住宅の購入を検討する中で、新築だけなく、中古住宅も視野に入れて探している方もいるかと思います。

中古住宅を購入する場合、すでに住宅は立っているため、注文住宅のようにゼロから家をつくって購入するのとは流れが異なります。

今回は中古住宅を検討している方に向けて購入の流れや、事前に確認しておきたいポイントについて紹介します。

まずは簡単に、中古住宅購入までの一連の流れを説明します。

1.売主へ購入の申し込みを行う

購入したい住宅を決めたら、売主へ購入申請を行います。不動産会社を介する場合は購入希望を伝え、不動産会社が準備する購入申込書に、希望する価格や条件を記載したうえで提出し、売主へ届けてもらいます。

 

売主が確認後、契約日および契約条件を調整するといった具体的な商談に進みます。この時点ではまだ契約していないので、購入希望を撤回することも可能です。

2.ローンの事前審査を行う

住宅ローンを利用する場合、事前の審査が必要

ローンの事前審査とは、住宅購入にあたりローンを組む予定の場合、売買契約に先立って金融機関がローンの利用を認めるかどうかを判断し、その結果を提示してくれるサービスです。

 

買主が住宅ローンを利用する場合、不動産会社は買主の支払い能力を確認するため、あらかじめローンの事前調査を行うケースが多いです。

3. 重要事項説明を受けた後、売買契約を行う

次に、住宅に関する重要事項説明を受けた後に、売買契約に進みます。まずは宅地建物取引士が重要事項説明書をもとに物件の説明を行い、相違がないか確認をします。このときに不明点などがあれば曖昧なままにせず、必ず説明に納得してから、契約を結ぶようにしましょう。

 

売買契約書を双方で確認後、署名・捺印をして頭金と手付金を受け渡しすれば、売買契約を行ったことになります。

 

手付金には、買主と売主のいずれかが契約を解除した際の保証金となる“解約手付”、契約違反があった際に違約金となる“違約手付”、購入意思や契約の証明をするための“証約手付”の3種類があります。

4. ローンの申し込みと契約を行う

住宅ローンの審査が通ったら契約を行う

ローンの本申請を行い、本審査をしてもらいます。ローン審査には住民票や確定申告書、納税証明書などの申し込みに必要な書類がいくつかあるため、事前に確認して準備しておきましょう。

 

また、この段階で団体信用生命保険に加入するケースが多いです。団体信用生命保険とは、住宅ローンを借りた人が死亡もしくは重い障がいを抱えた際に、保険金でローンの残額がすべて返済される仕組みの保険のことです。

 

団体信用生命保険に加入できない場合は、ローン審査の障害になるなど、住宅ローンとは切っても切り離せない保険であるため注意しましょう。

 

ローン審査が通れば、金融機関とローンの契約を行います。この際、新しい住所の住民票や印鑑証明が必要となるので、あらかじめ用意しておきましょう。

5. 決済が完了したら引き渡し

期日を打ち合わせたうえで、残代金の決済を行います。決済と同時に物件の引き渡しが行われます。引き渡しを行う際は、同日付で名義が変更され、ただちに入居することも可能となります。

 

引き渡し時は、残代金の決済のほかにも登記手続きも必要です。引渡しの前に必要書類を司法書士に送付し、手続きを進めてもらいましょう。

確認しておきたいポイントとは?

次に、中古住宅を購入する前に確認しておきたいポイントを紹介します。

ホームインスペクションを受けること

中古住宅は、目に見えない欠陥を抱えている可能性があります。そのため中古住宅を購入する際は、ホームインスペクション(住宅診断)を検討しましょう。

 

ホームインスペクションとは、住宅診断士が第三者的な立場から住宅の劣化状況や欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、改修に必要となるおおよその費用を教えてくれるサービスです。専門的目線から判別してもらうことで、素人ではわからない住宅の状態を知ることができます。

 

後悔せず安心して住むためにも、購入前にホームインスペクションを受けているかどうかを確認し、受けていない場合はできるだけ受けるようにしましょう。

購入にあたり必要な金額をしっかりと計算しておくこと

中古住宅の購入にあたり、住宅ローンを利用される方は、月々の返済金額を視野に入れたうえで、頭金を含め、今後支払いを続けていけるのか、購入する家に対してどのくらいのお金が必要なのか、あらかじめしっかりと計算しておきましょう。

 

また、家を購入する際は、引越し費用も必要経費として考えておきましょう。引越し費用は見落としがちで、予定外に増えた引越し代が痛手となることもあります。

引越し時期から購入時期の目安を決めておくこと

購入希望の中古住宅が空き家の場合はすぐに入居が可能ですが、まだ人が住んでいる状態の場合、引き渡しまで自分たちがどこに住むのかを考えておかなくてはいけません。引越し時期から逆算して購入時期の目安を決め、計画を立てていくようにしましょう。

重要事項説明書と売買契約書は必ずしっかりと確認すること

重要事項説明書・売買契約書はしっかり確認しておきましょう

重要事項説明書と売買契約書は、物件購入にあたり非常に重要な書類です。内容をしっかりと確認してから契約に進みましょう。事前に「重要事項説明書と売買契約書を読んでおきたいので、写しが欲しい」と伝えれば、写しをもらえる場合があります。

 

売買契約書などの書類はあらかじめ依頼しておかないと用意してもらえないことも多いので、写しが欲しい方は必ず事前に問合せておくことをおすすめします。 

購入する住宅が減税や控除の対象となるかどうかを確認しておくこと

中古住宅の築年数によっては、住宅ローン減税やすまい給付金などを受けられる場合があります。契約前に購入予定の中古住宅が減税や控除の対象となるのかよく確認しておきましょう。

中古住宅の購入は、注文住宅のように住宅構造からひとつひとつ希望どおりに選ぶことはできませんが、その分、購入から引き渡しまでの期間が短く、購入手続きも比較的スムーズに行えます。

 

一方で住宅の状態や契約内容の確認、費用や控除申請が行えるのかなど、事前に確認しておくべきポイントがたくさんあります。

 

しっかりと購入の流れと確認すべきことを把握して、契約前から入念なチェックを行うように心がけましょう。

公開日: / 更新日: