築30年はリフォームを考える時期

築30年はリフォームを考える時期
築30年はリフォームを考える時期

築30年の一戸建ての現況は環境やメンテナンス状況によって大きく異なり、場合によっては構造に関わる部分の補強工事が必要なケースもあります。しかし、素人には修繕が必要な箇所の正確な判断は難しく、リフォーム会社に提案された工事が本当に必要なのか迷うこともあるでしょう。また、本来、必要な補修工事をせず、後から別に工事をした結果、かえって費用が高くついてしまうケースもあります。

そこで、建築士や、インスペクターなどの専門家にホームインスペクションを依頼すると、第3者の立場で住まいの状況を診断し、修繕が必要な箇所を的確に把握することができます。必要なリフォームを見極めるために、ホームインスペクションを利用することも検討してみましょう。

築30年の一戸建ては500万円でどこまでリフォームできる?

500万円の予算でできるリフォーム

500万円でどこまでリフォームできるの?
500万円でどこまでリフォームできるの?

予算500万円で築30年の一戸建てをリフォームするには、外装、水回り、内装の順に、リフォームするべき箇所の優先順位を立てていくと良いでしょう。ここでは、延床面積30坪程度の標準的な2階建てを目安に考えていきます。住まいの状況によって異なりますが、一般的には外装材の塗装や補修、キッチンや浴室、洗面台、給湯器などの設備交換、壁紙やフローリングの張り替えといったリフォームをすることが可能です。

外装

外装はリフォームの優先度が高い箇所
外装はリフォームの優先度が高い箇所

外装は、劣化による雨漏りなどで柱や梁などの構造体に傷みが生じる可能性があるため、リフォームの優先度が高い箇所です。モルタル外壁だけではなく、サイディング外壁やスレート屋根も、塗装による修繕を行います。塗装費用は、使用する塗料によって変わりますが、住宅に使われることの多いウレタン塗装の場合、外壁塗装で90万円程度、屋根塗装と補修で50万円程度が目安です。

しかし、外装材の劣化が著しい場合は張り替えが必要となり、さらに下地材が傷んでいる場合はそれ自体を交換しなければなりません。外壁のサイディングの張り替えは、200万円前後の費用が目安です。

水回り

キッチン、洗面台など水回りの費用は?
キッチン、洗面台など水回りの費用は?

築30年が経過すると、住宅はキッチンや浴室の設備の老朽化が目立ってきます。在来工法の浴室をユニットバスにリフォームする場合、浴室からの水漏れによって根太などが傷んでいると、補強工事が必要です。商品のグレードにもよりますが、100万円~130万円程度が目安です。

キッチンのリフォームは、システムキッチンのグレードによって大きく変わりますが、同じ位置で新しいキッチンに変える場合で、100万円程度の費用が目安です。また、洗面台の交換費用は10万円~20万程度くらいでしょう。トイレ本体を変えると10万円程度、温水洗浄便座のみの交換は5万円程度です。

給湯器は15年程度が交換時期の目安ですので、築30年でのリフォームでは2回目の交換というケースも少なくありません。フルオートタイプのガス給湯器の交換で、20万円程度が目安になります。

内装

内装のリフォーム費用は?
内装のリフォーム費用は?

内装では壁紙の張り替えが50万円程度、フローリングの張り替えは35万円程度ですが、床下の根太などが傷んでいる場合は、補強工事費用が必要です。和室から洋室へのリフォームは、建具や造作をどこまで変更するかにもよりますが、50万円前後が目安となります。畳の表替えは3万円程度です。老後を過ごす住まいで予算に余裕があれば、バリアフリー化や手すりの設置などのリフォームも合わせて検討しましょう。

リフォームで暮らし方に合った住まいに

改善点を書き出し、優先順位をつけよう
改善点を書き出し、優先順位をつけよう

実際にリフォームをするときには、外装や設備など住まいの性能に関わる部分を優先した後に、暮らし方に合わせて優先順位を決めていきます。長年暮らした住まいでは、家族構成やライフステージの変化によって、暮らしに合った間取りではなくなったり、収納が不足してくることがあります。リフォームを考える際は、住まいで不便なところや改善したい部分を紙に書き出すと現状を把握しやすいです。そして、予算内で改善したい点をリフォームできるように、優先順位をつけていきます。

例えば、見栄えを気にしないのであれば使っていない部屋の内装リフォームはせず、リビングなどに収納スペースを設置して収納不足の改善を優先することも選択肢の1つです。また、キッチンやユニットバスでは、予算を抑えすぎると、機能性が劣って使いにくさを感じることや、見栄えに満足できないこともあるでしょう。限られた予算を有効に使うためにも、何を優先するのかを明確にすることで満足度の高いリフォームを実現することが可能です。
リフォームで住まいの不具合を改善するとともに、暮らしやすい住まいへ変えていきましょう。

住まいの窓口でリフォームを相談する

関連記事

リフォームローンを利用して、賢く自宅をリニューアルしよう
業態で異なる成功と失敗。後悔しないためにできること【住まいのリフォーム調査5】
風呂、トイレ、台所。水周りの中でどれを優先する?【住まいのリフォーム調査3】
リフォーム費用も住宅ローンが利用できる

(2017/05/30)