の白武泰三氏、Y-GSAの佐藤智樹さん、瀬川翠さん、白鳥恵理さん、</br>NENGOの宮永翔氏、Y-GSAの小林しほりさん。撮影時、「どんなポーズにしようか?」と</br>和気藹々と話し合う様子がとても印象的で、チームワークを感じさせた左から、リスト株式会社の白武泰三氏、Y-GSAの佐藤智樹さん、瀬川翠さん、白鳥恵理さん、
NENGOの宮永翔氏、Y-GSAの小林しほりさん。撮影時、「どんなポーズにしようか?」と
和気藹々と話し合う様子がとても印象的で、チームワークを感じさせた

2015年 03月19日 11時09分