マンションの住所を書く際、無意識のうちに簡略化した住所を記している場合があります。

日常生活においては特に問題なくても、場面によっては弊害が生まれることもあるため注意が必要です。

いざというときに、困らないためにも、住所の正式な書き方を押さえておきましょう。

 

普段の生活では住所を省略して書く人も多く、特に問題になりませんが、公的な書類などでは正式な住所を書かなければ受理されないことがあります。

 

二度手間になったり、手続きができなくなったりする可能性もあるため、住所は正確に書けるようにしましょう。

 

まずは、どんな書類を用意する際にマンションの正確な住所を書くように意識すべきなのか、2つの具体例を出して紹介します。

 

引越しや結婚などで、役所に大切な書類を提出することがありますが、この際にマンションの正確な住所が書かれていないと受理されないことがあります。手続きが滞ることを避けるためにも正式に記載しましょう。

 

就職活動は人生を決める転機になるものです。マナーを問われる履歴書などの書類にも正式な住所を記載してください。

 

もしも簡略化した住所しか伝えていなかった場合、郵送事故が起きるリスクも上がり、採用通知などの重要な書類が届かなくなる恐れもあります。

住所の正式な書き方

 

具体的にマンションの住所の正式な書き方を紹介します。意外と見落としてしまっている項目もあるかもしれないので、自信があるという人も必ずチェックしておきましょう。

 

基本的には、住民票に記載されているとおりに記し、以下に紹介する5つのポイントを押さえることが大切です。

1.郵便番号

 

スムーズな配送を完了させるためにも郵便番号の記載は必要です。分からない場合は、インターネットで「市町村名 郵便番号」などと検索すれば簡単に郵便番号を調べられます。

2.都道府県名

 

特に、大きな市町村に住んでいる人の場合、都道府県名を省略してしまう人もいますが、正式に書く場合は必ず都道府県名から書き出すことも忘れてはなりません。

3.市町村名

 

都道府県名と同様に、市町村名も正確に記載します。「大字」「字」などが入っている場合には、その部分も省略せずに書きましょう。

4.番地

 

番地は誰もが必ず記載するものですが、普段書き込んでいるものは省略版である可能性が高いため、正式な書き方と見比べておきましょう。

 

例:

省略版:東京都千代田区千代田1-1

正式版:東京都千代田区千代田1丁目1番地

5.マンション名と部屋番号

 

住民票にはマンション名が書かれていないこともあり、住民票のとおりに書き写すと正式な住所にならない可能性があります。こちらも省略版と正式版を見比べておきましょう。

 

省略版:東京都千代田区千代田1-1-101

正式版:東京都千代田区千代田1丁目1番地 〇〇マンション101号室

 

部屋番号については、「号」で止めても「号室」まで記載しても、どちらでも問題はありません。ただし、より丁寧に感じられるのは「号室」であるため、履歴書などには「号室」と記載するのが好ましいでしょう。

マンションの住所を正確に書く際の注意点

 

マンションの住所を正確に書く場合に注意すべきことを2点紹介します。

 

必ずしも例のとおりに書くのではなく、地域や状況に合わせた書き方が求められることも知り、事前に確認しておきましょう。

 

非常に複雑で抽象的な話ですが、実は住所の正式な書き方は地域によって異なります。

 

たとえば「1丁目1番地」までが正式な住所として扱われる地域もあれば、「1丁目1番地1号」まで書いてようやく正式な住所になる地域もあります。

 

同じように「1丁目」とすべきか、それとも漢数字で「一丁目」とすべきなのか、「1丁目1番地1号」とすべきか、それとも「1丁目1番地の1号」とすべきかについても地域差があるので、住民票の記載をよく確認してください。

 

住民票にマンション名が記されていない場合でも、どのマンションに住んでいるのかは住所で特定でき、さらにどの部屋に住んでいるのかについても「号室」が記載されていれば特定できるため、この場合は特にマンション名を書き足す必要はありません。

 

しかし実際のところ、郵便や配送会社の方のためにもマンション名まで書いたほうが親切です。正式な住所を記載し、最後に「〇〇マンション」などとマンション名を記すことによって丁寧になり、分かりやすさが増します。

 

正確な住所を記載していないと、役所などで書類が受理されなかったり、書類を見た担当者から常識がないと思われてしまったりするリスクがあります。

 

ここで紹介したポイントや注意点を整理しながら、マンションの正しい住所を記載できるように日頃から意識しておきましょう。

公開日: