日本でも広がりつつあるトランクルーム

身近になりつつあるトランクルームだが、まだ使い方をイメージできない人も多いのではないか身近になりつつあるトランクルームだが、まだ使い方をイメージできない人も多いのではないか

日本でも徐々に広がりつつあるトランクルーム。身近な存在になってきているのに、まだ使い方についてイメージを抱けない人も多いだろう。1年前、トランクルームを借りたことがある人に向けて調査を実施したが、今回はトランクルームに興味があるがこれまでに借りたことがない20~59歳の男女482人を対象に、どのような使い方をしてみたいのか尋ねてみた。調査の第2回目を今回お届けする。

1年前の記事はこちらから。<トランクルームに預けているものランキング~こんなものも実際は預けられる?>http://www.homes.co.jp/cont/press/report/report_00063/

前回の記事はこちらから。<もし3畳のトランクルームが無料で使えるならどう使う?~活用広がるトランクルーム調査1>http://www.homes.co.jp/cont/press/report/report_00137/

「ヤバイ、預けておけばよかった」と思った経験は?

コインロッカーなど一時的に物を預けることには慣れているが、トランクルームの市場規模から長期間物を預けることに慣れている人はまだ少ないと言える。しかし、誰しも「秘密にしたい物」を持っているものだ。例え家族や仲の良い友人といえども、実は秘密にしていたり、あまり見せたくないものがある人もいるのではないだろうか。もちろん、何ひとつとして隠し事などない、という方もいるとは思うが、万一の時にトランクルームが保管場所になることもありうる。「今預けたい」「預けておけばよかった」という経験を尋ねた。

「そのような経験をしたことはない」という人は49.2%と約半数。逆にいうと、残りの半数の人が何らかの経験をしたということになる。最も多かったのは「収納場所がなく処分してしまったがやっぱり後悔しているものがある」で26.8%。続いて「置きたい家具等が部屋に置けなかった」(18.3%)といったスペース上の問題が挙がった。1割未満ではあるが「高額な買い物をしたことがバレてしまった」など、隠しておきたいものが見つかってしまったという経験を持っている人もいる。

預けておきたかったものランキング【複数回答可】(n=482)
1位 「収納場所がなく処分してしまったがやっぱり後悔しているものがある」 (26.8%)
2位 「置きたい家具等が部屋に置けなかった」 (18.3%)
3位 「高額な買い物をしたことがバレてしまった」 (9.3%)
4位 「エッチなDVDや本などが見つかってしまった」 (8.3%)
5位 「隠していた趣味がバレてしまった」 (7.7%)
6位 「元カレ・元カノの写真や思い出の品が見つかってしまった」 (4.8%)
7位 「二股をしていた人との写真や思い出の品が見つかってしまった」 (3.3%)

その他 (0.8%)
そのような経験をしたことはない (49.2%)

では何が不安にさせているのか

隠れ家から隠し場所まで、用途が広がりつつあるトランクルーム。借りたことがない人は、一体何がネックとなっているのだろうか?

最も多かったのは「値段が高そう」で49.8%。続いて「セキュリティや管理体制が不安」「申し込むのが面倒そう」「もし何かあった場合の保険や補償制度が不安」「温度や湿度などの空調が不安」がそれぞれ3割台で上位5位に挙がった。

トランクルームについて不安に思うことランキング【複数回答可】(n=482)
1位 「値段が高そう」 (49.8%)
2位 「セキュリティや管理体制が不安」 (36.1%)
3位 「申し込むのが面倒そう」 (34.2%)
4位 「もし何かあった場合の保険や補償制度が不安」 (33.0%)
5位 「温度や湿度などの空調が不安」 (30.5%)
6位 「預けるまでの手続きに時間がかかりそう」 (26.3%)
7位 「短期間に利用は難しそう」 (17.2%)
8位 「柔軟に取り出せなさそう」 (16.4%)
8位 「清潔感に問題がありそう」 (16.4%)
10位 「預けるものや用途に応じたプランがほとんどなさそう」 (15.4%)
11位 「トランクルームの種類が少なそう」 (14.3%)
12位 「長期間の利用は難しそう」 (9.5%)

一方で実際に借りたことがある人はどうだったのだろうか。2015年2月に現在トランクルームを借りている人もしくは借りたことがある人に尋ねた「実は良かったことや誤解していたこと」と比較してみた。
その結果、借りたことがある人にとって、「値段が高いと思っていた」は18.1%でトップ。思ったよりも手ごろな値段だったと感じた人がいたようだ。また、借りたことがない人にはさほど不安視されていなかった「トランクルームに種類があることを知らなかった」が、2位となっている。もしこのような点がネックになって借りるのを躊躇している方は、一度条件に合うトランクルームがあるのかどうかを調べてみると、意外な解決策が見つかるかもしれない。

これまでに借りたことがない人が想定している利用用途と、実際に借りたことのある人の利用用途を比較すると、借りたことのない人は、「趣味やプライベートな物の保管場所」がトップとなっているが、実際に借りた人は「引越し/長期出張などによる一時的な保管場所/荷物置き場」の方が多かった。想定では自宅をきれいに使いたい、趣味の場所として活用したいという想いがある。しかし現実的には、突発的な事態や置き場所がないのでやむを得ず借りた、という利用の方が多かった。

