整理は時間が無いからこそチャンス?

単身だからこそ、必要なものだけ新居に持ち込むように単身だからこそ、必要なものだけ新居に持ち込むように

単身の社会人だと、仕事の帰りは遅い上、この時期ならではの歓送迎会も盛りだくさん。荷物はまとめる時間がないし、ましてや整理なんてする時間は無い。荷造りをするのも、荷ほどきをするのも手間がかかって仕方ない。
・・・そんな状態ではないだろうか?
新居の準備や手続きだけでも手がいっぱいになるので、すこしでも引っ越しは楽したいと思うのが正直なところだろう。

時間があると、一つずつ荷造りをして新居に持って行くものを判断できるが、時間が無いと「いるもの」「いらないもの」を瞬時に判断するしかないので、必然的に整理が早くなる。箱に入れていくたびに、いるいらないをどんどん判別して、洋服なら着ているものをどんどん箱に詰めて行く、最近着てないなと思うものはパスした方がよい。

単身だからこそ、必要なものだけ新居に持ち込むようにしよう。

引っ越し業者をうまく利用する

一人よりも、手際良く動いてくれる業者の人手を借りるのも一つの手だ一人よりも、手際良く動いてくれる業者の人手を借りるのも一つの手だ

今は単身用の引っ越しも様々なサービスが増えてきている。そうした引越し会社のサービスをうまく使いたいところだ。

(例)
・大型家電を一緒に片付けてくれる
・食器類はエコボックスを貸してくれて当日詰めるだけ
・洋服ハンガーは引っ越しを契約プレゼントとして貸してくれる
・搬出後の掃除を少し手伝ってくれる
・搬出搬入の時間帯を細かく指定できたり、夜遅めでも搬入してくれる
・土足が気になる靴類も、シューズボックスを貸してくれる

時間が勝負の単身引っ越し。一人よりも、手際良く動いてくれる業者の人手を借りるのも一つの手だ。また同時に効率の良いグッズを借りて、手際良く短時間で終われせるのもいいだろう。

落ち着いてから少しづつ荷ほどきしようと思っても、時間がとれないのが見えていれば、最初から無理だと判断して計画すべきだ。新たなスタートだからこそ、スムーズに進めたい。

自分で箱詰めするポイント

予算との兼ね合いもあり、箱詰めなど自分で行う人もいるはず。ここでは、自分で箱詰めするポイントについて紹介したい。

・ゾーンごとに箱に荷物をまとめる
洗面、キッチン、リビング用品など使用していた場所ごとに荷物をまとめて、ガチャガチャしないように新聞などで埋め込みながら箱詰めするといい。今までの家で収納していた場所ごとに荷物をまとめれば荷ほどきがまだの時でも、探し物はおおよそこの辺りにあるという推測でものを探すことができる。

・液体系は新聞などで包む
周知の通りだが、液体物は要注意だ。最終的にバタバタすると、そうした液体物も頭では分かっているのについ勢いで適当に箱詰めしてしまう可能性がある。荷ほどきした時に、入れた液体がこぼれてると後片付けがかえって面倒になったり、他の荷物も台無しになったりするので、蓋がある場合はしっかりしまっているか、こぼれる可能性のあるものはきちんと新聞などで来るんでこぼれないような対策を心がけよう。

荷ほどきする際は・・・

荷ほどきほど、雑に行わず慎重に荷ほどきほど、雑に行わず慎重に

詰めたらひと段落ではない。引越し後に待ち受ける荷ほどきこそ、注意したい。荷ほどきする際に確認したいことは下記になる。

・使うものから順番に荷ほどきを考える
本などかたづけやすいものから片付けて行かず、洋服や生活用品(歯ブラシ、身だしなみ用品、トイレ周り)をまずは荷ほどきして整理しておく。

・段ボール箱はどんどん部屋から出して行く
段ボールが家の中にあると、一行に片付いた気がしない。箱の数は手際良く減らして行く。新居でどこに荷物を置くか迷っていたら、箱が片付かない、迷っているものは集約して、箱は減らして行く。

・引っ越し段ボール箱は全部破棄か引き取り日を決めておく
引越しで使用した段ボール箱は業者が回収してくれるケースも多い。いつ引き取ってもらうかの日を決めて、目標日とする。また、箱にうまく入っていると思って、一度も段ボール箱を開けずに押入れに突っ込む人も多いが、絶対にしてはいけない行為だ。それほど開けなくて済む物であれば、そんなに重要なものでは無い可能性が高い。一度荷物は出して判別すること。

いよいよ、3月に入り移動の時期だ。
面倒な引っ越しも少し時間短縮を考えて、効率良く段取りして、新たな春を心地よくスタートさせたい。

2014年 03月05日 11時29分