1LDKでの二人暮らしは?

同棲

1LDKは一般的に8畳以上の広さのリビング・ダイニング・キッチンと居室が1部屋の間取りなので、食事をしたりくつろいだりするスペースと、寝るためのスペースとして分けて使うことができます(※1)。1LDKは、ダイニングセットやソファを置くスペースがあり、友人などを呼びやすいです。1LDKは二人で一緒に過ごしやすいこともメリットですが、それぞれの専用のスペースがないことはデメリットといえます。また、1LDKは最近人気の間取りで築浅の物件が中心のため、家賃が高い傾向があります。

1LDKは比較的生活時間帯が同じで、できるだけ一緒に過ごしたいカップルに向いています。リビング・ダイニング・キッチンと寝室が分かれているため、寝る時間や起きる時間が多少異なっても過ごしにくさは感じにくいです。

※1出典:公益社団法人不動産公正取引協議会連合会「DK(ダイニング・キッチン)及びLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の広さ(畳数)の目安となる指導基準

1LDKの物件を探す

1K/1DKでの同棲は?

1Kはキッチンと居室が1部屋ある間取り、1DKは一般的に4.5畳から8畳未満の広さのダイニングキッチンと居室が1部屋ある間取りです。※1Kや1DKで同棲すると、立地条件や築年数が同程度の物件の場合、1LDKよりも家賃を抑えることができます。

ダイニングキッチンがある1DKは食事をするスペースと寝るスペースを分けられますが、リビングスペースがとれない点が1LDKとの違いです。1Kはキッチンのスペースのみが独立しているため、食事をとるのも寝るのも同じ部屋になります。1Kも1DKも、できるだけ一緒にいたいカップルに向いた間取りですが、1Kは寝る時間を合わせたり、ケンカしても同じ空間にいなければならなかったりするため、窮屈に感じることもあるかもしれません。また、1Kは一人暮らし専用で二人では住めない物件が多く、1DKも二人暮らしができる物件は限られている点に注意が必要です。
1Kの物件を探す
1DKの物件を探す

2K/2DKでの二人暮らしは?

同棲

居室が2部屋ある間取りです。※2Kや2DKはかつて流行した間取りで築年数が経過した物件が中心のため、広さの割に家賃が安い物件が多いのが特徴です。

2Kは居室が2部屋ありますが、一室をダイニングやリビング、もう一室を寝室として使うと、それぞれの専用のスペースを作ることはできません。2DKの場合は、食事はダイニングキッチンでとれるため、フレキシブルな使い方が可能。一室をリビング、もう一室を寝室としたり、あるいはそれぞれが一室ずつ使ったりもできます。2DKは一人の時間を大切にしたいカップルにも向いている間取りです。

2Kの物件を探す
2DKの物件を探す

2LDK/3LDKは新婚カップルにオススメ

2LDKや3LDKは、一般的に10畳以上の広さのリビング・ダイニング・キッチンと居室が2部屋、または3部屋ある間取りです。リビング・ダイニング・キッチンで二人でくつろいで過ごすことができて、友人を招くゆとりもあり、寝具を用意しておけば友人を泊まらせることもできます。

2LDKの場合、一室を寝室にして、もう一室を仕事部屋にしたり、それぞれが個室を持ったりもできます。あるいは、子どもが生まれたら一室を子ども部屋にすることも可能。3LDKは、二室を夫婦で使ったり、あるいは子ども部屋を二室設けたりすることができます。2LDKや3LDKは新婚カップルが長く住み続けやすい間取りといえるでしょう。ただし、2LDKや3LDKは家賃が高めです。

2LDKの物件を探す
3LDKの物件を探す

二人暮らしでぴったりな間取りを選ぶコツ

同棲

二人暮らしを始める前に、それぞれの個室が欲しいのか、二人の共有スペースを大事にしたいのか話し合っておくことが大切です。共有スペースのみにしたい場合も、1Kは別々に過ごすスペースがないため、1DK以上の部屋数がある間取りが二人暮らしには向いています。生活リズムが異なる場合は、それぞれの個室があったほうが物音で睡眠を妨げられにくく暮らしやすいです。

また、希望するエリアで1LDKでは予算に合った物件が見つからない場合は、2DKも視野に入れるのも手。2DKは築年数が経過した物件が中心ですが、リフォームがされて内装は真新しい物件もあります。DKと居室が引き戸で仕切られている物件であれば、引き戸を開けて一体化してLDKのように使うことが可能です。

新婚カップル以外にも、結婚することを前提としているカップルは家族が増えたときのために2LDKや3LDKも向いています。どのくらいの期間住むことを前提で借りるのかについても話し合っておくとよいでしょう。

まとめ

・1DKや1LDKは生活のリズムが同じで、できるだけ一緒に過ごしたいカップルに向いている。
・2DKは居室を二人それぞれの個室にすることも、一室をリビングにして1LDKと同じように使うこともできる間取り。
・2LDKや3LDKは子どもが生まれても住み続けやすく、新婚カップルにオススメ。

賃貸物件を探す