トランクルームの利用用途トランクルームの利用用途

これだけはイヤだ。絶対に借りたくないトランクルーム

現実には存在しないが、もしもこんなトランクルームがあったとしたら、「これだけは借りたくない」トランクルームを選んでもらった。結果は以下の通り。

これだけは借りたくないトランクルームランキング【複数回答可】(n=482)

1位 中が臭い (64.3%)
2位 中がじっとり湿っている (61.8%)
3位 中の温度が40度 (60.2%)
4位 中の温度がマイナス30度 (54.4%)
5位 料金は激安だが場所が富士山の頂上 (47.7%)
6位 中が暗闇 (43.4%)
7位 隣に明らかに幽霊がいる (40.7%)
8位 隣に明らかに誰か住んでいる (38.2%)
9位 ペットを預けている人がいる (36.1%)
10位 子供たちがかくれんぼしている (30.5%)
11位 照明がすべてミラーボール (29.0%)
12位 中でギターを掻き鳴らし、シャウトしている人がいる (28.4%)
13位 隣が野球部で向かいがサッカー部の部室だ (27.4%)

トップは「臭い」。臭い、湿っている、暑い、寒いといった生理的な不快感が、上位に集中した。富士山の頂上にあるといった不便さや、幽霊がいるといった恐怖を、臭いが上回る結果となった。「隣が部室」「中でシャウトしている人がいる」といった慌ただしさには、何とか耐えられる人もいるようだ。聴覚や視覚は慣れによって乗り越えられたとしても、臭いや暑さ・寒さには耐えられないと見たのだろう。現実に、このようなトランクルームが存在しないことを祈るばかりである。

最後に100年後のトランクルームはどのようになっているか想像してもらった。ユニークな利用方法をいくつかご紹介したい。

住居をトランクルームに活用
ひとつめが住居をトランクルームに活用するというもの。今後空き家が増えるため、そのスペースもトランクルームとして有効活用したり、イベントなどで使う、といった声もあった。

「人口が減って空き家が増えるのでそれを活用した広いトランクルームになっている」
「住居としての機能があがり、マンションのようになっている」
「高層マンションみたいなトランクルーム」
「ホテルのような一時的に泊まることができたり、パーティーやイベント会場になってたら楽しい」
「セカンドハウスとして、多くの人に使用されている」
「別室のような使い方が出来るようになっている」
「物を預けたり、取り出したりするのも全てインターネットを通して行い、荷物を預けるだけではなく普通の部屋として住んでいる人もいる」

移動式トランクルーム
比較的多かったものが、トランクルーム側が移動するというサービス。必要な時に来てくれて、取り出せてトランクルーム自体が元の場所に戻ってくれる、というものだ。取り出すことに煩わしさを感じている人には、非常に便利なシステムだ。
さらにその移動方法について「ドラえもんのタケコプターみたいなプロペラが付いている」など、空を飛ぶ形を想定している人もいた。

「自分の好きな所に移動できるトランクルーム」
「自分が行くのではなくトランクルームが必要なときにきてくれる」
「指紋や顔認証で、立体駐車場みたいに管理されており必要な時に自分の部屋が目の前に現れる」
「移動式になっていて、自分の家で整理して、またもとのトランクルームがある場所に戻るようになっている」
「家から直結していて、カプセルを使って荷物の出し入れができる」

空飛ぶトランクルーム
「空飛ぶマイカーの保管庫」
「空に浮いているトランクルームがある」
「トランクルーム自体にドローンか「ドラえもん」のタケコプターみたいなプロペラがついて、衛星のGPSと遠隔操作でいつでも自宅の庭やその他の好きな場所に呼び出して着陸させることができる」

四次元ポケット式トランクルーム
四次元ポケット式という非常に難易度の高そうな声も散見された。「四次元になっていて思い出も収納可能」「どこでもドアのようにすぐ出せる」などアイデアが広がる。

「四次元になっていて無限に収納可能。物品だけではなく、思い出も収納可能。いつでもあの頃に戻れる」
「ドラえもんの四次元ポケットのようになっている」
「どこでもドアのようにすぐ出せる」

配送方法や空きスペースの有効活用は、トランクルームに限らず変わりつつある。それがトランクルームのあり方を変えていく可能性が将来あるのではないだろうか。

調査概要

【調査実施サイト】
「HOME'S トランクルーム」
http://www.homes.co.jp/trunkroom/

【調査実施期間】事前調査 2016年1月15日~1月16日
本調査 2016年1月19日
【調査対象者】
事前調査で「トランクルームを認知しており、興味があるが、利用したことはない」と回答した方を本調査の対象とした
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】事前調査:9617サンプル 本調査482サンプル

トランクルームを借りている/借りたことがある人
http://www.homes.co.jp/cont/press/report/report_00063/
【調査実施期間】
2015年2月3日~2015年2月4日
【調査対象者】
事前調査で「トランクルームを現在利用している」「利用したことがある」と回答した方
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】480サンプル

2016年 02月15日 11時06分