のべ3万人が学ぶ街

シブヤ大学の授業『「デザインする」ということについて~形をつくる前に何をするか?~』ディスカッションの一幕シブヤ大学の授業『「デザインする」ということについて~形をつくる前に何をするか?~』ディスカッションの一幕

東京・渋谷に、なかなか受けられない大学の授業がある。受講倍率は3~5倍、授業内容は『女性からだ会議』『「デザインする」ということについて~形をつくる前に何をするか?~』『暮らしの中の聞こえづらさを考える』など様々だ。
実はこれ、学校教育法が定める国立や私立大学の授業ではなく、誰でも入学できる「シブヤ大学」の授業の一例。
シブヤ大学は、2006年に“街がキャンパス”“教えると教わるを自由に行き来する新しい共育システム”を掲げて開校した。「ソーシャル系大学」と呼ばれる大学の元祖だ。

シブヤ大学の開校以降、街に眠る資源を見つけ、住人が教えあうという「ソーシャル系大学」はまたたく間に全国に広がった。シブヤ大学が経済産業省の「平成21年度地域新事業創出発展基盤促進事業(コミュニティビジネスノウハウ移転・支援事業)」の助成をうけ、全国8ヶ所に姉妹校をオープンしたのも大きなきっかけとなった。

シブヤ大学の受講生の8割は20~40代、発行するメールマガジンの登録者数は26,156人、登録学生数21,613人、のべ受講生数は約30,000人にのぼる(※2015年月2日時点)。
他者とつながり共に学びあう仕組みはどうつくられ、どうやって若者の共感を集めたのか? シブヤ大学学長 左京泰明さんに話を聞いた。

渋谷を、共助のできない街にしない

シブヤ大学の学長 左京泰明さんシブヤ大学の学長 左京泰明さん

「2004年に渋谷区議会議員の長谷部健さんが、住民が互いに教えあい、街全体をキャンパスにするという生涯学習を提案し、採用されました。渋谷区教育委員会の生涯学習課で実施に踏み切ったのですが、今までやっていた事業とは取り組み方が違うこともあり、頓挫していました。そこで僕たちが、民間主導で進めてそこに行政が入るという提案をして、2006年にNPO法人シブヤ大学を立ち上げました。
渋谷には105の町会がありますが、参加者は古くからの町民ばかりです。たとえば首都圏で地震が起きた場合、町単位で共に助けあうことが必要になってきますが、現在の町会の状況では難しいとおもいます。渋谷区はこの状況に危機感を持っていて、シブヤ大学の活動を通して若い住人が知り合い、渋谷が自分の居場所だとおもってくれることで共助のできる関係にしたいと考えています。また、授業を通して地域に対する愛着がうまれ、それが行動につながり、ひいては魅力的な街づくりにつながるというシナリオを描いています」

1990年に「生涯学習振興法」が制定されて以降、それまでの青少年を対象とした社会教育に代わって、老若男女が学び続けるという「生涯学習」の考えかたが台頭した。自治体が行う講座には時間に余裕のある中高年が中心に集まり、さかんに生涯学習が行われたが、20年が経ち運営・受講側ともに高齢化・マンネリ化が進んだ感は否めなかった。このタイミングでシブヤ大学は、学校教育法に制限される学問ではなく、街の資源を生かし市井の講師に学び、街をキャンパスにするという生涯学習のビルトアップとして誕生した。“元祖ソーシャル系大学”の誕生は、生涯学習の考え方を刷新したのだ。

ルールはたったひとつ。「自分の受けたい授業をつくること」

授業企画のルールはひとつ、“自分が一人目の生徒になって授業をつくる”こと授業企画のルールはひとつ、“自分が一人目の生徒になって授業をつくる”こと

――人が集まる、魅力的な授業はどのように生まれるのか?
「授業を企画する人自身が、“受けたい”と思う授業を企画するからです。シブヤ大学に登録しているボランティアは200名以上、常時50~60名が動いています。ボランティアは誘導などの運営から入りますが、授業企画に参加したい人は手を挙げてもらい、『授業コーディネーター』と呼んでいるフリーランスカメラマン・編集者など経験豊富な人たちとペアで授業の企画を立ててもらいます。企画のルールはひとつ、“自分が一人目の生徒になって授業をつくる”です。今の世の中はこの情報が求められている…というマーケティングではなく、自分自身で受けたい授業を企画し、話してほしい講師に依頼することが、魅力的な授業内容につながっているとおもいます」

ボランティアという自発的な行動のその先に、自分が学びたいことに共感する多くの人と学べる仕組みがシブヤ大学にはある。そして、授業を受けた人がボランティアや授業コーディネーターへ立候補する、という良質な循環で人気を維持しているようだ。

あのイベントも仕掛人! 企業が相談に押し寄せる「シブヤ大学」

シブヤ大学は新領域デザイン部門で「2007年度グッドデザイン賞」を受賞しているシブヤ大学は新領域デザイン部門で「2007年度グッドデザイン賞」を受賞している

受講料は無料、事務局の専任スタッフは左京さんを合わせて2名、授業の運営はボランティアで行うシブヤ大学。収支表をみると、意外なことに気がつく。2013年の収入3,451万円のうち67%の2,312万円が企業からの事業収入なのだ。
「企業から相談を受けてイベントの企画・実施をする事業がシブヤ大学のひとつの収入の柱になっています。毎年開催している『恵比寿文化祭』、Bunkamura25周年記念の『オープン!ヴィレッジ』などは、シブヤ大学が共催・協力で入っています」

シブヤ大学の受講生が増えれば、場所代や運営費も増える。それを支えるのが、企業から依頼されるイベントなどのプロデュース業だ。具体的にどのように進めているのか?
「案件に合わせて人を集めます。授業コーディネーターや講師、時には外部のプランナーやデザイナーなど、シブヤ大学のネットワークをつかってチームをつくります。一般的なシンクタンクと違うのは、企画立案だけでなく、渋谷の街なかで実行するまでを担当することです」

開校以来11年、授業や企業・行政へのイベントプロデュース事業を通して渋谷で活動を続けているシブヤ大学。そのネットワークは積み重ねられ、深みを増している。そして、このネットワークを活用して新たな問題解決に進んでいく。

たとえば、「同性カップルの結婚証明書発行」に関わることの意味

渋谷のもつ情報発信力も使って、「シブヤ大学」はますます影響力を高めていくだろう渋谷のもつ情報発信力も使って、「シブヤ大学」はますます影響力を高めていくだろう

――シブヤ大学の今後は?
「受講生の増加率に対して授業数が足りていないので、授業数を増やしていきたいです。そのためには、資金や事務局体制も含めて強化していく必要があります。もうひとつ、日本各地の多くの生涯学習担当者がシブヤ大学を視察されます。それだけ全国の生涯学習には課題があり、それを解決する意欲を持っている人がいるということです。全国の自治体の生涯学習担当者が集まって知り合い、お互いに学び合う仕組みがあってもいいのではとおもっています」

ただ、これからも左京さんは渋谷での活動にこだわる。
「『行政とNPOの連携』や『商業施設をハブとした地域の新しいコミュニティづくり』、『市民が主体的に企画運営する参加型イベント』など渋谷の街での活動は、その特徴である情報発信力によって全国に伝わるとおもいます」
渋谷には圧倒的なブランド力と集客力があり、街がもつ情報発信力は大きい。シブヤ大学の活動は、この発信力を生かして全国の注目を集めることができる。

「たとえば、2015年3月に渋谷区議会に提出される予定の同性カップルの『結婚に相当する関係』を認める証明書発行ですが、僕はこの条例策定検討会に参画しています。そのなかで、日ごろのシブヤ大学の活動を通じて繋がりのあるセクシャルマイノリティに関する啓発活動を行う当事者の方々に、参考人としてヒアリングを行いました。このように、アウトプットの主体がシブヤ大学だけでなく行政の場合も出てきています。今後の社会で大切になっていくテーマに対し、渋谷の街づくりとして良い回答を提案し続けることで、渋谷の街の取り組みが日本の街づくりのひとつのお手本になるといいとおもっています」

老いも若きも多くの人が集い、学びあうコミュニティをつくったシブヤ大学は、日本のまちづくりという将来も見据えていた。ソーシャル系大学の元祖は、新しい生涯学習のモデルとしてトップランナーであり続けるのだろう。

2015年 03月15日 12時09分