目次
1. ウォークスルークローゼットとウォークインクローゼットの違い
2. ウォークスルークローゼットの機能性
 2ー1. 通路幅を確保するように注意
3. 機能的に使うコツは使用目的を明確にすること
 3ー1. 寝室と洗面所を繋ぐウォークスルークローゼット
 3ー2. 玄関とLDKに繋がるウォークスルークローゼット
 3ー3. キッチンから繋がるウォークスルークローゼット
 3ー4. 子ども部屋と大人の部屋を繋ぐウォークスルークローゼット
4. ウォークスルークローゼットのある物件でどのように生活していきたいか考えてみよう

ウォークスルークローゼットとウォークインクローゼットの違い

ウォークインクローゼットとウォークスルークローゼットは、どちらも人が入ることができるクローゼットです。

しかし、これらには明確な違いが1つあります。それは、「入り口の数」です。ウォークインクローゼットは、入り口が1つであるのに対し、ウォークスルークローゼットには、入り口が2つあります。

この違いにより、ウォークスルークローゼットは、ウォークインクローゼットに比べ、風通しや採光が良いという特徴を持っています。また、入り口が2つあるということで、部屋と部屋を繋げる役割も持ちます。

クローゼットと廊下の役割を併せ持つのがウォークスルークローゼットの特徴と言えるでしょう。

ウォークスルークローゼットの機能性

pic1-3

ウォークスルークローゼットの魅力として、家事や生活をしやすくする動線がつくれるという点が挙げられます。部屋と部屋をつなぐという特徴により、家事や生活をより効率的に送ることができるのです。

例えば、キッチンと洗濯物をする部屋がウォークスルークローゼットで繋がっていると、家事の動線をスムーズに描けます。

ほかにも、寝室とリビングがウォークスルークローゼットで繋がっていると、朝起きてクローゼットを通って身なりを整えてからリビングへ、という生活リズムをつくることが可能です。

通路幅を確保するように注意

ただし、ウォークスルークローゼットをつくるときには注意点もあります。それは「通路幅を確保することが大事」ということです。

ウォークスルークローゼットは、ウォークインクローゼットとは異なり、廊下のように「通り抜けるための通路」としての役割も担います。そんなウォークスルークローゼットが、モノで溢れていて通り抜けることができなくては、とても不便です。

そのため、ウォークスルークローゼットを上手に活用しようとすると、常に整理整頓をする習慣をつけるだけでなく、無駄な買い物をしないように注意することも求められます。

機能的に使うコツは使用目的を明確にすること

pixta_3986952_M

ウォークスルークローゼットの特徴を最大限に活かすためには、どの部屋と部屋を繋ぐ位置につくるのかを考えることが重要です。そこで、ウォークスルークローゼットの位置別に得られる機能を紹介します。

寝室と洗面所を繋ぐウォークスルークローゼット

寝室と洗面所を繋ぐことで、夜寝る前の準備や、寝起きからの切り替えがスムーズにできます。

例えば、眠たい朝でも寝室からすぐクローゼットに入って服を着替えることができ、そのまま洗面所で身支度を整えて家から出ることができます。朝が苦手な方でも、このようなウォークスルークローゼットがあれば効率的に準備ができるのではないでしょうか。

玄関とLDKに繋がるウォークスルークローゼット

玄関と繋がる位置にウォークスルークローゼットをつくると、帰ってきてすぐに外出着から部屋着へ着替えることができます。そのため、外からの花粉やウイルスを、キッチンやリビングに持ち込むことを防ぐ効果が見込めます。

さらに、ゴルフやスノーボード、釣りなど、使用する用具が大きい趣味を持っている人は、帰宅後すぐにそれらの用具をクローゼットに収納することができるため、部屋の中をきれいに保つことができます。

キッチンから繋がるウォークスルークローゼット

家事を主に担う人にとって、キッチンの収納は多ければ多いほどうれしいものです。キッチンの近くにウォークスルークローゼットをつくることで一部をパントリー(食品庫)のように活用でき、キッチン単体では実現しないほどの多くの収納スペースを得ることができます。

また、この位置にウォークスルークローゼットがあると、食材などを取り出しやすくなるため家事の効率も上がります。

子ども部屋と大人の部屋を繋ぐウォークスルークローゼット

子ども部屋と大人の部屋をウォークスルークローゼットで繋ぐと、小さな子どもの場合でも目が届きやすく、安心して生活ができるでしょう。

以上のように家づくりにおいて重要視すべき点やライフスタイルに合わせてウォークスルークローゼットを採用することが、その機能を最大限活用するためのコツです。

ウォークスルークローゼットのある物件でどのように生活していきたいか考えて

ウォークスルークローゼットを自分のライフスタイルに適した場所につくることで生活の質を高められ、生活で困っていることや、住まいについて改善したい点を解決してくれるかもしれません。

ウォークスルークローゼットの機能性を踏まえて、使い方を検討してみてはいかがでしょうか。
家を建てる住まいを探す

(2019/03/22)