神に感謝しつつ建設される日本の家屋

天井の頂上部にある棟木は、家の象徴的存在天井の頂上部にある棟木は、家の象徴的存在

一般的な家屋は基礎工事から始まり、棟上げ、外装工事を経て完成する。その工程は家の構造によりさまざまだが、日本ではこの期間中に二度、神様へのご挨拶をする伝統があった。それが地鎮祭と上棟祭だ。
地鎮祭とは読んで字のごとく地を鎮める祭りで、土地の神様に対し「ここに家を建てさせてください」とお願いするもの。近頃では省略されることもあるが、建築の現場では昔ながらの信仰が生きていることも多く、ほとんどの新築時に斎行されているようだ。

上棟祭は棟上げ式ともいい、竣工後の安全を祈るもので、「棟木」を取り付ける際に行われる。棟木は家屋のもっとも高い場所に位置する横木で、屋根の最上部に、桁行方向(建物の長手方向)に取り付けられる。この後屋根をつける作業や外装工事などがあり、これで家が完成したわけではないが、棟木は家の象徴的存在と考えられてきたのだろう。地鎮祭に比べると、上棟祭は必須とする意識が薄く、特にマンションやアパートなどの集合住宅では、個々の家庭における上棟祭は省略されることが多いようだ。そもそも上棟祭は神祭りとしてより、建築職人の労をねぎらい、もてなす意味が強かったとも言われているから、ビジネスライクが好まれる現代では、自然な流れかもしれない。
では次に、それぞれのお祭りについての詳細や由来を見てみよう。

地鎮祭の歴史

地鎮祭は日本最古の歴史書『日本書紀』にも記録されている。時は持統天皇五年(西暦691年)十月二十七日。「使者をつかわして新益京に、地鎮の祭をさせられた」と端的に記録されている。
新益京とは現在の奈良県橿原市にある藤原京の別名で、持統天皇にとっては自分が造営する初めての都となる重要な土地。当時持統天皇は飛鳥浄御原宮(現在の明日香村)に居住しており、大した距離ではないことを考えれば、地鎮祭は天皇自らが祭祀を行わねばならないほど重要な祭とは認識されていなかったのかもしれない。
地鎮祭は土地神への建築許可を願うものだが、祝詞に登場する神々は産土大神(うぶすながみ)、大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)、埴安姫大神(はにやすひめのかみ)、屋船大神(やふねのおおかみ)の四柱が多い。以下、それぞれの神様がもたらす意味を説明しよう。

産土大神:その人が生まれた土地を守る神で、その土地で生まれた人の一生を見守ってくださる存在と考えられていた。地鎮祭に登場する産土神は、これから家を建てる土地の守り神を指すと考えられるが、建築主が自らの守護神に「この土地へ引っ越しましたが、これからもよろしくお願いいたします」と改めてお願いする意味もあったのかもしれない。
大地主神:この土地を守護する神のこと。家を建築する許可はこの神から受ける。
埴安姫大神:埴土(粘土)の女神で、陶器の守護神ともされる神。土壁の家にはふさわしい神様だ。
屋船大神:古くから御殿を守護する神と考えられてきた、木の神である久久能智命(くくのちのみこと)と草の神である草野比売神(かやのひめのかみ)を指す。

地鎮祭の式次第

地鎮祭の様子地鎮祭の様子

一般的な地鎮祭は、以下の手順で行われることが多い。
1)清め祓い(両手と口を漱ぎ心身を清める動作も含まれる) 2)お供え物の献上 3)祝詞 4)四方祓い 5)地鎮 6)玉串の奉奠 7)お供え物の撤収 8)お神酒の乾杯

神々が降臨するのは清め祓いの後で、神職たちが「おお~ん」と警蹕の声を上げるのでびっくりするかもしれない。これは「神様が降臨されるので、失礼のないように」という合図の声だ。また、神様がお戻りになるのはお供え物を撤収した後、この際にも警蹕の声があげられる。
多くの場合、地鎮祭で築かれる祭壇には、榊の木が立てられている。これは神の依り代で、神が降臨する目印となる重要なアイテムだ。また、四方をしめ縄で張り巡らし、結界が作られている。
施主が用意するのは、お供え物と神職さんへのお礼にあたる初穂料。依り代や玉串奉奠に使われる榊、お神酒をいただくための湯呑、半紙など。どれもスーパーで手に入るので、抜かりないようにしよう。
マンションなどの地鎮祭では、住民一人ひとりが参加しないし、そもそも落成したマンションを購入することも多いだろうから、地鎮祭には間に合わない。土地神に建築許可をもらうものが地鎮祭であると考えれば、住人には関係がないのだが、もし気になるのならその土地の鎮守の神様(最寄の神社)に、引っ越しのご挨拶をしておけば良いだろう。

上棟祭とは何か

上棟祭で使われる破魔矢。本来は棟木を引き上げて取り付けるが、棟木にこうした矢を飾ることでその代わりとすることも多い上棟祭で使われる破魔矢。本来は棟木を引き上げて取り付けるが、棟木にこうした矢を飾ることでその代わりとすることも多い

職人さんへのお礼を兼ねた上棟祭の祝詞に登場するのは、屋船久久能智命、地鎮祭の祝詞に登場した屋船大神とともに木の守護神として信仰される屋船豊受日賣命(やふねとようけひめのみこと)、御殿の神様として信仰される手置帆負命(たおきほおいのみこと)と彦狹知命(ひこさしりのみこと)、土地神であることが多い。
上棟祭については日本書紀に記載されておらず、この儀式が始まったのは平安時代であろうと言われる。

上棟祭の式次第は地鎮祭と大きくは変わらない。特徴は祭の最中に棟木を引き上げて取り付けることだが、近年では棟木に魔除けの矢などを飾ってその代わりとすることも多いようだ。
また、神職ではなく、職人による儀式の執行が一般的になりつつある。この場合は清め祓いなども省略され、魔除けを飾って四方を祓うだけの簡単な次第で終わる場合が多い。地方によっては餅や米などを撒く習慣がある。これは、家を建てるという大きな「吉」を他の人にも分け与えることで、吉事の反動でやってくる「凶」を緩和しようとしているのだと言われる。厄年の人が町内にぜんざいを配り、少しずつ厄をもらってもらうのと逆のバージョンだ。
だから、マンションなどの集合住宅で上棟祭を行わない場合でも、餅や米だけは撒くことがあるようだ。

地鎮祭も上棟祭も、信仰のない人にとっては、無意味なものと感じるかもしれない。しかし神祭りは単なる信仰ではなく、日本人の思想や伝統と深いかかわりがある。近代化により、日本人は多くの伝統を失った。しかし、家と土地は一生ついてくるもの。できるならば、地鎮祭だけでも後世に残していきたいものだ。

2015年 01月19日 11時10分