生命保険の死亡保障はライフイベントで変化する

結婚、出産、住宅購入など、人生の節目となるできごとをライフイベントという。そして、そのようなタイミングで保険を見直したほうがよいという話を聞いたことはないだろうか?

保険を販売している人の営業トークのように聞こえるかもしれないが、結果的に保険に加入したり契約を変更するかどうかは別として、既存の保障内容で問題ないかどうかを確認するには良いタイミングといえる。なぜなら、生命保険の保険金額の基準となる必要保障額が、ライフイベントを機に大きく変化することが多いからだ。

どういうことかもう少し詳しく見ていこう。
まず必要保障額であるが、簡単に言うと、死亡した際に残された家族の生活を守るために必要なお金(金額)のことである。その金額は、死亡後の支出予定額から収入予定額と貯蓄額を差し引いた金額になる。なお、支出予定額には、葬儀費用の他、食費や光熱費、住居費、通信費などを始めとした生活費全般、子どもの教育費などがあり、収入予定額には、遺族年金や死亡退職金・弔慰金、残された家族の収入などがある。

そのため、必要保障額は多くの家族を扶養している人ほど大きくなりやすく、同じ人でも独身時代と結婚して子どもができてからでは、通常、子どもができてからの方が大きくなる。このように必要保障額は、人生のなかで変化していくものなので、生命保険の保険金額もそれにあわせて変化させた方が合理的なのだ。

現在はライフスタイルが多様化しているため、一般例とは言えなくなってきてはいるが、社会人になり結婚し、子どもが生まれて住宅を購入。そして子どもが独立して夫婦だけの生活になっていくといった人生を送る場合の必要保障額の変化を見てみよう(下記図参照)。

結婚や出産、住宅購入時に必要保障額が急激に変化していることがおわかりいただけると思う。

ライフイベントにより必要保障額は変化し、子どもが生まれてから独立するまでの子育て期間は、特に大きな死亡保障が必要となる。ライフイベントにより必要保障額は変化し、子どもが生まれてから独立するまでの子育て期間は、特に大きな死亡保障が必要となる。

出産で保険の見直し・加入が必要な理由

最も必要保障額が大きく変化するライフイベントが出産である。子どもが生まれると、その子が成長して独立するまでの養育費や教育費が、必要保障額として一気に上乗せされることになるからだ。

同じ家族が増える場合でも、結婚であれば、例え世帯主が死亡したとしても、通常は残された配偶者は働いて自分の生活費を得ることが可能だ。しかし、子どもが生まれると、特に子どもが小さいうちは、配偶者は育児をしながら働かなければならず、十分な収入を得ることが難しくなる。そこで、そのような状況でも配偶者や子どもが不自由なく暮らせて、十分な教育を受けられるようにするためには、多くのお金を残す必要がある。

したがって、子どもが生まれたタイミングでは、生命保険の保険金額もそれまでよりも大きくしておかなければならない。出産というライフイベントで生命保険を見直さなければならないのはそのためだ。

住宅購入で保険の見直しが必要な理由

住宅購入時に生命保険を見直すと、保険料を節約できるケースがある住宅購入時に生命保険を見直すと、保険料を節約できるケースがある

住宅購入では必要保障額が減少するケースがあり、その場合は生命保険料を節約できるので見直しを考えたい。

なぜ節約できるのかというと、一般的には住宅の購入には住宅ローンを利用するからだ。住宅ローンと生命保険の保障額の関係については、少し複雑な話になってしまうが、以下におおまかな流れをまとめて、できるだけシンプルにお伝えしたい。

(1)住宅購入前の生命保険
住宅購入前に加入した生命保険では、残される家族の今後の生活費の中に家賃を含めて必要保障額を計算し、保険金額を設定している(はずである)。

(2)住宅ローンで住宅を購入
住宅ローンを組む際には、通常、団体信用生命保険(以下、団信)に加入する。団信はローンを借り入れた人がもし死亡した場合に、残りのローンの返済をしてくれる保険である。

(3)住宅購入後
万一の場合には、団信から残りの住宅ローンが返済される。そして、持ち家なので残された家族は家賃を支払う必要がない。

以上のように、住宅購入前に、万一の場合の遺族の家賃支払い分も考慮して加入していた生命保険であれば、住宅購入後は家賃分の保障が不要になる。

この住宅購入時の保険見直しやその効果については、「住宅ローンを組んだときに、生命保険を見直すメリットは?」で詳しく紹介しているので、ぜひご参照されたい。

ライフイベント発生時の生命保険見直しのススメ

生命保険は一度入ったら終わりではなく、生活の変化にあわせて見直しをすることが大切だ生命保険は一度入ったら終わりではなく、生活の変化にあわせて見直しをすることが大切だ

今回は、出産と住宅購入を中心に生命保険の見直しが必要な理由をご紹介したが、それ以外にも、子どもの独立や親との同居など、生命保険を見直すべきライフイベントは数多くある。そのたびに保険を見直すのは面倒だと思われるかもしれないが、保険の見直しは、必ずしも保険に入り直さなければならない訳ではない。既存の保険をベースに足りない部分を追加したり、余った部分のみを減額や解約したりすることで、微調整だけですむ場合も多い。

加入時に信頼できるライフプランナーやファイナンシャルプランナーを見つけ、継続的にサポートしてもらうようにすれば、少ない手間で見直しをしていくことも可能だろう。できるだけ、結婚、出産などの早いタイミングで適切な保険に加入し、こまめに見直しを心がけることが大切だ。

2017年 09月20日 11時03分