住宅のリフォームを考えるときには、専門会社に依頼をする以外に、自分でDIYに取り組むことも可能です。DIYでリフォームすれば費用を抑えることができ、自分のイメージに合った仕上がりを期待できるといったメリットがあります。

ここでは、DIY初心者でも取り組みやすい方法や必要な工具を紹介すると共に、DIYリフォームするときのコツについて解説していきます。

DIYする男女

DIYでリフォームを行うことは、費用面などで多くのメリットがあります。一方で、気をつけておきたいポイントもチェックしておきましょう。

DIYとは「Do It Yourself」のことであり、「日曜大工」と同じような意味を持っています。自分で必要な物をつくったり、修理したりすること全般を指す言葉です。

 

大がかりなリフォームでなければ、専門会社に頼まなくても自分で取り組むことが可能です。たとえば、2つの部屋を1つにつなげるといったことなら、建物の構造にもよりますが、DIYの範囲で行うこともできます。

 

もちろん、リフォームのために必要な材料や工具を準備しなければなりませんが、人件費をリフォーム会社に払うわけではないので費用を抑えられる点は大きなメリットです。浮いたお金で材料をグレードアップさせることもできるため、理想的な住環境に仕立てることも不可能ではありません。

DIYでリフォームを行うメリットは大きいですが、実際に取り組むときにはいくつかの注意点もあります。たとえば、大がかりなリフォームを実施する場合は、住みながら作業をすること自体が難しくなってしまうため、専門の会社に依頼したほうがよい場合もあります。

 

無計画に作業を進めてしまうと、後から苦労するケースもあるので注意が必要です。事前にリフォームの計画をよく練って、どの範囲まで自分で行うのかを決めておきましょう。

 

もしも、マンションでリフォームを行おうとするときには、どこまでDIY可能かを確認しておきましょう。共用部分には手を加えられないうえ、予定しているリフォームが管理規約で禁止されていれば実施できません。必ず管理規約は確認しておきましょう。実施をする際は、念のため管理組合に相談をすることも大切です。

 

加えて、近隣とのトラブルにならないように、明け方や夜中に作業をするのは避けましょう。また、電気や水道、ガスの部分は専門的な知識が必要なので、プロに頼むことも重要です。

DIYツール

DIYでリフォームに取り組むときには、作業が簡単なものから始めたほうが、結果的に満足のいく仕上がりとなります。DIYを行うときに必要となる工具についても見ていきましょう。

初めて DIYでリフォームに取り組むときには、あまり大がかりな作業になってしまうものは避けましょう。簡単にできるものから始めてみたほうが成果を得やすく、リフォームの腕も上がっていくはずです。

 

1~2日程度で作業が完了するものとしては、塗り壁の施工、腰壁の設置、クッションフロアの設置、クロスの張り替えなどが挙げられます。それぞれリフォームしたい場所を洗い出したうえで、材料を調達し、手軽に取り組めそうなものから手を付けてみましょう。

 

なお、一度にたくさんの箇所のリフォームを行おうとすると、途中で挫折してしまいやすいので注意しましょう。1ヶ所ずつ完成させたほうがうまく作業が進みやすく、モチベーションも持続しやすいでしょう。

DIYをスムーズに進めるためには、必要な工具をそろえておくことが大切です。定番の工具としては、電動ドライバー・水平器・ネジ外し・下地センサー・アルミ足場台などがあげられます。

 

電動ドライバーはネジを締めたり、材料に穴を開けたりするのに必要であり、必ず1本はそろえておきたいものです。ドリルドライバーよりもインパクトドライバーのほうがパワーが勝るので、作業時間を短縮できます。

 

水平器は材料をまっすぐ取り付けるために欠かせない工具であり、ネジ外しは先端がつぶれてしまったネジを外すのに重宝します。下地センサーは壁にあてるだけで下地を探せる便利な工具で、壁紙などを無駄に傷つけることなく作業が進められます。

 

そして、アルミ足場台があれば、小さな脚立では危ない高い所でもラクに作業ができます。他にも、バッテリーで動作する掃除機、デジタル距離計などもあると作業がはかどります。

  • リフォームは簡単なものであれば、自分でDIYをすることができ、コストを抑えられる
  • 1~2日程度で作業が完了するものとしては、塗り壁の施工・腰壁の設置・クッションフロアの設置・クロスの張り替えなどがある
  • リフォームを行う前に作業計画を立て、管理規約などを確認することが大切
  • 電気や水道設備は専門知識が必要であるため、プロに依頼をする
  • DIYで必要な工具としては、電動ドライバー・水平器・ネジ外し・下地センサー・アルミ足場台などがある

公開日: