発見!賃貸物件パラダイス…?

賃貸物件探しのために不動産屋さんをさがしていると…賃貸物件探しのために不動産屋さんをさがしていると…

この日も、探すは賃貸物件! 車で大通りを走っていたら、何やら物件情報がいっぱいありそうな建物を発見し、早速中に入ってみた。すると、そこには大量の物件情報パネルが、まさに巨大ドミノか迷路のように立ち並んでいた。

私:「おおお~、これは、まさに賃貸情報パラダイスって感じだねぃ! Oちゃん~」

このパネル群はどこまで続くのかと大興奮し、店内をひたすらスタコラ歩き回るワタシ。
しかし、後ろから追ってきた夫のOちゃんが、そんなワタシを引き止め、言った。

夫:「賃貸では、ない! よく見てみて」
ハ? 意味がよくわからず、Oちゃんの指差す先を見ると、
私:「アレ? 中古、売却、物件……と書いてありますな」
夫:「ね? ホラ、この隣もそうだし、その隣は土地だよ~。向こうの一列だけが賃貸なんだよ」
そ、そうだったのか……ということは、ここにもあんまり用はないのか~、残念。
しかし、なんでこんなにも売却? そして土地? と思っていると、

賃貸のはずが、提案されたのはナント…!?

物件情報…アレ、これって売買物件じゃないですか?物件情報…アレ、これって売買物件じゃないですか?

店:「物件をお探しですか~?」

いつの間にかOちゃんの隣に現れたのは、チラシを片手にもった店員さんだった。

夫:「ええ、賃貸情報を探しにきたんですけどね、なんだか売買の情報が多いんですよね~」
店:「賃貸でお探しですか。ちなみにいい物件は見つかりました?」
夫:「いや、それがやっぱり、賃貸物件はどこかで見たことあるようなのが多くてねぇ~」

……Oちゃんも、言うようになったねぇ。いまやすっかり立派な賃貸物件ツウじゃありませんの……オホホ。
などと思っていると、おもむろに店員さんが、接客スペースへとワタシ達をうながし、ニッコリ微笑んで言った。

店:「少々お待ちくださいませね。お客様にピッタリのご提案があります」

そして、戻ってきた店員さんの手には、なにやらフシギな電卓が。
普通の数字部分以外に、十個以上ボタンがあり、それぞれに繰上返済、借換、固定金利、などという聞きなれない単語が書いてあるのである。
聞くと、それは〝金融電卓〟というローンを計算するのに非常に便利な専用電卓なのだそうだ。
デジタル物が好きなワタシは、ぜひその電卓に触ってみたかったが、そんなこととは関係なく、話はどんどん先に進んでいった。

店:「お客様の現在のお家賃は確か十二万円でしたよね? 大変失礼ですが、ご主人様と奥様の現在のご年収をお伺いすることはできますでしょうか?」
私:「は、はぁ……」

言われるままに、それぞれ年収を書き出すと、途端にパチパチパチッ……と高速電卓打ち!

店:「ホウ~、合計で考えてみますと……、賃貸ではなく、ご自宅購入の選択も可能ですねぇ」

は!? ワタシ達が「ゴ自宅コウニュウ」!?

店:「おそらく銀行の融資枠も、6000万円前後は出ると思いますよ~」

ろ、ろ、ろ、ろぉーくしぇんまんえーーーんっ!?
ワナワナ……しちゃうじゃありませんの!

借りないで買う…?建てちゃう!? 衝撃の展開が…!

借りないで買う…?建てちゃう!? 衝撃の展開が…!

夫:「そ、そ、そういうことは~、今まで、考えてませんでしたので……なんとも……」
店:「ええ、意外に賃貸に多く家賃を払われている若い方は多いんですよね。
でも、今は行政の特例で期間限定の住宅ローン減税中ですから、今建てる方は本っ当~にお得なんですよね~」

ぐぐぐぐぐっ、行政で、特例で、期間限定の、減税中、ときたか!
まさに「コレもアレもついて、さらに同じものがもうワンセット!」の真夜中TV通販並み、怒涛のお買い得感!

ここで、店員さんがカウンターからおずおずと何か持ちだしてきた。

店:「実は私ども、こういう店舗もやっておりますが、本業は建設会社でして、
お客様にあった土地をお探しして、このような工法で建てるお手伝いもさせていただいております」

……な~るほど、そういうワケだったのか。要は、土地や、古家付きの中古物件を紹介するのは、そこに新たに家を建てるサポートをするためだったのである。

いや~、この日は本当にスゴイことがわかってしまった。なんと、ワタシ達にも自分の家が持てるかもしれないのであるっ!

でも、6000万の住宅ローンなんて
本当にアリ~!?


このあとは、「さて、強引に連れていかれた先にあった“土地物件”とは……?」の巻 に続きます。乞うご期待!!

2014年 10月22日 11時09分