「収納」の前にまずは「動線」を考える

モノがあふれる台所まわり。きれいに整理するには?モノがあふれる台所まわり。きれいに整理するには?

キッチンを見まわしてどこから手を付ければ良いかとても迷う方も多いはず。キッチンにはモノも多いし、種類も多い、家の中でここまで雑多な場所は見当たらない。それだけに、ハードルも高そうだが、「整理収納」に大事なグルーピングは雑多な種類が多いほどグループ分けがしやすいのも特長だ。実際にすぐに「整理開始!」と意気込む前に、まずは今のキッチンでの「動線」を思い浮かべてグルーピングを考えて「収納」の準備をしよう。

【動線を考える例】
・料理をするときに使い勝手のよい収納スペースはどこか?
・使い勝手の良い引き出しに滅多に使っていないモノが入っていないか?
・お鍋はどこにどんな種類を収納しておくのが便利か?
・調理する際の調理グッズは適正な場所に収納されているか?

例だけを考えても、キッチンには様々な動作があり、それに伴う動線が発生し収納場所と動線がクロスしている。
今まで何気なく使ってきたキッチンを動線から少し見直して効率の良い動線になっているかは“収納の場所がポイント”になる。「動線」を考えると、自動的にどんなものがどこに「収納」されていれば効率が良いかが把握でき、モノをグルーピングして「収納」していくことができる。例えば、食材を保存するグッズとしては、プラスチックの容器や封ができるビニール袋など様々な種類が存在するが使用用途は同じケースが多い。そんなときはサイズで悩むので同じ「保存容器」の種類として保管しておけば適切なサイズを選べて、収納する際も無駄なスペースをとらない保存容器を考えて選択する事ができる。「収納」する際には「整理」が大事になってくるので、その点を徹底して「効率の良い収納」を目指そう。

スピード勝負で「整理」スタート

スピード勝負で「整理」スタート

さて、モノのグルーピングと収納位置が決まったら、今あるモノを全部出して「収納」をする為の「整理」を始める。
今回は一例としてキッチンの小道具の引き出しのケースを取り上げる。

【作業開始】
(1)モノを全部出す為の場所を確保し、キレイな布などを敷く
 今まで「全部出す」という事は恐ろしくてしていなかったであろうキッチンまわりの用具を思い切って全部出そう。その為に布を敷く。キッチン用品は金物も多いので床を傷つけない為にも大切だ。

(2)モノを全部出す、グループになりそうなモノをまとめて出す
 モノを全部出すのは単に「整理」する為だけでなく、自分がどれだけのモノを持っているのかを目視確認する事が重要だ。例えば、「お玉」はサイズも大小様々で用途によっても形を変えて使い分ける事も多いので種類は増えやすい。そんな道具もグループで集めてみると、いろんな場所から同じような種類が出てくる。普段は何気なく使っていて気付かなくても、この機会に全部出すと以外と自分の持っているモノを確認して、実はこんなに種類はいらないのではないか?と気付かされる事もある。   

(3)モノを「使っている」「あまり使っていない」「使っていない」の頻度別に3つに分ける
 3種類「使っている」「あまり使っていない」「使ってない」に3秒以内に判断して分けていく。最終的に「使っていない」と判断したモノは今の自分にとって「必要の無いもの」である事は事実から分かるはず。

「使っていない」モノはもうキッチンには「収納」する必要が無いので、思い切って捨てよう。これでモノの整理は完了。続いて「収納」の作業へ入る。

収納は動線を意識して行う

収納は動線を意識して行う

「整理」されたモノを「収納」していく作業に入ろう。
その際にも「動線」は意識した配置を考える。引き出しの場合、引き出しの中でもコンロや水まわりに近いところ、どちら側で使用するかを考えて配置する、また手前や奥も意識して収納の位置を決めていく。

ポイントは、「次もまた同じ位置に戻せるか?」である。動線がおかしくなければ、今回決めた収納場所は自然となじむはず。なじまず、混乱をしてしまうとそれは「場所間違い」だと思って、もう一度収納場所を考え直した方がいい。「慣れ」という事もあるので、考えが間違えていないのであればその習慣が身に着けられるようにする。

今回の参考を元に、キッチン全体を見渡しながらグルーピングしたモノから順に「整理」を行い「収納」を施していく。少しづつモノが整理され、納得のいく収納が見えてくるはずだ。

キッチン回りははじまりに過ぎず・・・

「収納」は「整理」ができた上でなければ、効果的かつ美的な「収納」はできないので、今回はモノが多い「キッチン」まわりからのスタートで、「整理」を重点的に説明した。一日一カ所でも良いので、気付いた時にちらっと必要なモノだけかな?という意識は持っていれば、「理想の収納」も具体化していくはず。

次回はキッチンのカップボードの収納について説明していく。

2014年 01月16日 09時47分