愛知県民が選ぶ好きな商店街とは?

愛知県民が選ぶ好きな名古屋の商店街とは?/イラスト:よしもとなな愛知県民が選ぶ好きな名古屋の商店街とは?/イラスト:よしもとなな

愛知県内に住む商店街がとても好きな20~50代の男女319人に名古屋の「好きな商店街」について聞いてみた。日ごろ、メディアなどでよく出てくる26の商店街の選択肢と、その他の自由回答式。好きだと思う商店街について3つまで選べる選択肢式だ。結果は次の通り。ベスト15までを記載する。

商店街好きがえらぶ好きな商店街ランキング

第1位 大須商店街(中区) 222票 (69.6%)
第2位 円頓寺商店街(西区) 77票 (24.1%)
第3位 覚王山商店街(千種区) 47票 (14.7%)
第4位 今池商店街(千種区) 26票 (8.2%)
第5位 金山商店街(熱田区) 25票 (7.8%)
第6位 オズモール(北区) 18票 (5.6%)
第7位 雁道商店街(瑞穂区) 17票 (5.3%)
第8位 広小路中央商店街(中区) 15票 (4.7%)
第9位 柳原通商店街(北区) 14票 (4.4%)
第9位 藤が丘中央商店街(名東区) 14票 (4.4%)


第11位 南大津通商店街(中区) 12票 (3.8%)
第12位 金山橋連合商店街(中区) 11票 (3.4%)
第13位 あらたま商店街(瑞穂区) 8票 (2.5%)
第14位 弁天通商店街(西区) 7票 (2.2%)
第14位 八事商店街(昭和区) 7票 (2.2%)

※複数回答可(最大3つまで)

好きな商店街ベスト3は?

第1位は中区にある大須商店街。2位を3倍以上引き離して1位になった。大須商店街を選んだ人の理由をみると、「古き良き雰囲気を感じることが出来るから」「雰囲気が好き。行ったことがあるので、行きやすいから。好きなお店があるから」「活気があるから」などが挙がった。古き良き雰囲気が好きというのが多い結果になった。
※大須商店街?という方はHOME'S PRESSで取材した記事をご参考に。コチラから。

第2位は西区にある円頓寺商店街。円頓寺商店街を選んだ人の理由を見ると、「昭和時代の雰囲気があるから」「イベントなどよくやっていて楽しいから」「食べ歩きしたり、いろんなお店を見ながらブラブラしたり、楽しいから」という意見が見受けられた。こちらも雰囲気重視の意見が多いが、その他にも商店街歩きやイベントが楽しいなど、街の取り組み自体に好感を持った意見。フリーマーケットなどの「ごえん市」や着物のお客さんにサービスをする「着物日和サービスデー」などを行っている商店街であり、街の取り組み自体に好感を持たれているようだ。

第3位は千種区にある覚王山商店街。選んだ人の理由を見ると、「覚王山祭り」が好きだから」「賑やかな感じが良い」という意見が散見される。お祭りについてふれているコメントがあった。

第1位の大須商店街第1位の大須商店街

性別で選ぶ商店街が違う?

今回のアンケートでは、性別によって選ぶ商店街の傾向が異なった。
千種区にある今池商店街は、男性から13.5%と3番目に支持された商店街。しかし、女性からは2.0%と支持が低かった。理由としては居酒屋などの夜のお店のイメージが強かったことが原因か。

性別ごとの選んだ商店街ランキングベスト5性別ごとの選んだ商店街ランキングベスト5

調査概要

【調査実施期間】
2015年4月13日~4月20日
【調査対象者】
愛知県在住の20歳~59歳までの男女
※事前調査にて商店街が「とても好き」と回答した人
【調査方法】
インターネット調査
【有効回答数】
319サンプル

※データ使用や詳細データのお問い合わせはhomes-press@next-group.jpまでご連絡ください。

2015年 05月12日 11時08分