一人暮らしを始める際には、家具や家電などを一式そろえる必要がありますが、どれくらいの費用がかかるのか分からないと心配ですよね。全部そろえると数十万円レベルの出費になるので、引越し前にしっかりと計画しておく必要があります。  

ここでは、一人暮らしに必要な家具や家電の費用をご紹介します。一人暮らしを始める前に、チェックしておくとよいでしょう。

一人暮らしの初期費用は

一人暮らしの初期費用は、賃貸借契約の初期費用、引越し費用、家具家電の購入費用の3種類があります。この3つについて、費用の相場をご説明します。

アパートやマンションを契約する際には、初期費用が発生します。以下に内訳と費用の目安をまとめました。多い場合は合計で70万円以上かかることが分かります。

 

家賃10万円のときの一例

内容

費用の相場

敷金

0円~20万円

礼金

0円~20万円

日割り家賃

入居日から月末までの日数分の家賃

前家賃

0円~10万円

仲介手数料

5万円~10万円+消費税

火災保険料

1万5,000~2万円

鍵の交換費用

1万円~2万円

 

引越し費用は、単身の引越しだと4万円~8万円が相場です。

 

ただし、引越す時期によって相場が大きく変動します。3月~4月の年度が替わる時期は引越す人がもっとも多く、引越し費用も高騰します。この時期に引越す場合は、家賃負担は増えるが早めに引越しを済ませておく、家族や友人の助けを借りるなどして、引越し費用を節約しましょう。

 

また、引越し費用は、運ぶ荷物の量が減れば必要な車両や人手が減って料金が安くなります。引越し前に不要なものは処分する、必要なものだけ持っていくなど、荷物を整理しておきましょう。それだけでも、引越し費用を節約できます。

 

一人暮らしをする際には、家具や家電の購入が必要です。生活を始めたときに足りないものがあった、いろいろ買っていたら資金が不足してしまったなどがないよう、あらかじめ購入計画をしておく必要があります。

 

一人暮らしをする期間が短い、高級なものや新品は必要ないというのであれば、中古でそろえれば費用を抑えられます。家族や友人に使用していない家具や家電をもらう、リサイクルショップで購入するなどすれば、一人暮らし費用を節約できるでしょう。

 

最初は最低限の家具や家電で暮らし、徐々に購入していくという方法もあります。たとえば、掃除機がなくても雑巾がけやホウキ、粘着カーペットクリーナーなどで代用はできます。洗濯機はコインランドリーが近くにあればそちらを利用する方法もあります。

 

最低限必要なのは、寝具、カーテン、冷蔵庫、照明です。家の近くにコンビニやスーパーがあれば、冷蔵庫がなくても当面は暮らしていけるでしょう。ただ外食費用もかかってしまいますから、結果的に生活費が高くなってしまいます。また、真夏には熱中症の危険性もあるため、エアコンが必要です。

ここでは、一人暮らしに必要な家具と家電を紹介します。ただし、すべてを購入しなければならないわけではなく、人によっては不要なものもあります。自分に必要なものは何かをあらかじめ考えておき、購入計画を立てておくとよいでしょう。

 

家具

一人暮らしに必要な家具の一覧とその相場を、以下の表にまとめました。

 

【一人暮らしに必要な家具の相場】

家具

相場

ベッド

2万円~5万円

テーブル

5,000円~1万円

ソファ・椅子

5,000円~1万円

収納

5,000円~1万円

テレビ台

5,000円~1万円

 

ベッド

一人暮らしを始めた日からベッドか布団は必要です。ベッドの価格は安いものから高いものまで幅広くありますが、長く使いたいならよいものを買ったほうがよいかもしれません。また、ベッドの下に収納が付いていると、収納スペースを確保できます。

 

布団があればベッドは不要ですが、フローリングにじかに布団を敷いて寝ると布団の裏側が汗で湿ってしまいます。数日そのままにするとカビが生えるので利用後は必ずたたみ、定期的に干すようにしましょう。

 

テーブル

一人暮らしでも家でご飯を食べるときには、テーブルが必要です。床にじかに置くよりは、テーブルがあったほうがよいでしょう。人を家に呼びたいなら、大きめのテーブルが必要です。

 

ソファ・椅子

テレビを見るときなどは、ソファや座椅子があったほうが見やすく、自宅でくつろげる場所になります。食事用にダイニングテーブルを買うなら、椅子もセットで必要です。自宅でリラックスできる空間を確保するのは重要です。

 

収納

衣類や小物、食器などを収納するために、収納用の棚やタンスが必要です。衣類が少ない場合はプラスチックの衣装ケースをいくつか購入するだけでよいでしょう。もし備え付けのクローゼットがあれば、わざわざ購入する必要もないかもしれません。

 

自炊をしないなら食器の収納は要りません。自炊する場合でも、一人分の食器やキッチン用品を収納する場所、たとえばカラーボックスや小さい食器棚などがあれば十分です。

 

