フラット35とは、どんな住宅ローン?

「フラット」という名前のとおり、この住宅ローンは、最長35年間の返済期間中、金利変動がなく返済額が一定というのが、最大の特徴。居住用の新築住宅の建築資金や購入資金、中古住宅の購入資金として利用でき、取扱金融機関を通じて申し込みます。一般の住宅ローンと違い、ローン保証料が無料、繰り上げ返済や返済方法の変更時の手数料も無料というメリットがあります。一方で、年収に対する年間返済額の割合が決められており、必要資金の9割までと借入金額の制限も設けられています。金利については、借入期間(20年以下・21年以上)によって適用金利が異なり、取扱金融機関によっても違いがあります。また、申し込み時点の金利ではなく、融資実行時点の金利が適用されるので、注意が必要です。

money_004
フラット35・35s

フラット35のさまざまなタイプ

もっともベーシックな「フラット35」のほかに、いくつかのタイプが用意されています。

●「フラット35S」
省エネルギー性や耐震性など一定の基準をクリアした優良住宅を取得する場合に利用できます。フラット35よりも金利は一定期間、低く設定されています。

●「フラット35(保証型)」
金融機関が取り扱う住宅ローンに対して、住宅金融支援機構が住宅融資保険の仕組みを利用して引き受けを行うもの。現在、三菱東京UFJ銀行のみの取り扱いです。(2013年1月現在)

●「フラット50」
長期優良住宅の認定を受けた住宅を取得する際に利用できます。返済期間は最長50年。

そのほか、「フラット35/借換融資」、「フラット35/リフォームパック」もあります。

フラット35の賢い使い方

最長35年間、金利が固定であるため、家計管理がしやすく、将来の金利上昇時にも心配がいらないのは、フラット35の強みです。ただし、一般の住宅ローンと諸費用のかかり方が違うので、負担すべき金額については、よく確認することが大切です。
たとえば、フラット35は、ローン保証料が無料ですが、団体信用生命保険は任意加入のため、自分で生命保険に加入するか、フラット35の団体信用生命保険に加入する必要があります。その保険料(特約料)は加入者負担となり、返済額とは別に毎年支払わなければなりません。住宅ローン金利の高い低いだけではなく、フラット35と一般の住宅ローンの費用のかかり方にも注意を向けて選択するのが、賢い利用の仕方です。

■主な諸費用

関連記事

住まい購入初級編!変動金利と固定金利の違いは?住宅ローンの基本と選び方のポイント
超低金利時代。「ああ、迷う!」住宅ローンの金利は変動と固定どっちがいいの?
【フラット35】S(優良住宅取得支援制度)
長期優良住宅を建てると税金控除のメリットがたくさん!逆にデメリットは?
変動金利についてきちんと理解していますか

公開日: