疲れを癒せる家探しが重要

地方から上京してきた人の家探しのポイントは?
地方から上京してきた人の家探しのポイントは?

新入社員や転勤など、地方からの上京で4月や10月から新生活をスタートさせる人は多いと思いますが、みなさんどのような生活をイメージしているでしょうか。慣れない場所での生活、特に東京というエリアは人口も多く、はじめは新しい職場に慣れるだけでなく、満員電車や人ごみ、毎日がお祭りのような街で疲れてしまうことも多いかもしれません。

そういう時に、体力や気力を回復するための家の存在は重要です。家賃が安いからと、狭かったり、駅から遠かったりする家を選んでしまうと疲れが取りきれないかもしれません。最近ではシェアハウスも増えてきていますが、流行りだからと選んでしまうと1人になれる時間が作れず、家でも疲れてしまうことになりかねません。

そこで、家賃の上限と相談しながら、こだわりの快適な空間を見つけてみましょう。家探しは時間をかけるほど、良い部屋に出会うことができます。

こだわりたい家探し3つのポイント

朝の通勤ラッシュにあわせて電車に乗ってみるという方法も
朝の通勤ラッシュにあわせて
電車に乗ってみるという方法も

1.交通アクセス

賃貸物件を探す時によく重視される項目としては、家賃や通勤時間、駅からの距離、間取りなどが挙げられます。その中でも上京された方にまず重要視してほしい項目が交通アクセスです。地方では車やバスを使うことも多いかもしれませんが、東京にはさまざまな電車の路線が入り組んでいます。

東京駅や渋谷駅、新宿駅などは複数の路線が乗り入れているターミナル駅ではない小さな駅でも、2、3の路線を使える駅はたくさんあります。エリア探しのはじめの頃は、ある程度広めにエリアを絞って、使える駅を決めてみましょう。

路線によっては通勤ラッシュが大変な場合もあるので、それに耐えられるか、少し遠回りすれば快適な通勤ができるかなど、もし可能であれば実際に朝のラッシュに合わせて乗車してみるといいでしょう。

また、駅からの距離も実体験をしてみることがおすすめです。インターネットに掲載されている徒歩所要時間は80メートル1分という決められたルールに基づき表示されているので、実際に歩いてみるとズレが生じることがあります。すべてのエリアを歩くことは難しい時には、交通アプリを利用してみてください。

加えて、交通アクセスで重要なことは電車だけでなく、バスの運行時間や駅に停車しているタクシーの数などもあります。駅から15分以上歩く場所に住む場合、終電で帰宅できても終バスが終わっていたり、タクシーを探しても見つからなかったりすることも多いです。

そして、駅までは自転車で通おうと思っている人も注意が必要です。駅によっては駐輪場が満車の場合もあるので、少し遠くに止めなくてはいけない可能性もあります。時間があれば、駐輪場の空き状況も調べておくと安心ですね。また、アパートによっては駐輪場がないこともあるので、契約前に忘れずにチェックしてください。

昼間だけでなく夜の雰囲気を<br>見てみるのもポイント
昼間だけでなく夜の雰囲気を
見てみるのもポイント

2.雰囲気

自転車や電車を利用すれば東京では休みの日にいろいろな場所へ遊びに行くことができます。自分が好きなエリアを見つけて、そこに気軽に行けることを基準に物件を探してみるのも、プライベートライフが充実する要因となります。

街によって住んでいる人の雰囲気も変わります。駅前だけは雰囲気が良くても夜になると治安が悪くなる場所もあります。女性の場合は特に、夜道に街灯があるか、人通りは多いかなど、1人で暗い道を歩くことがありそうな場所は、事前に下見をしておくべきです。また、東京は住んでいる人だけではなく、日本各地、世界中からさまざまな人達が集まってきます。さまざまな人との出会いがあふれている反面、リスクも高まります。治安面はしっかり気にしておきましょう。

直接行くことが難しい場合は、Google(グーグル)マップのストリートビューを使ってみると雰囲気が分かることも多いです。

スーパーは営業時間を<br>チェックしておきましょう
スーパーは営業時間をチェックしておきましょう

3.飲食店

快適なライフスタイルを作るためには、周辺の飲食店も重要です。1人暮らしで会社勤めの場合、残業で遅く帰ってきて、食事は簡単に済ませたい時もあります。このような時に利用できるお店が周辺にあるかを知っておきましょう。
特に、重要なのはスーパーとコンビニエンスストアです。スーパーでは惣菜が充実しているか、深夜まで開いているかどうかもチェックしておきましょう。

24時間開いているお弁当屋では、しっかり野菜がとれるメニューもあるのが嬉しいところです。また。友人や同僚が家に遊びに来た時は、近くに飲食店があるといいですね。小規模で行きつけの店ができると、ふらっと帰り際に一杯など、幸福度も高まるでしょう。

食へのこだわりやお酒が好きかどうかで、周辺にほしい飲食店も変わってきます。ライフスタイルに合わせて、どのようなお店があるか調べてみましょう。

お店を見つけたら、飲食店掲載サイトなどで、口コミやメニューなどを参考にするのもいいかもしれません。

さらにこだわるなら、病院や公園もチェック

近くに自然があると<br>充実した休日を過ごせるかも
近くに自然があると充実した休日を過ごせるかも

飲食店以外で生活に欠かせないのは、クリーニング店や郵便局、銀行、病院などです。持病がある人は、近隣にある病院の評判をインターネットで見ておくと安心です。

他に生活に不可欠ではなくても、公園や川、癒やされるような自然があると良いですね。また、スポーツジムや本屋など、自分の趣味に合わせて、近くにあると嬉しいスポットを調べておきましょう。

東京の街はエリアごとに個性があるので、住む場所によって生活環境がガラッと変わります。仕事が遅く寝るだけの生活ならば、職場や駅からの距離、交通アクセスの便利さを重視しても良いかもしれません。しかしプライベートを充実させたいなら、散歩できる素敵な道があったり、素敵な雑貨屋があったりすると毎日が楽しくなりますね。

そして、街によっては、小さなコミュニティができていたりします。会社以外にご近所さんと仲良くなる楽しみも増えると、日々の生活にメリハリが生まれるかもしれません。

全国の賃貸を探す家賃相場を調べる

関連記事

初めての一人暮らし究極のバイブル 一人暮らしを決めた方必見!
あなたの住んでいるエリアをチェック!ハザードマップの見方と活用法とは?
通勤電車の混雑率の目安とは?
【学生座談会】新社会人間近!学生は一人暮らしや住まい選びについて何を思うのか
【引越した人インタビュー4】実家から持ってきた机が大きすぎた人