テレビ台

テレビを購入するなら、テレビ台が必要です。床に直置きすると見づらいので、テレビ台をセットで購入しましょう。購入するテレビのサイズに合っているか、テレビ台の収納にハードディスクレコーダーやゲーム機が入るかなども確認してください。

 

家電

一人暮らしに必要な家電の一覧と相場を以下の表に示します。家電購入時の参考にしてください。

 

【一人暮らしに必要な家電の相場】

家電

相場

洗濯機

2万円~3万円

冷蔵庫

2万円~3万円

電子レンジ

1万円

炊飯器

1万円~1万5,000円

テレビ

2万円~3万円

掃除機

1万円~2万円

ドライヤー

3,000円~1万円

エアコン

※工事費用も含む

4万円~6万円

照明

5,000円~1万円

 

洗濯機

洗濯機は必要な家電ですが、サイズは一人暮らし用で十分です。物件によっては室内に洗濯機を置けるスペースがない場合もあり、その場合はベランダなどに外置きできるタイプを選びます。

 

また、ドラム式なのか、どのような機能が必要なのかをあらかじめ決めておきましょう。ドラム式の場合は、設置場所にふたを手前に開けられるスペースがあるかも確認が必要です。

 

冷蔵庫

特にこだわりがなければ、一人暮らし用の冷凍室と冷蔵室がある2ドアの冷蔵庫で十分です。冷蔵庫を購入する際に重要なのは、ドアを開ける方向です。壁側に開ける場合、冷蔵庫の中のものを取りづらくなってしまいます。

 

部屋の間取りに合わせて、開けやすい方向のドアを選びましょう。自炊をしないなら、飲み物などを入れられる小さめのものでも足りるでしょう。

 

電子レンジ

コンビニで弁当などを買うことが多い場合は電子レンジが必要です。また、自炊する場合も、つくった料理を冷蔵や冷凍するためには、やはり必要になるでしょう。お弁当などを温めるだけなら、温めオンリーのシンプルな機能の電子レンジで十分です。

 

炊飯器

自炊する場合は、炊飯器が必要です。一合炊きの一人暮らし用の炊飯器があるので、それを購入しましょう。パックご飯やコンビニ弁当などで済ますという場合は、炊飯器は不要です。

 

テレビ

一人暮らし用の小さいサイズのテレビでよいという人もいれば、大画面で楽しみたいという人もいるでしょう。部屋の間取りに合ったサイズを選びましょう。

 

掃除機

部屋にほこりがたまると健康を害することもあるので、掃除機は必要です。コンパクトなもので、交換用の紙パックを購入しやすいタイプがよいでしょう。

 

ドライヤー

髪を洗った後や寝癖を直すときなどに、ドライヤーが必要です。特にこだわりがなければ、数千円程度の安いものでよいでしょう。

 

エアコン

真夏や真冬には特に、必要です。物件にもともと付いている場合もあるので、確認しておきましょう。また、エアコンを購入する際には、エアコン本体の費用だけでなく取り付け工事費用もかかりますので、ご注意ください。

 

照明

照明がないと夜に真っ暗になってしまいます。ただ、最初から物件に付いている場合もありますので、確認しましょう。

家具や家電をすべてそろえるとかなりの出費になるため、できるだけ出費を抑えたいという人も多いと思います。ここでは、購入費用を抑える方法をご紹介しますので、これから一人暮らしを始める方はぜひ参考にしてください。

 

家具や家電を購入するのではなく、レンタルするという方法もあります。数年や数ヶ月など期間が決まっている出張や単身赴任などの場合や、一人暮らしが終わった後は家具や家電が不要になる場合に適しているでしょう。

 

リサイクルショップで中古品を購入すると安くなります。一人暮らしが終わったら、使っていた家具や家電が不要になる場合、新品を買って少ししか使っていないのに不要になるのは、もったいないですよね。また、そのような一人暮らしの方も多いので、リサイクルショップには単身用の家具や家電が数多く出回っています。

リサイクルショップを活用して安く購入する方法もあります

リサイクルショップを活用して安く購入する方法もあります

 

最初から家具や家電が付いている物件もあります。家具家電付き物件を探せば、家具や家電を購入する必要がありません。

 

また、家具家電の購入費用だけでなく、敷金礼金ゼロ、フリーレント物件など物件の初期費用自体を抑えるという方法もあります。ただし、敷金礼金が0円の物件は、その分家賃が高い場合がありますので注意が必要です。

 

フリーレント物件とは、一定期間家賃不要の物件です。ただしその後の家賃が高めに設定されていることもありますので、相場と比べて問題ないか確認しましょう。

 

また、5月から8月の引越し閑散期に、大家さんに家賃を交渉して安くしてもらうという方法もあります。

 

この記事では、主に家具と家電の購入費用の相場と、安く用意するための方法についてご説明しました。あらかじめどんな家具や家電が必要なのかを確認し、購入計画を立てておくことで、計画外の出費を出さずに済みます。

 

また、家具や家電をレンタルする、リサイクルショップで中古品を購入するなどの方法で、出費を抑えることも可能です。一人暮らしが決まったら、計画的に引越しを進めるようにしましょう。

公開日: