庭のリフォームを考えていても、実際にどれくらいの費用がかかるのか分からなければ、なかなか手がつけられない面もあるでしょう。また、具体的にリフォームを進めるための事例を知ることで、イメージに沿った庭づくりを行えるはずです。今回は、庭のリフォームをするときにかかる費用の目安と成功させるためのポイントについて、具体的な事例も交えながら紹介していきます。

庭で遊ぶ家族

庭のリフォームにかかる費用は、どれくらいの規模で行うかによりますが、数万円から100万円程度を見込んでおくといいでしょう。コンクリートで整地をしたり、砂利を敷き詰めたりといったリフォームであれば、一般的な広さの庭なら50万円以内で収まります。

 

坪庭を整備したり、ウッドデッキを置いたりしても100万円程度の予算で取りかかることが可能です。ただ、広い庭や大幅な手入れが必要な場合には100万円以上かかってしまうケースもあるので、どれくらいの規模で行うのかプランを練っておくことが肝心です。

 

予算にある程度ゆとりがあるのであれば、庭だけでなく家全体のイメージも考えてみるとさらに良い仕上がりとなります。門扉や門柱などのエクステリア(家の外周部分のこと)も含めて、庭のリフォームを考えてみましょう。

庭のリフォームを成功させるためには、ゾーニング(空間配置)を考慮して取りかかることが大切です。広さや仕上がりのイメージによって、取り組むべき内容も異なってくるため、無駄な作業を減らすためにもゾーニングを意識してみましょう。

一口に庭といっても主庭、前庭、中庭(坪庭)、裏庭などさまざまな種類があります。どの空間にどのような効果をもたらしたいかを家族の要望も踏まえて、しっかりと検討しましょう。

 

庭のリフォームでは、コンセプト(観賞・くつろぎ・趣味など)をあらかじめ決めておくと、スムーズに取り組みやすくなります。リフォームすべき部分や方向性を明確にすることで、予算も組みやすくなるはずです。

 

手入れをあまりしたくない箇所は、砂利やタイルで敷き詰めてしまうとメンテナンスが楽になるので、計画を立てる段階でリフォーム後の維持管理のことも念頭に置いておきましょう。

ウッドデッキ

小規模なリフォームの事例としては、ウッドデッキやサンルームの設置などが挙げられます。どちらも数十万円ほどでリフォームが可能なので、初めて庭のリフォームに取り組むときも安心です。

 

ウッドデッキの設置工事には50万円ほどかかりますが、くつろげる庭づくりとして人気があります。天然木と人工木の2種類が一般的な素材で、デザイン性や耐久性などを考慮しながら選んでみましょう。

天然木を選ぶときには雨ざらしとなることを考えて、耐久性や耐水性のある素材を選ぶほうがいいでしょう。メンテナンスの手軽さを考えるのであれば、人工木が向いています。

 

また、庭の一角にサンルームを設けるときには、費用の目安として70~80万円程度を考えておきましょう。サンルームの優れている点は、雨の日でも気軽に洗濯物を干せるところです。

 

共働きや子育てで忙しい世帯であれば、サンルームを役立つ空間として活用できます。ただ、結露や湿気対策が必須となる場所でもあるため、換気口の配置には意識を向けておきましょう。

家の外周部分にあたるエクステリアを含んだリフォーム工事では、予算が100万円以上かかってしまうこともあるので、施工会社との打ち合わせが大事になります。

 

庭だけでなく、外灯やポストといった外まわりの装飾も整えることで、家全体のイメージを変えることにもつなげられます。アプローチを設けたり、花壇を設置したりすることで明るい雰囲気を演出できるでしょう。

 

子どもが楽しめる空間をつくりたいと考えるならば、ツリーハウスを設置してみるのもおすすめです。地盤調整の工事などが必要となるものの、木材をうまく活用した空間が庭にできることで、子どもだけでなく大人も一緒に楽しめます。

庭のリフォーム

リフォームは専門の会社に依頼をすることで、イメージどおりの仕上がりを期待できるものの、その分だけ費用がかかることに。あまりお金をかけずに庭のリフォームに取り組みたいという場合には、DIYで行う方法もあります。

 

空いた時間でコツコツと取り組んでいけば、材料費だけで庭のリフォームを行うこともできます。ただ、必要な道具をそろえたり、余った土を処分したりする費用がかかってしまう点は考慮しておきましょう。

 

まず、一番取り組みやすいものとしては、庭に除草剤をまいて人工芝を敷く方法です。雑草のないスッキリした空間をつくれますし、雑草むしりにかける時間を節約できます。

 

また、レンガをうまく使って玄関から門へのアプローチを設置したり、花壇を設けてみたりするのも比較的手軽に行えます。空いた空間に照明を置いてみると、おしゃれな空間を演出できるでしょう。

ホームセンターで買ってきた椅子やテーブルを設置すれば、天気の良い日にはティータイムを楽しむこともできます。

きれいな庭を保つためには、雑草対策が欠かせません。しかし、雑草が伸びやすい時季には抜いてもすぐに生えてくるため、なかなか大変な作業でもあります。

面倒だからといって、砂利を敷いたりウッドチップをまいたりしても、隙間から雑草が生えてくるので注意が必要です。

 

雑草対策で手軽に行えるものとしては、草刈り機を導入したり、除草剤をまいたりする方法があります。

また、レンガを庭に敷き詰めて雑草が生えないようにするインターロッキングという方法もおすすめです。コンクリートで固めてしまうと殺風景になりますが、インターロッキングであれば、味わいのある空間を生み出せるでしょう。

 

さらに、防草シートや水をかければ固まる土といったものも販売されているので、試してみるのも悪くありません。庭の景観を考慮したうえで、手間のかからない雑草対策を施してみましょう。

  • 庭のリフォームは、数万円から100万円程度の予算で取り組める
  • リフォームを考えるときには、初めにコンセプトを決めておくとスムーズに進みやすい
  • 少し予算に余裕があるなら、家の外周部分も含めてリフォームを考えてみると、家全体の印象も変えられる
  • リフォーム後のメンテナンスのことも考えて計画を立てることが重要
  • 雑草対策はDIYでも取り組めるので、ポイントを押さえて進めてみよう

公開日: