そして、どのハウスメーカーさんもいなくなった

お父さんと一緒の… 絶対イヤ!!お父さんと一緒の… 絶対イヤ!!

2009年に「マンガはじめて家を建てました!」(ダイヤモンド社)という、自分の体験談+家づくり情報を盛り込んだ本を描きました。
私の実家を二世帯住宅にしたときの、家づくりの基本的な知識と、すったもんだの体験を面白おかしく描いたマンガ書籍です。
そこでこのコラムでは、今家づくりを考えているみなさんの役に立ったり立たなかったりする情報を、楽しくお伝えしていきたいと思います。

そして誰もいなくなった。
近くの住宅展示場をいろいろまわり、いくつものメーカーさんに話を聞いた。
無料の図面を描いてもらい、いくつかのメーカーさんと話を進めてきた。
でも、なんか違う、どうもしっくりこない、
だいたい好みじゃない、実際の家がヘンテコ、
などの理由で、結局どのメーカーさんも断ってしまった。

マンガには描いていないメーカーさんもいくつかあった。
CMでも有名なヤキトリホームさん(仮名)にも図面を描いてもらった。
でも、なんだかすっごくちっさい家の間取りが上がってきた。

ウチが建てるのは二世帯住宅、と言っていたのに
部屋がとっても少ない。
私の両親の部屋は、父母一緒の部屋。
他にはリビング一室だけ。
だから…1LDK。

この図面が上がってきたとき、私の母に
「お父さんと一緒の寝室って案がきたけど…」
と言ったら母に
「絶対イヤ!!」
と強く拒否された。やっぱりこれはないなと思った。
(父には発言権がないに等しい、もしくは権利を放棄しているので
ここは母の意見が100%採用される。)
(父がいじめられているわけではないです。そういう力関係です。)
新しく家を建てるのに、今の住居スペースよりちっさくなるって、それはないよね。

私たち夫婦はそれぞれ仕事部屋をつくりたい、と言っていたのに
図面には寝室にリビング、将来の子ども部屋しか描いていなかった。
だからえーと2LDK。
リビングに机ならべて仕事しろってこと?

家に対する夢がひとつもふくらまずにしぼんでしまったので
ヤキトリホームさんはお断りした。

ヤキトリホームの次は厚揚げハウジング

安い…から?安い…から?

中にはとってもお値段がお手頃なメーカーさんもあった。厚揚げハウジング(仮名)さんだ。

--------------------------------
このコラムを読んでいただいている方はうすうすお気づきかと思うが、仮名のハウスメーカーさんの名前は居酒屋のメニューになっている。
(いや、親しみやすいかなーと思って。)今、自分で書いていてヤキトリと厚揚げが食べたくなってしまった。じゅわじゅわの厚揚げ…。たっぷりのネギにお醤油たらして…。くあー!!食べたい!読んでいただいているあなたもそうかもしれないので、あなたの今日のお酒のおつまみがヤキトリと厚揚げでありますように。
-------------------------------

というわけで厚揚げハウジング(仮名)だ。
ここもCMでもおなじみのハウスメーカーさん。
実は住んでいたアパート近くの住宅展示場で
最初に入ったのがこの厚揚げハウジングさんだった。
一番行ってみたかったから、ではなく、
展示場の入口すぐのところにあったから。

厚揚げハウジングさんのモデルルームも他のメーカーさん同様、
とっても広くてステキだった。
だいたいの家の値段を聞いてみると、ずいぶんとお手頃価格。
「へえ!そのくらいのお値段で家が建つの?」と思ったが、
いろいろ見回していると、壁のはしっこの壁紙がはがれかけていた。
その時の私の思考を考えるとホントにばかだなあと思うのだが、
「ああ…安いからだなあ」と思ってしまった。

壁紙のはがれと家の値段は関係ないと思うのだが、
モデルルームのメンテナンスはとっても重要ですね。
その印象がよくなかったせいか、
厚揚げハウジングさんには無料図面もお願いしなかったのだった。

工法によっても建築費が違うんだ

竹を割ったような無理ですね竹を割ったような無理ですね

なかには、すぐに断られたメーカーさんもあった。
もずく酢建設だ。

他のメーカーさんと同様、モデルハウスを見て回り、
「あらまあ、すてきねー」などど言い、
「新築のご予定ですか?」と聞いてくる営業さんに
「二世帯住宅を考えているのですが、予算は○○万円くらいで…」
といつものように聞いてみたら
「それはウチでは無理ですね」
とキッパリ言われたのだ。

「スコーーーン!」
竹を割ったようなすがすがしいほどの物言いに、びっくりした。
だって、メーカーの営業さんは、予算的に無理だろうがなんだろうが
とにかく話を進めましょう!っていうところばかりだったから。
「そ…そうですか」
とスゴスゴとそのモデルハウスを後にした私たちだった。

まあ、その断り方にも言い方ってもんがあるだろう、とは思うけど
「とにかくムリだな、だって、もずく酢建設は建築費が高いんだもん!」
といった解りやすい答え方は、当然かなあ、とも思う。

あとで調べてみたらもずく酢建設は
重量鉄骨を使ったコンクリート造りの家だった。
なるほど、高いわけだわ~。

こんなふうに私たちはとにかくいろんなメーカーのモデルハウスを
見て回ったのだが、後で気付くのがその家の工法の違いだ。
家の工法がこんなにいろいろあるとは知らなかった。
知らないままで家つくっていいのか?多分いかん。
と当然思いはじめた私は、
「こりゃー、ちゃんと勉強しなくちゃ」と
少しづつ家づくりの勉強を始めたのだ。

次回は今までお話を進めてきたメーカーさんの工法についてご紹介します。

2014年 02月18日 10時11分