空き家問題はどうなるか?

2015年は「空き家問題」が大きく取り上げられた年になった。流行語にはノミネートもされなかったが、空き家元年と言ってもいいだろう。

2015年の空き家関連したことで下記のようなことが挙げられる。
 ・平成25年 住宅・土地統計調査 今年2月に確報集計公表
  (前年7月に速報されていたものの全国詳細編)
 ・空き家対策特別措置法が今年5月に全面施行
 ・Airbnbなどの民泊について話題があがる
 ・空き家バンク・田舎暮らしについて注目される

ようやく実態が分かりまずは空家問題解決に向けてのプラットフォームの基盤が出来たという段階だ。まずは1歩前進した形になる。そうした前進と同時に、地方行政をはじめ民間など各地で空き家を活用した街づくりも盛んに行われるようになってきたのも既にご存じだろう。

2015年現在までHOME'S PRESSで取り上げた空き家に関する記事の一部は下記になる。年を越す前に改めて空き家についてどんな状況なのかを、この機会に確かめてみたい。

※HOME'S PRESSライターの中川寛子さんが今年11月に出版した「解決!空き家問題」(ちくま新書)を12月中にメルマガ登録してくれた方の中から5名様にプレゼント。(12月31日締切)
※応募期間終了により、このプレゼントは締め切らせていただきました。

書籍の詳しい内容は下記
http://www.homes.co.jp/cont/press/info/info_00008/

2015年 12月08日 17時58分