住宅ローンと生命保険はどう関係している?

住宅ローンを組むと団体信用生命保険に加入することになるため、既存の生命保険の保障と重複がないか見直す必要がある住宅ローンを組むと団体信用生命保険に加入することになるため、既存の生命保険の保障と重複がないか見直す必要がある

住宅ローンを組んだら生命保険を見直した方がよいという話を聞いたことがあるのではないだろうか。住宅を購入しようとしている人にとっては、住宅選びや資金繰り、購入手続き等で忙しいときに生命保険の話までされても、そこまで考えられないというのが正直なところかもしれない。しかし、実際に生命保険を見直すとメリットがある場合があるので、住宅ローンと生命保険の関係を知っておくと良いだろう。

まず住宅ローンと生命保険がどう結びついているのかということからご説明しよう。
一般的に、銀行等で住宅ローンを組む場合、団体信用生命保険に加入することが条件とされている。この団体信用生命保険はその名の通り生命保険であり、もし住宅ローンの返済者が返済途中で死亡した場合は、その保険金で残りの住宅ローンが一括返済されることになっている。

つまり、住宅ローンを借りる人があわせて団体信用生命保険に加入することで、万一のことがあっても、銀行は住宅ローンの返済が滞る心配をしなくてすみ、遺族は住宅ローンの返済を免除されて住宅を手元に残すことができるようになっていて、住宅ローンの借り手・貸し手の双方にとってメリットがある保険だといえる。

フラット35など一部に団体信用生命保険への加入が任意となっている住宅ローンがあるが、通常は住宅ローンを組むことと、ローンを返済するための生命保険に加入することはほぼイコールと考えられる。

もともと生命保険に入っていたら保障が重なることがある

住宅ローンを組むことで新たな生命保険に加入することになるのであれば、これまでに生命保険に加入していた人は、既存の生命保険との関係性を考えなければならない。

一般的には、住宅ローンの契約者は世帯主であり一家の家計を支える大黒柱である。したがって、万一自分が死亡したときのために、生命保険に加入していることが多いと考えられる。そしてその生命保険の保険金は、死亡して収入が途絶えた場合でも、残された家族が生活していくために必要な費用をまかなえるように計算されているはずである。

具体的には、死亡後に遺族が生活するために必要な費用として、住居費(家賃)、食費、光熱費、通信費、日用品費、娯楽費、医療費、教育費等を合計した金額から、遺族年金や死亡退職金等の死亡後の収入や貯蓄額を差し引いた金額を“必要死亡保障額”といい、この必要保障額を生命保険の保険金額にすることが望ましい。

このように、万一の場合の必要保障額を考えて生命保険に加入していれば、住居費として家賃の支払額を保険金に含めているはずである。そして住宅ローンを組むと、団体信用生命保険により万一の場合の住居費(住宅ローンの返済)が保障されるため、もともとの生命保険の方の住居費の保障は不要となり、保険金を削減することができる。

団体信用生命保険に加入することで不要になる住居費の保障を削減することができる団体信用生命保険に加入することで不要になる住居費の保障を削減することができる

生命保険を削減できた場合のメリット

それでは、団体信用生命保険の加入により、不要になった生命保険を削減した場合のメリットを考えてみよう。

生命保険の保険金を削減すると、その分、保険料が安くなり保険料の支払い負担が減ることになる。
どんな保険に入っていたかによるが、35歳の男性が以後30年分の家賃(月額8万円、総額約2,000万円と仮定)の保障を削減すると、その効果として、保険料を月々10,000~15,000円、総額で400~500万円程度削減できる可能性がある。

長期間、住宅ローンを抱えるものにとって、これだけの保険料を節約できるのは大きな意義があるといえるだろう。削減した保険料で生活にゆとりをもたせることや貯蓄をすることはもちろん、住宅ローンの月々の返済額を増やしたり貯蓄した分を繰上げ返済にまわしたりすることで、住宅ローンの返済期間を縮めたり利子を削減させることができ、いっそう大きなメリットを受けることも可能だ。

このように、住宅ローンを組むときや組んだあとに生命保険を見直すと、保険料を削減できる可能性があるため、生命保険に加入している人は忘れずに見直しをすることをおすすめしたい。

必要保障額を考慮した保険に入っていなかった人は?

住宅取得時は、団体信用生命保険との保障の重複がなくても、生命保険を見直すよいきっかけといえる住宅取得時は、団体信用生命保険との保障の重複がなくても、生命保険を見直すよいきっかけといえる

ここまでは、住宅ローンを組む段階で、既に十分な生命保険に入っていた場合に保険の見直しが有効であるという話をしてきたが、それでは、そもそも保険に入っていなかった人や必要保障額を考慮せずになんとなく生命保険に入ってしまっていたという人はどうであろうか?

◎生命保険に入っていなかった人
生命保険に入っていなかった場合は、見直す保険がなく支払っている保険料もないので、節約につながることはない。しかし、もし既婚者であり小さな子どもがいる家庭であれば、万一に備えて生命保険の必要性を考えてみた方が良いだろう。住宅ローンを組んだからということではないが、これをきっかけに生命保険を検討することをおすすめしたい。一方、独身者やDINKS等で生命保険の必要性が低い人であれば、住宅ローンを組んだからといって生命保険の必要性が高くなるわけではない。

◎生命保険には入っているが、必要保障額は意識していなかった人
生命保険に加入していても、加入時に自分にとっての必要保障額を考えて保険金を設定していなかったという人もいるだろう。親や親戚にアドバイスされたり、周りの人がこれくらいの金額に入っているからなどの理由で保険金額を決めたという人は、もしかしたら過剰な保険に入っているかもしれないし、逆に保障が足りていないかもしれない。そのような状態を放置するのは良くないので、やはりこれを機会に見直しをしてみることをおすすめしたい。特に保険に過剰に加入している場合は、保険料の節約につながるという直接的なメリットがある。

生命保険はライフイベントやライフステージごとに見直しが必要

住宅ローンを組んだら、団体信用生命保険に加入することになるため、既存の生命保険と保障が重複する場合がある。しかし、そんなケースに該当しなかったとしても、住宅を取得するということは、生活環境が変わり、その後の家計の支出内容が変化する可能性がある。そのようなときには、やはり生命保険を見直したり、未加入であれば加入を検討したりすべきであろう。

このように、生命保険は一度入ったらそのままでいいというわけではなく、家族構成が変わったり生活スタイルやライフプランが変化したりしたときには、その都度見直しが必要なものである。こまめに見直しをして、保障の過不足がないように注意を払うことが大切である。

-------
■Lifull FinTechコラムの記事
団体信用生命保険の告知内容と入れない場合の3つの対処法
5分でわかる!死亡保障の必要額と加入すべき生命保険
教育資金や老後資金をつくれる低解約返戻金型終身保険

2016年 08月25日 11時06分