住まいとネコの関係を探る!

愛猫家のネコとの暮らし方の結果は?愛猫家のネコとの暮らし方の結果は?

日本ペットフード協会の2014年10月「全国犬猫飼育実態調査」によると、「猫」の飼育頭数は年々増加傾向にあるという。この調査の中では、犬に比べて2匹以上飼っている人が多いようだ。実際どうなのだろうか?今回は自宅で「猫」を飼っている420人を対象に、住まいとネコの関係(飼育環境)ついて調査してみた。愛猫家のネコとの暮らし方について調査をもとに紹介したい。

住まいの種別によってネコの飼育数が異なる傾向あり

ネコは回答者全体では飼っている頭数が「1匹」と回答した人が7割弱を占め、最も多かった。住まいのタイプ別にみると、特に「1匹」が多いのは賃貸アパート・マンションの居住者。持ち家一戸建てでは「2匹」が20.5%、「3匹以上」が17.3%と、4割近くが複数の猫を飼っていることが分かった。家を購入したり、一戸建てに引越したら、1匹では物足りないと思う人が増えるのかもしれない。

猫は何匹飼っている?【単一回答】(n=420)猫は何匹飼っている?【単一回答】(n=420)

ネコを飼うきっかけは…

ネコを飼うきっかけとしては「拾った」人が36.2%と最も多かった。続いて「友人・知人から」(23.6%)、「ペットショップから」(21.4%)となった。身近なところから、家族になったケースが多いようだ。その他の意見としては、「勝手に来た」「迷い込んで来た」というネコの方からのアプローチでペットとなったという声もあった。

猫を飼うことになった経緯【複数回答可】(n=420)猫を飼うことになった経緯【複数回答可】(n=420)

家を不在にしている時、ペットのネコはどうする?

ペットを飼っていて心配なのは「留守番の時」ではないかと思う。ネコを飼っている人が出かけているとき、一体ネコはどのように過ごしていることが多いのだろうか。

今回の調査では
・1.家にいる時
・2.その日のうちに帰ってくるお留守番の時
・3.旅行など宿泊する場合のお留守番の時
上記3つのパターンでネコの過ごし方について尋ねた。その結果いずれの場合も最も多かったのが「家の中で放し飼いをしている」だ。

この結果から、飼い主が家にいる時の方がネコの自由度が高いことが分かる。その日中に帰ってくる場合は、飼い主が家にいるときとさほど回答は変わらないが、1泊以上する場合には実に20%弱の人が「ペットホテルや友人・知人等に預けている」を選んでいる。ただし、そのまま放し飼いという人も他の2つと比較してさほど変わらないのも特徴的だ。

さらに住まいのタイプ別に見てみたい。旅行など1泊以上宿泊する場合の留守番中のネコの過ごし方を見てみると、賃貸アパート・マンションに住んでいる人の34.7%が「ペットホテルや友人・知人等に預けている」を選んだ。住まいの広さや立地にもよるが、一戸建てとアパート・マンションではペットの飼い方が異なるのが特徴的だといえる。

今回はネコと住まいの関係についてお届けしたが、次回さらに深掘りをして、ネコを飼う人はどのようなネコグッズやネコ用の住まいにカスタマイズしているかを探ってみたい。

それぞれの場合の猫の過ごし方(最も多いパターン)
</br>【単一回答】(n=420)
それぞれの場合の猫の過ごし方(最も多いパターン)
【単一回答】(n=420)

調査概要

【調査実施期間】
2015年7月1日~2015年7月2日
【調査対象者】
事前調査で現在自宅で「猫を飼っている」と回答した方
【調査方法】
インターネット調査
【有効回答数】
420サンプル


#Twitterキャンペーン#
※キャンペーンは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【キャンペーン概要・応募方法】
HOME’S PRESSのTwitterアカウント(@HOMES_PRESS)をフォローし、期間中に株式会社ネクスト(以下「当社」といいます)所定のハッシュタグ「#ホームズプレス_住まいとネコ」を付けて「住まいの中の愛猫ベストショット」を画像投稿&一言自慢PRコメントしていただいた方の中から抽選で賞品をプレゼントいたします。
※愛猫があなたの家で輝いている瞬間の写真を投稿ください
※投稿された画像およびコメントは、弊社サイト上のまとめ記事等で公開する場
合がありますので、この点をご了承の上、ご応募ください。なお、公開の際、投
稿された方のTwitterのアカウント名は表示しません。

HOME'S PRESS Twitterアカウント:https://twitter.com/HOMES_PRESS

【キャンペーン期間】
2015年7月21日~2015年8月20日

【賞品】
Amazonギフト券2,000円分を25名様にプレゼントします。

【条件】
・賞品をプレゼントする対象者は、ツイートの内容が企画の趣旨に最もかなっていると当社が判断する方25名とします。
・賞品をプレゼントする対象者には、Twitterのダイレクトメッセージにて、Amazonギフト券のコード(16桁)をご連絡し、発表にかえさせていただきます。このご連絡は、2015年8月31日頃差し上げる予定です。
・Amazonギフト券については、Amazon Gift Cards Japan株式会社所定の諸条件が適用されます。当該条件により賞品を受け取られた方が不利益を受けた場合でも当社は責任を負いかねます。また、Amazonギフト券には有効期限がありますので、ご注意ください。
・当社は、予告なく、キャンペーンの内容を変更し、またはキャンペーンを終了することがあります。
・賞品をプレゼントする対象者の決定方法およびその結果に関するお問い合わせには、お答えしかねますのであらかじめご了承ください。
・賞品をプレゼントする対象者としての権利は、ご本人以外への譲渡、転売はできません。
・個人情報の取り扱いについては、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。
http://www.next-group.jp/privacy/

【お問い合わせ先】
[E-mail] homes-press@next-group.jp

2015年 07月17日 11時06分