部屋の種類を間取りで解説!どんな部屋を選ぶといい?

部屋にはいろいろな種類がありますが、それは「間取り」を見ることでわかります。間取りとは部屋の配置のことで、1R、2K、3DK、4LDKのように、数字とアルファベットの組み合わせで表記されるものです。
では、間取りによって暮らしやすさはどのように変わるのでしょうか。
ここでは、それぞれの間取りの解説と、一人暮らし、二人暮らし、家族で住む場合などに適した間取りを紹介します。自分に合った間取りを知って、より心地よい暮らしを実現させましょう。

間取りの数字とアルファベットの意味

はじめに、間取りを表す数字とアルファベットの意味を説明します。

数字

まず、頭文字の数字は居室の数です。1DKだったら居室1つ+DKという部屋で、2LDKだったら居室2つ+LDKという部屋になります。

アルファベット

後ろに続くアルファベットは部屋の性質や用途を表していて、Rはルーム、Lはリビング(居間)、Dはダイニング(食事室)、Kはキッチン(台所)という意味です。
LとDとKは組み合わせて使うことが多く、DKは「ダイニング・キッチン」となり、食事するスペースとキッチンが一体になっている部屋をさします。LDKは「リビング・ダイニング・キッチン」となり、DKにリビングの機能が加わった部屋のこと。LDKはくつろげるスペースを確保するために、DKよりも広めに設計されていることが多いです。
また、Rは居室とキッチンが仕切られていない部屋のことで、1Rであれば「間仕切りのない一つの空間」ということになります。

これら用語の意味を理解したうえで、インターネットの物件情報や不動産会社でもらえる「間取り図」を見ると、より物件の特徴をつかめるようになるでしょう。

部屋の選び方は?

では、どのような間取りの部屋を選べばよいのでしょうか。居住人数やライフスタイル別に見てみましょう。

1人暮らし

一人暮らしの場合は、1Rや1Kなど居室が1つのタイプを選ぶとよいでしょう。1Rや1Kはアクセスに優れた好立地の物件が多く、比較的家賃を安く抑えることができるためです。調理、食事、くつろぐ場所、寝る場所が同空間で問題なければ1R、ある程度分けたい場合は、予算に応じて1K、1DK、1LDKといった選択肢が考えられます。

2人暮らし

二人暮らしの場合は、同居人との関係性や生活スタイルの違いによって適した間取りは異なります。寝室が1つで支障がないカップルの同棲の場合は、1R、1K、1DK、1LDKなどが対象に。一方、友人同士のルームシェアなどで各人に個室がほしい場合は、居室が2つある2Kや2DKなどが適します。
ただし同棲の場合でも、仕事の都合などで生活スタイルが異なるのであれば、生活空間を分けられる間取りがおすすめ。ルームムシェアと同様に2K以上、あるいはDKやLDKがある間取りが向いています。

2~4人暮らし

2〜4人家族の場合は、それぞれに個室がほしいか、共有空間を重視するかがポイントです。個室がほしければ人数分の居室数を確保し、そうでなければDKやLDKのある間取りを選択肢にいれるとよいでしょう。2Kを1DKのように、3DKを2LDKのように使う方法もあります。

4~5人暮らし

4〜5人家族の場合は、3LDK、4DK、4LDKが望ましいでしょう。ポイントは2〜4人家族と同様ですがが、できればLDKはマストで確保したいところ。人数が増える分、共有空間の重要性は高まります。

また、間取りは「広さ」を表しません。間取りと同じくらい専有面積も大事になるため、物件情報をチェックするときは「間取りと広さのバランス」も考慮するよよいでしょう。

間取り図で暮らしをイメージしよう

間取りを選ぶ際のポイントがわかったら、次は具体的な暮らしをイメージしましょう。
1R〜4LDKの間取りを以下にまとめました。それをもとに、それぞれの特徴を解説していきます。

ワンルーム(1R)

  • 1Rとは、居室とキッチンの間に仕切りがない間取りです。キッチン設備がコンパクトだったり、トイレ・バスが一緒になっていたりするケースが多いですが、そのぶん居住スペースを確保でき、空間を無駄なく使えます。同じ条件でも1Kや1DKよりも家賃が安めなので、住居費を抑えたい一人暮らしの人におすすめです。

    1Rオススメの人

    • 一人暮らし

  • 1R

1K

  • 1Kは、居室の数は1Rと同様に1つですが、居室とキッチンの間に仕切りがある間取りです。調理の匂いが部屋に広がりにくく、奥に居室があるタイプなら、玄関から寝室を見えないようにすることが可能。自炊をしたい、あるいはプライバシー面も配慮したい一人暮らしの人は、1Kを選ぶとよいでしょう。

    1Kオススメの人

    • 一人暮らし

  • 1K

1DK

  • 1DKは、1Kと同じく居室とキッチンが仕切られていて、かつキッチンのある部屋で食事ができるスペースを確保できる間取りです。DKは4畳半〜8畳程度となるため、電化製品を無理なく設置できたり、ダイニングテーブルを置いたりすることもできます。ある程度余裕のある一人暮らしや同棲カップル、新婚夫婦などに適しているでしょう。

    1DKオススメの人

    • 一人暮らし

    • 同棲

    • DINKS

  • 1DK

1LDK

  • 1LDKとは、8畳以上のLDKと居室が1つある間取りです。食事をしてくつろげる広めの空間があるため、居室を寝室専用にしやすい点が特徴。余裕のある一人暮らしはもちろん、時には自分の時間を作りたい同棲カップルや新婚夫婦、小さなお子さんのいる家族にもおすすめです。

    1LDKオススメの人

    • 余裕のある一人暮らし

    • 同棲

    • DINKS

    • 小さい子どものいる家族

  • 1LDK

2K

  • 2Kとは、居室が2つあり、キッチンと居室が仕切られている間取りです。部屋を2つ確保できるため、一人暮らし兼仕事場がほしい人やルームシェア、生活リズムが異なるカップルやDINKS、子どもが小さい家族などに対応。比較的築年数の古い物件が多いため、広さはほしいけど家賃は抑えたいという人にも向いているでしょう。

    2Kオススメの人

    • 余裕のある一人暮らし

    • 同棲

    • ルームシェアの二人暮らし

    • DINKS

    • 小さい子どものいる家族

  • 2K

2DK

  • 2DKとは、居室が2つとDKのある間取りです。中には1LDKとして使えるタイプもあり、自由度の高さが魅力。在宅ワーカー以外の1人暮らしの場合は、部屋をもてあましてしまうことがあるかもしれません。それぞれの部屋がほしい2人暮らしの場合は、2DK以上の物件を探すとよいでしょう。

    2DKオススメの人

    • 同棲

    • ルームシェアの二人暮らし

    • DINKS

    • 小さい子どものいる家族

  • 2DK

2LDK

  • 2LDKとは、居室が2つと8畳以上のLDKがある間取りです。一般的なアパートはもちろん、住居を上下に分けたメゾネット型のアパートやテラスハウス、マンションなどでも採用されることが多い間取り。共有部分をしっかり確保したい二人暮らしや、ファミリーにおすすめです。

    2LDKオススメの人

    • ルームシェアの二人暮らし

    • DINKS

    • 小さい子どものいる家族

  • 2LDK

3DK

  • 3DKとは、3つの居室とDKがある間取りです。大人3人、あるいは夫婦+個室が必要な年齢の子どもがいる家族にも適しています。2人暮らしであれば2LDKとして使うのもよいでしょう。部屋の配置具合でそれぞれの居室の利便性が異なるため、物件選びの際はよくチェックするようにしましょう。

    3DKオススメの人

    • ルームシェアの3人暮らし

    • DINKS

    • 小さい子どものいる家族

  • 3DK

3LDK

  • 3LDKとは、3つの居室とLDKで構成されている間取りです。ファミリー向けの間取りとして、分譲物件でも多く採用されています。キッチンのタイプや設備面も多彩になるため、住まいに対するこだわりを追求したい人にもおすすめ。3つの居室の配置や面積がポイントです。

    3LDKオススメの人

    • ルームシェアの3人暮らし

    • DINKS

    • 4人家族

  • 3LDK

4DK

  • 4DKとは、4つの居室とDKのある間取りです。個室が必要な子どもが2人以上いたり、親と同居していたりする家族には非常に魅力的。ただし、4DKでは4つの居室を優先した設計になっているため、DKが中部屋となり採光がないケースも。各居室とDKのどちらの快適性を重視するかを検討する必要があります。

    4DKオススメの人

    • ルームシェアの3人暮らし

    • DINKS

    • 4人家族

    • 5人家族

  • 4DK

4LDK

  • 4LDKとは、4つの居室とLDKで構成された間取りです。専有面積も80~95m2と広い物件が多いため、4人以上の家族や2世帯で住むこともできます。仕事スペース、趣味の部屋、客間、介護用居室など、ライフスタイルによって居室の使い方もさまざま。一軒家感覚で空間を活用することができます。

    4LDKオススメの人

    • 4人家族

    • 5人家族

  • 4LDK

部屋選びは間取りが大切。暮らしに合った間取りを選ぼう

それぞれの間取りの特徴と、その間取りに応じた居住人数や暮らし方の傾向を紹介しました。
一人暮らしでは、まず調理や食事をする場所と寝る場所を分けたいかが大きな選択肢となり、二人暮らし以上では、個人のプライバシーと共有スペースのどちらをより充実させたいかがポイントに。また、居室の数が多くなるにつれて、各部屋の配置の重要性が高まることもわかりました。

どんな間取りが向いているのかは、どんな暮らしをしたいのかに通じる大切なこと。 部屋を探すときは、自分や家族、同居する人が暮らしに何を求めているのかを改めて確認しましょう。そして、そのイメージを共有することで、より住みよい部屋を選べるようになります。
それぞれに適した間取りを見つけ、快適な新生活をスタートさせましょう。

公開日:

記事監修

LIFULL HOME'S編集部

LIFULL HOME'S編集部株式会社LIFULL

賃貸物件、一戸建てやマンションの購入、注文住宅から売却まで、住まいを見直す機会はたくさんあります。私たちは新たなライフステージに踏み出そうとする人を応援したいという想いから、さまざまな住まいのお役立ち情報をお届けします。

この記事をシェアしませんか?

住みたい街ランキング

ランキングページ
首都圏、近畿圏、中部圏、九州圏の住みたい街探しにお役立てください。

不動産サービス&関連ツール

不動産用語集
不動産に関する用語をわかりやすく解説しています。

LIFULL HOME'S
公式アカウント

ホームズくん
  • twitter@HOMES_kun

    Twitterでお部屋探し!ホームズくんに希望条件をつぶやくと手動で検索して返事をするよ!

  • facebookLIFULL HOME'Sページ

    LIFULL HOME'Sからのお知らせやキャンペーン情報などをお届けします。

ワンルーム~4LDKまでの間取りを間取り図付きで解説!一人暮らし・二人暮らし・DINKS・ファミリーなどの居住人数やライフスタイルによっても選び方は変わります。引越し予定で、部屋探しを始めているものの「そもそも1LDKの”L”"D”"K”が分からない」という人や、いくつかの部屋のタイプで迷ってる人など、間取りについての情報収集をしている人に向けて間取りのお役立ち情報をまとめました。 | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。